【韓国軍】偵察衛星4~5基を外国から追加導入

……外国から?

韓国軍、北偵察衛星4-5基を外国から追加導入へ

2016年12月20日15時21分
  韓国軍当局が北朝鮮軍の動きを分析して奇襲攻撃に備えるため、外国の人工衛星4、5基を借りて使用する計画だと、政府関係者が19日明らかにした。この関係者は「軍は2023年から5基の軍事衛星を打ち上げる計画」とし「しかし北の核・ミサイル脅威が現実化している最近の状況を考慮すれば、北の軍の動向を確認するために衛星情報が至急という状況」と述べた。
借りる?



いやいや、冗談は休み休み言おうな。
  情報当局と軍は現在、アリラン衛星をはじめ数基の海外衛星を借りて使用している。軍の当局者は「軍が現在活用している衛星は解像度が落ち、北の地域を通過する時間差が長く、持続的な観察に困難がある」とし「軍が独自に衛星を運営するまで追加で借りることが避けられない」と説明した。
確か、米ロッキード・マーティン社から貰うとか何とか言っていたような気はするな。
が、貰ったは良いけど、打ち上げの時に又一悶着と。そこまでがテンプレである。

そもそも軍事衛星なんてそう簡単にホイホイ貰えるものでもないだろうに……。

とはいえ、偵察衛星の導入は、韓国軍もしきりに推進したがっている。
韓国陸軍で構想を練っているKAMD計画の「キルチェーン」とやらが、偵察衛星のデータを利用して、ミサイル撃墜をしよう!という話になっている上に、色々利用したいという思惑があるようなのだ。



ところが、韓国政府の予算が渋く、643億ウォンの予算を要求したら、100億ウォンしか許可されず、さらにそこから80億ウォン削られたとかなんとか。
20億ウォン(2億円相当)で一体何をやるつもりなのか。

現在は、アリラン2号や3号、5号、6号、3A号などの多目的衛星や、ムンクファ3号、5号などなどが打ち上げられているが、軍事用偵察衛星は1つも無い模様。

米国が一部の衛星写真を提供し、先月23日の韓日軍事秘密情報保護協定締結で日本から受けることもできるが、限界があるということだ。
そして他人頼みだったー!!!
というか、アメリカからの衛星写真が無償で貰えるものだと勘違いしているのも問題だけど、日本とのGSOMIA締結で、日本の情報も狙ってた!
あの寝言は本気だったんだー!

……流石は韓国である。



というか、アメリカに対してもこんな事言っているが、ちょっと勘違いしているのでは??
  特に米国は自国が提供した情報が国内メディアなどに報道される場合、一時的に情報を提供しないという。
あんたの国はアメリカともGSOMIA締結しているんでしょうが!!
漏らす気満々でどうする気だよ!

……ダメなんじゃ無いかな、この国。

まあ、とはいえ偵察衛星を自前で導入するのは軍事的には正しい。
また、雲などのため判読が不可能な時もある。このため韓国軍の独自の衛星情報収集の必要性が提起されてきた。軍当局は現在、イスラエル・フランス・ドイツなどの衛星事業者を念頭に置いて費用・性能などの検討作業に入った。国防部のある当局者は「具体的な金額や機種を明らかにする場合、交渉に不利になることもあるため、すべての可能性を開いている」とし「できるだけ早期に検討を終えて情報を活用できるようにする」と述べた。1基あたり年間使用料が100億ウォン(約10億円)前後のイスラエルの衛星が有力という話も出ている。
で、イスラエル製ですか。



そう言えば、韓国軍はグローバルホークを買う予定だったよねぇ。
  軍は2018年、高高度無人偵察機(HUAV)「グローバルホーク」導入する。グローバルホークは地上20キロ上空で42時間飛行し、地上の30センチの物体まで識別できる。韓国国防安保フォーラムのヤン・ウク研究委員は「ミサイルは1秒に数キロ飛行するため、どれほど速く発見するかが迎撃の成否を決める」とし「韓国が賃貸衛星とグローバルホークを活用する場合、北の奇襲的なミサイル発射の動きを事前に把握できるだろう」と分析した。
2018年か。
再来年にはRQ-4「グローバルホーク」を導入する予定になっているみたいだけれど、4機買うとか何とか。
 
日本もグローバルホークを3機導入する予定だが、こちらはアメリカ議会が輸出を承認したというニュースが出ていたので、その内配備されるだろう。ただ、既に三沢基地でグローバルホークが一時展開されていて、必要な機材も一時的に配置されている。つまり、日本は受け入れ準備を着々と進めているのである。
 
韓国では、運用計画すら聞かないのだが……、知らされていないだけなんだろうな、きっと。



そもそも、偵察衛星を外国から「借りる」というのは、どういうことなんだろうか?

