大統領の弾劾訴追を決めた韓国、次々と都合の良い理屈を並べる

さて、割とどうでも良い話だが、韓国で大統領弾劾訴追議案が可決された。

韓国パク大統領の弾劾議案 国会が可決 大統領の職務停止

12月9日 20時51分
韓国の国会では、パク・クネ(朴槿恵)大統領の弾劾を求める議案が、野党議員だけでなく大統領に近い与党議員も賛成票を投じて可決され、パク大統領の職務は停止されました。
これで、韓国の政治は予定通りフリーズだ。韓国はこれを契機に色々言い出すだろう。日本はそんなのを極力相手にしないようにする必要がある。



ちょっと前にもウンザリしていたが、相変わらず日本では連日の報道である。そんなニュースの価値が無いニュースを垂れ流しても、報道機関の信用が落ちるだけなんだが。
それはそれとして、今後どうなっていくのかは少し言及していきたい。
続いて採決が行われ、投票の結果、賛成が234票、反対が56票、無効が7票、棄権が2となり、可決に必要な国会議員の3分の2を大きく上回る234人の賛成で可決されました。
野党議員が全員辞表を提出する、という報道がなされて、それが効いたかどうかは知らないが、随分と大差で弾劾議案は可決された。

弾劾案否決なら野党議員辞職 与党側へ圧力

毎日新聞2016年12月8日 13時00分(最終更新 12月8日 13時36分)
 【ソウル大貫智子】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する9日の弾劾訴追案採決を前に、野党側は8日午前、弾劾案が否決された場合、所属議員全員が辞職すると表明した。
仮に韓国国会の野党議員が全員辞職したとすると、国会の議員定数が足りなくなり、選挙のやり直しが要求されることになる。

弾劾が可決されても大統領の権限が停止されて国会の機能が麻痺する(実際は国務大臣が権限を移譲されて代行するが、外交を始めとして混乱することは必至)が、野党が全員辞職した場合も国会が機能しなくなり、選挙のやり直して数ヶ月を要するので、どちらに転んでも面白かった。



弾劾が可決されたことで180日以内に弾劾裁判が執行される。

今回、クネクネの犯した罪などを考えても、情報漏洩以外何が問題なのかよく分からない。確かに情報漏洩は深刻な問題ではあったが、結果的に国益を損なったかというとかなり疑問だ。
韓国の実情を考えると、クネクネ就任以来、韓国の国政は前に進んだ気配が無い。前職の2BMこと李明博氏の国政が良かったかというと、これもまた悩ましい話で、大企業優遇制度を補強した上で韓国経済が必要とする構造改革を先延ばしにしてしまったので、単に韓国破綻の延命をしたに過ぎなかったのが、李明博氏の実績である。
クネクネが本来やるべきだったのは、山のように積み重なった借金を清算して、韓国経済を身の丈のあった姿に戻すことだった。もちろんそんなことをすればクネクネは暗殺されてしまう様な状況になっただろうが、それでも先の無い韓国経済を再生できる切っ掛けくらいは作れた可能性がある。

ところが、彼女は日本に対して「千年恨む」と言い放ち、世界各国を歩き回って告げ口をし、世界の首脳たちから相手にされなかったという状況を作ったに過ぎない。国政に至ってはほぼ放置である。「人の話を聞かない大統領」と、側近からも揶揄される始末で、

つまり、大統領になった後、国政は麻痺していたに等しい。

よって、今さら180日間の政治的機能停止になったところで、今さらである。
そのうえで、パク大統領は「国政にいかなる空白もあってはならず、国民の生活に問題がないよう、取り組んで欲しい」と述べ、国政への影響を最小限にとどめるよう指示しました。
クネクネは、弾劾訴追が決定される前に、こんなキレイゴトを放言したようだが。



