日本に情報戦を仕掛けてくる支那

いよいよきな臭いな。

「空自機が妨害弾発射」=宮古沖で接近、日本側に抗議-中国国防省

(2016/12/10-23:54)
 【北京時事】中国国防省は10日夜、沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡から西太平洋に向かう定例の遠洋訓練をしていた中国空軍機に対し、日本の航空自衛隊のF15戦闘機2機が接近し、「妨害弾」を発射し中国側の安全を危うくしたと発表した。同省は日本側に「重大な懸念」を伝え、抗議したとしている。
防衛省が手を抜いているからこんな事に。



事の発端はこの「おしらせ」である。
去る12月10日(土)に、支那の航空機が日本の上空を通過していく事案が発生した。
 12月10日午前から昼頃にかけて、H-6爆撃機2機、SU-30戦闘機2機、TU-154情報収集機1機並びにY-8情報収集機1機が東シナ海から沖縄本島と宮古島間を通過し、太平洋に至る飛行を行なったことを確認しています。その後、SU-30戦闘機2機は、反転し、大陸方向に引き返す一方、H-6爆撃機2機、TU-154情報収集機1機並びにY-8情報収集機1機は、先島諸島の南の太平洋側を経て、バシー海峡方向に向けて飛行したことを確認しています。
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2016/12/11a.html
飛行ルートは沖縄本島と宮古島の間で、日本の領空侵犯をしたと言うことでは無い。
領空
日本の領空は大雑把に言うとこんな感じに設定されている。
飛行ルート
で、支那軍機の飛行ルートはこちら。



「領空を通ったんじゃ無いからイイじゃん?何騒いでるのさ、日本は」という態度を支那は採っているが、実際そういう簡単話でも無い。
防空識別圏
各国共に、防空識別圏ADIZというものを設けているが、他国の防空識別圏を通過するには事前に通告が必要であると言う事になっている。

おさらいになるが、そもそも防空識別圏とは、その範囲より内側に戦闘機が入ってきたら、数十分で日本本土に到達しますよと言う範囲で、日本ではその域内は常時警戒する態勢になっている。領空侵犯された後だと、戦闘機であれば数秒で、ジェット旅客機でも1分程度で領土上空に到達してしまうので、とても防衛に間に合わないからだ。

まあ、多くの先進国がそうであるように、と説明しないといけないのだろうけれど、現実的にはそれができていない国も多々あるし、支那も防空識別圏を設定しているものの、その範囲内を警戒できてはいない。
それはともかくとして、他国のADIZを通過するときは事前に飛行計画を提出するのが礼儀となっている。ただ、これは国際法で定められた話では無い。



そもそもADIZは各国が独自に設定しているもので、特にルールがあるというわけでも無い。ただ、余計な争いをせぬ為に守りましょうという暗黙の了解の上に成り立つ話である。ただ、トラブルを防ぐためにお互いに守りましょうという話。

ところがこれを無視するのが支那で、今回も通告無く日本の領空に挟まれ、ADIZ内にあたる領域を通過してきた。
それも厄介なことに、Y-8情報収集機、TU-154情報収集機が、SU-30戦闘機とH-6爆撃機を連れていたせいで大騒ぎになった。
もちろん、自衛隊は常識的な対応をしたわけだが……。今回は支那側が大いに騒ぐことに。

中国「空自戦闘機が妨害弾」 防衛省は否定

2016/12/10 23:15
【北京=永井央紀】中国国防省は10日、中国空軍機が同日午前に宮古海峡から西太平洋に向けて遠洋訓練をしている際に、航空自衛隊のF15戦闘機2機が接近して「妨害弾」を発射したと発表した。中国機と乗組員の安全に危害を与えたとしている。日本側の行為は危険だとして抗議するという。「妨害弾」が何を指すかは不明。
こちらは冒頭のニュースとは別ソースだが、支那は日本側が「妨害弾」を発射したと言い出したのである。
 
記事にもあるが、「妨害弾」が何を指すのかは不明だが、意図的に誤認させる積もりがあるのは明白だろう。
時事通信はフレアでは無いかとしている。
 同省の発表によると、空自機と中国機の接近は10日午前に起きた。「妨害弾」について具体的に説明していないが、ミサイルを回避するための火炎弾(フレア)のような防御装置とみられる。日本政府関係者によると、6月に空自機と中国軍機が接近した際も空自機はフレアを作動させ、退避した。
ただ、フレアだったとすると、これかなり異常な話。