調べてもよく分からなかったので、詳しい人がいたら教えて欲しいのだが、僕が推測するに「共同利用」という事になるのでは無いだろうか?
偵察衛星は他の衛星に比べて低空を周回する。このために、狙った地域の情報を高解像度で得られるメリットがある反面、他国の偵察衛星が自国の上空を都合良く飛ぶかというと、なかなかそういうワケにも行かないだろう。
ただ、人工衛星の周回できる軌道は限られているため、利用可能な範囲で周回する衛星も当然ながら存在する。
よって、朝鮮半島上空を通過中の衛星から情報を貰う形で運用、というのは当然ありうる。もちろん、その場合は韓国に偵察衛星のスペックが公開されてしまう結果になるので、敵対する国から都合するわけには行かないだろう。また、国家機密にあたるので、GSOMIAを締結している国からしか情報を得られない可能性は高い。

ちなみに、日本の人工衛星又は偵察衛星からの情報は国家機密にあたるらしいので、そうだとすると日本と韓国との間で結ばれたGSOMIAの対象にはならない可能性は高い(最重要機密、top Secretは除外されている)。残念だったな!



そんな訳で、韓国軍も頑張って自前の偵察衛星を打ち上げるべきだ。
国に、しっかり予算付けて貰って、外国に製作依頼したら良いじゃ無いか。で、外国に打ち上げて貰う。
もうそれで良いと思うよ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 山田の案山子2016年12月22日 8:38

    延坪の合戦を見る限り「衛星」まで要るまい。ちゃんとタマが飛ぶよう手入れが先だ。

    返信削除
    返信
    1. 偵察に衛星があった方が良いというのは分からなくは無いんですよね。

      ただ、コストに見合った働きができるかは……。

      削除
  2. 「日本も持ているからウリも欲しいニダ!」
    が本音では無いでしょうか?
    まあ軍事衛星を都合良くレンタル出来たとしても韓国が欲する情報が手に入らなければ直ぐに「意図的に情報を隠されたニダ!」と喚く未来しか、気象衛星のデータすらタダで貰っておきながら「データ更新ペースが遅いニダ!朝鮮半島のデータが少ないニダ!意地悪されているニダ!」なんて事言っていた連中ですから。

    返信削除
    返信
    1. 一応、KAMDの計画には必須なのでしょうから、無ければ困るのでしょうけどね。

      ただ、それにしては本気度が感じられません。
      アメリカから貰った衛星、別の国に売っちゃったり、ちょっとあり得ないような事件も起きていますしね。

      削除
  3. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年12月22日 18:06

    なんか、先日も同じようなことを書いた気がするのですが...
    GSOMIAは、別の協定?で提供される機密情報(特定秘密・秘)を保護する手段を規定する協定のようですね。
    なので
    >日本の人工衛星又は偵察衛星からの情報は国家機密にあたるらしい
    >ので、そうだとすると日本と韓国との間で結ばれたGSOMIAの対象には
    >ならない可能性は高い
    の部分は、「~~~GSOMIAによる保護の対象になる可能性が高い」ではないでしょうか。
    また、
    >(最重要機密、top Secretは除外されている)
    最重要機密の「特別防衛機密」は、米国から受け取った情報なので、日本から他国へ渡すことは無いということだと判断しています。

    余談ですが...ググったら、こんな資料が出てきました。この資料は秘密では無いのでしょうか(^_^;)
    tp://www.mod.go.jp/igo/compliance/guidance/pdf/cg4_kanri-21.pdf

    返信削除
    返信
    1. あー、その辺りはもう少し調べないとダメだったかも知れません。
      TOP SECRETが何にあたるのか、GSOMIAでは具体的に言及していなくて、日本国内の法令で定められる話になっているのですよね。

      偵察衛星の情報は機密扱いになるという資料をいくつかあたったのですが、GSOMIAの言う機密かどうかはハッキリしないんですよねぇ。

      削除
    2. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年12月23日 5:34

      自分も調べて見たのですが、日本政府の機密区分は3つしかないようです。根拠法も合わせて整理します。

      ・特別防衛秘密:MSA協定に基づいて指定された極めて高度な秘密情報←日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法(MSA協定)
      ・特定秘密(旧「防衛秘密」):日本の安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるもの←特定秘密保護法
      ・秘(省秘):特別防衛秘密および特定秘密(防衛秘密)以外の秘密←自衛隊法

      防衛省の「省秘」にあたる秘密情報が、他の省庁にもあるのかどうかはよくわかりません。

      偵察衛星(情報収集衛星)の画像情報は「特定秘密」になるようです。
      ソース)産経「特定秘密の9割は衛星画像 首相が見通し」2013.11.26
      >安倍晋三首相は(中略)「解像度が分かってしまう衛星の
      >画像は特定秘密に入る」と説明した。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。