そんな訳で、韓国国政は大混乱に陥ることが決まったわけだが、この機会に乗じて不思議な理論を展開するのが韓国である。

【社説】政治は弾劾されても経済は生かさなければならない=韓国

2016年12月09日11時39分
  弾劾の夜が明けた。弾劾になってもならなくても今日は昨日と違うだろう。当分深刻な国政混乱は避けられないだろう。国防・外交・安保と経済・社会がいっせいに揺れる可能性がある。しっかり備えなければ国政麻痺、無政府状態まで続くという懸念が出ている。最も心配なのは経済だ。弾劾の是非とは別に経済は回っていかなければならない。政治不安が経済の足かせになってはならない。
韓国経済は、人間に例えるととっくに病気が発覚して入院しているような状況で、手術待ちだったのに医者が手術を放棄したので、いよいよご臨終間近である。
崔順実(チェ・スンシル)国政壟断事態から2カ月近く韓国経済は放置されてきた。その間、経済を巡る国内外の不確実性は雪だるまのように膨らんでいる。どこから解決すべきかも分からない状況だ。企業の売り上げは減り、消費心理は7年ぶりに最悪に落ちるなど主な経済指標がいっせいに真っ逆さまに墜落している。
韓国メディアは「崔順実」という「便利な言葉」を手に入れたので、何かにつけてこの言葉をつければ全ての事実が説明できると思っているようだ。

だが、実際、韓国経済が発病したのは2年や3年前ではない。あたかも今年の10月頃から問題が起きたみたいな書き方をしているが、それは間違いだ。
政治の不確実性をなくすロードマップを示して経済のリーダーシップを復元するのが急務だ。与野党が直ちに国をあげて経済非常対策会議を構成して経済再生に出ることを望む。
そして、こうしたリーダーシップを発揮できる人材が不在となる決定をしたのだから、どうしようも無いね。
ちなみに職務代行する黄教安氏だが、法務関連を中心に国政に関与した実績はある。国務総理としては2015年5月に就任以降、それなりに実績を重ねている様だ。が、大統領が務まるのか?と言う点に関してはさっぱり分からない。

いや、野党はまさかの「協力しない」宣言をしているのだから、代行は務まらないんだろうな。その理由は、「クネクネの人選により決まった人物に協力したくない」とのことだ。
あれ、「野党で国務大臣決めて」とクネクネが投げたした時に、蹴ったのは野党だったんじゃ?なにか、日本でも同じような現象を目にすることがあるのだが気のせいだな、きっと。



こうした状況で出てくる理屈が、日韓合意のやり直しである。

韓国最大野党代表 国会・政府による政策協議体構成を提案

2016/12/09 18:39
【ソウル聯合ニュース】韓国の最大野党「共に民主党」の秋美愛(チュ・ミエ)代表は9日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案可決後、記者会見を行い、国政の空白を迅速に補うための「国会・政府政策協議体」の構成を提案した。
~~略~~
 また、「歴史教科書の国定化、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる韓日合意など朴政権の代表的な失政に対し即刻中止を求め、社会的合意手続きと国会での協議も要求する」と述べた。

バカも休み休み言えと。流石にこれに関しては既に日本側から反論している。

日韓慰安婦合意「やり直し受け付けぬ」萩生田氏

2016年12月11日 10時50分
 萩生田光一官房副長官は11日午前、フジテレビの報道番組に出演し、慰安婦問題を巡る昨年末の日韓合意について「米国を含め国際社会の前で約束した。『もう一回(交渉を)やり直してくれ』と言われても受け付けるつもりはない」と述べた。
一度した合意を再度ひっくり返せるのであれば、何のための交渉だったのかという話。