似たような話は6月にもあった。
この際は、空自のOBが支那機に攻撃動作を仕掛けられて、フレアを展開して回避行動したという話を暴露したところから始まるが……、支那はこれに対して、「日本側こそ火器管制レーダーを照射したでは無いか」と難癖を付けた。

しかし、これはおかしな話で、空自が問答無用でロックオンをしたと仮定すると、支那機が寧ろフレアを射出して離脱するのが筋である。ところが現実は、自衛隊機がフレアを射出している。
つまり、支那機が自衛隊機をロックオンしたのだ、という事でなければ辻褄が合わない。

色々な筋から、支那機が自衛隊機に対して機種を向けてきたとか、ロックオンしてきたとか、明らかに攻撃動作を仕掛けてきているという話が出ているので、空でも相当トラブルが発生しているのだろう。

妨害弾発射を否定=中国発表に「遺憾」-防衛省

防衛省は11日、航空自衛隊機が中国軍機に対し「妨害弾を発射した」とする中国国防省の10日の発表について、「中国軍用機に対し近距離で妨害を行った事実はなく、妨害弾を発射し中国軍用機とその人員の安全を脅かした事実も一切ない」と否定するコメントを発表した。
防衛省はこれも握りつぶす積もりらしいが、自衛隊のパイロットを危険に晒す行為だと言うことが何故分からないのだろうか。
 
この件について「妨害弾」がフレアでは無く、照明弾の類では無いかとも噂されているが、ハッキリしたことは分からない。



海でも、似たような事は発生している。

尖閣沖 中国海警局の船3隻が一時領海侵入

12月11日 16時49分
11日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻がおよそ1時間半にわたって日本の領海に侵入しました。その後、3隻とも領海の外に出ましたが、海上保安本部は再び侵入しないよう警告と監視を続けています。
海と空で同じような行動を採っているので、より具体的に支那の牽制が行われているという認識で間違いない。

今、日本と支那との間には、一触即発の状況になりつつある。
これでもなお、手を拱いてみていると言うのが、安倍政権の姿勢なのだろうか?



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 6月のは自衛隊機が先にロックオンしたが、ドッグファイトで負けて逆に中国機にロックオンされたという話しもあります。それで慌ててX-2やらF-35やらの配備計画が動き出したとか。ただ、真相は闇の中です。外部からは何が真相やらわからんですね

    返信削除
    返信
    1. 「あり得ないなんて事はあり得ない」と、言われるかも知れませんが、自衛隊からロックオンを仕掛けるという状況は本気で想定できない上に、「ドッグファイトで負けて」というのがまたちょっと信じられません。
      まあ、情報が無い以上はどちらとも言いきれないのですが……。

      仮に、支那機とドッグファイトで負けたと仮定すると、F-35Aを求めるかなぁ?と言う点にも疑問を感じます。F-35Aはアラート任務向けではないような。

      削除
    2. おっしゃる通りです。自衛隊機から先にロックオンはたぶん嘘でしょう。
      通常のスクランブルは互いの戦闘機が並んでパイロット同士が顔を合わせ、攻撃する意思がないことを確認し合うものです。
      しかし、自衛隊機がフレアを発射したということはこうはならなかった。つまり、ブログにある通り中国機に後方からロックオンされたということです。
      ただ、自衛隊の戦闘機がみすみす中国機を後方につかせるなんてことはしないはずです。おそらく、自衛隊機は中国機とのドッグファイトに負けた可能性があります。こういった時には後ろを取られた方が負けなので普通は壮絶なポジションの取り合いが起きるものです。負けた自衛隊機は仕方なくフレアを発射して離脱せざるを得なかった…というのが私の見解です。(ただし、ここは挑発に乗らないためにわざと後方につかせて離脱したという説もあり)。
      おっしゃる通りF-35やX-2は最新鋭の戦闘機ですからスクランブルなんかには使いませんから直接には関係ないでしょう。
      しかしその後の、日本の戦闘機の急進的な配備計画を見ると中国空軍が想像以上に戦力が向上している、ということを示唆しているのではないでしょうか。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。