韓国はこれ以外にも意味不明な事を。

THAAD:朴大統領の弾劾案可決で米中対立が再浮上

記事入力 : 2016/12/12 09:33
 米国は、朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾案可決後も戦域高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓半島(朝鮮半島)配備問題は揺らぐことなく推進すべきだとの見解を示した。一方の中国は国営メディアを通してTHAAD撤回を主張、THAADをめぐる米中対立が再浮上している。
ニュースではアメリカと支那が対立しているように紹介しているが、現実はそういう話では無い。
エリック・シュルツ・ホワイトハウス副報道官も9日の定例記者会見でTHAAD配備について、「(弾劾後に)両国間の既存の合意が変わるかもしれないという話は聞いていない。合意が変わるだろうと示唆するだけのものも全くない」と述べた。これは、THAAD配備は予定通り進めるべきだということを意味している。
アメリカ側も韓国の動きに相当神経を尖らせている



相変わらず、ゴールポストを動かすのが好きな国だな。

そう言えば、日本国内でこんなニュースがあった。

神社の石像壊した疑い、韓国籍の男逮捕 福島・泉崎村

TBS12月11日(日)12時45分
 福島県泉崎村の神社でキツネの石像を壊した疑いで韓国籍の住所不定・無職、チョン・スンホ容疑者(35)が10日夜、器物損壊などの疑いで逮捕されました。
 福島県内では石像が壊されたり、寺や神社が荒らされたりする被害が相次いでいて、警察で関連を調べています。(11日11:33)
この容疑者、11月に日本に来日して、須賀川市、郡山市、福島市の寺や神社を中心に100体以上物石像を破損している疑いがもたれている。
d388b378
img_8_m
一見、無関係に思えるが、韓国国内では宗教団体の敷地内に侵入して石像を破損するような事件は割とあるのだとか。
これを日本にまでわざわざ来て、アピールして行くと言うのは日本人には意味が分からない。が、韓国人にとっては「日本=悪」の構図が正当化されるので、こうした行為は英雄視される。

つまり、韓国野党も同じなのである。日本への攻撃性を高めることで、国民に対して最大限のアピールが可能な国情なのだ。



なるほど、韓国の国益を図る上では、大統領の弾劾手続きに入った段階で、より大きな利益を得るために「ゴネてみせる」のは、当たり前の手段かも知れない。

しかし、日本にとっては非常に迷惑この上ない話。

「国政が大変な時なのだから譲歩してあげないと」等と思うのは大きな間違いであることを、ここに指摘しておきたい。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 韓国の四半期毎成長率と建設投資の依存率
    2015 1Q 0.8%(4.2%)
    2015 2Q 0.3%(9.2%)
    2015 3Q 1.2%(32.1%)
    2015 4Q 0.6%(35.5%)
    2016 1Q 0.5%(42.9%)
    2016 2Q 0.8%(51.5%)
    2016 3Q 0.7% (85.7%)

    不動産以外に成長要素が全く無い状況が、数字でもはっきり出てます。
    GDP成長率の85%が、ソウル近郊の不動産バブルのおかげという状況。
    弾劾万歳してる場合じゃないと思う。

    返信削除
    返信
    1. 細かいデータをありがとうございます。
      韓国の建築バブルなんてとっくに崩壊しているハズなんですが、どうなっているんですかねぇこれは。
      建設投資って、投資が成り立っている事が信じられないのですが。

      削除
  2. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年12月12日 16:59

    カール・フォン・クラウゼヴィッツ著「戦争論」では、経済・外交・軍事を統合・調整するのは政治以外にはないとしています。

    逆に言えば、政治が機能しなくなれば、経済・外交・軍事も十分な機能を発揮しないと言えると思います。
    ただでさえ、韓国の経済と外交は問題を抱えている状況で、政治が停滞するのは、致命的であると言えるでしょう。

    ただ「遠交近攻」論から言えば、韓国が停滞することは、日本のチャンスであるとも言えます。
    なお、日本は、テロや情報漏洩などに注意が必要と考えます。
    (韓国からのノービザ渡航継続には反対です)

    返信削除
    返信
    1. 確かに、ノービザの話は何とかなら無いものですかね。
      テロリストを招いているとしか思えない訳で。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。