韓国空軍の性能でホルホルする中央日報

いやはや。

戦闘機のレーダー探知、韓国160キロvs北朝鮮50キロ

2016年12月14日15時27分
  韓国と北朝鮮の空軍戦闘機が交戦する場合、どちらが勝つだろうか。これは一方的な勝負となる。
この手の妄想記事は、酒飲み話程度であればいいが、まさか新聞に載せちゃうとは。


そもそも、韓国と北朝鮮とで空軍戦闘機が交戦する前提がおかしいのである。
陸続きの朝鮮半島内乱状態で、北と南との交戦が再開する場合、当然ながら空戦から始まる、なんてことは無い。

地上での牽制も、当然行われる。

実のところ、韓国の空軍基地は割とソウルから近い位置に複数あって、北朝鮮の火砲の的になることは想像に難くない。ミサイルも真っ先に標的にするだろう。

北朝鮮の戦闘機はほとんど1950-60年代に製作された旧型だ。老朽したミグ系列(MiG-15・17・19)はレーダーを搭載せず、地上レーダーが情報を送ってこそ他の戦闘機を見ることができる。レーダーは飛行機の目と同じ役割をする。したがってレーダー能力がなければ目隠しをして戦うようなものだ。北朝鮮の旧型戦闘機はレーダーを搭載していてもあまり使い道がない。レーダーで誘導するミサイルがなく、爆弾を載せて落とすのが唯一の攻撃方法であるからだ。北朝鮮は約400機の戦闘機を保有するが、レーダーがない戦闘機が200機ほどという。新型ミグ-21・23・29戦闘機も70-80年代に生産されたものであり、レーダー探知距離が50キロほどだ。

確かに北朝鮮の保有する航空戦力は、数はともかくとして旧型であることは隠しようのない事実だろう。


当然ながら、北朝鮮もそんなことは重々承知だろうから、航空戦力を航空爆撃に使うとは思うが、まさか戦闘機だけ出すなんて事は無いだろう。

 

現代の戦争の主流は空爆をしてから地上軍投入という流れだが、北朝鮮の兵器ラインナップから考えると、空爆から入ると言うことは考えにくい。

火砲でソウルを攻撃した後に地上軍を投入し、それと同時に航空部隊を出すという感じになりそうである。当然、ミサイルでの飽和攻撃も考えられるので、韓国軍の航空戦力がどれだけ残存しているか?が問題となる。

 

だいたい、こんな事を言っているが……。

  しかし北朝鮮の戦闘機が死角空間の低高度で奇襲する戦術を駆使しても、韓国空軍が2011年に空中早期警戒管制機(AEW&S)を導入した後、無意味になった。AEW&Sは半径500キロ以内の低空飛行戦闘機も探知するためだ。軍の関係者は「南北軍事力評価で空軍の差が最も大きく表れた」と話した。

韓国空軍のAEW&Sって、4機買って1機しか飛べないとか言うニュースがあったよね?全然、「無意味」になってないんすけど。

うんまあ、今はきっと直ったんだよね。


それはそれとして、アメリカ軍が韓国に駐留しているウチは、北朝鮮が大規模な攻勢をかけてくる可能性は低いと思われる。

 

とはいえ、アメリカ軍が本気を出すためには、日本に駐留する部隊を韓国に集結させる必要がある。そうなると最短で1日、実質的には数日を要する可能性が高い。だから、北朝鮮がやるとしたら電撃作戦しか無いと思う。

つまり、ソウルを火砲で火の海にするというのが一番ありそうな展開だ。水攻めにした上で火砲をぶっ放し、なけなしのロケットを注ぎ込むだろう。

残念ながら韓国の機能の9割までがソウルに集中しているので、ソウルが壊滅すれば韓国軍は司令塔を失って機能しない。釜山あたりに司令室を再構築できるだけの余力があれば良いが、果たしてそれが可能かどうか……。

 

そうなった時に、アメリカ軍はどうするか?

正直、ソウルが壊滅してしまった韓国を守るという選択肢は、採れないような気がする。都合の良い韓国高官が残っていれば、再び韓国政府を擁立することはあるかも知れないが……。

まあ、他国のことを心配しても仕方が無いね。


が、しかし、そうした事態はいつ起こっても不思議は無い。

朝鮮半島は今なお戦争中なのだから。

 

そして、大統領の機能が死んでいる今が北朝鮮の攻め時、と考える可能性は否定できない。

日本にも影響ある話なんだけどね。

 

だからこそ、韓国のメディアとはいえ、こんな仮想空戦を妄想してホルホルしている様では、何というか、どうしようも無いというか。ため息の一つもつきたくなるね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 韓国も首都を釜山にすればいいと思うんですがなんでソウルなんですかねえ

    返信削除
    返信
    1. しっかり調べたわけでは無いのですが、憲法裁判所が首都の移転を禁じた判決を出したとかなんとか。

      その判決内容もぶっ飛んでいて、ソウルが長い間首都だったから、「慣習憲法として成立した不文憲法に当たる」と判じたらしいデス、はい。
      いやいや、韓国は成文法でしょ?違ったっけ?という突っ込みはされなかった模様。

      削除
  2. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年12月20日 13:18

    >アメリカ軍が本気を出すためには、日本に駐留する部隊を韓国に
    >集結させる必要がある
    と言いたいところですが、そんなに甘くは無いです。

    在日米軍には、陸軍の実戦部隊(機甲部隊・機械化歩兵部隊など)は含まれていません。また、海兵隊も、陸上部隊は一個連隊(一個歩兵大隊戦闘団?)を配備しているだけのようです(主力はハワイ駐留)
    本気で韓国防衛するためには、米国本土およびハワイからの動員が必要と考えます。
    朝鮮戦争勃発時の状況(日本占領下で多数の連合軍部隊が駐留していた)とは、大きく異なると考えます。

    参考)在日米海兵隊「第3海兵師団」
    >司令部や関連部隊は沖縄に配置されていますが、歩兵連隊1個および
    >砲兵大隊1個はハワイに駐留しています。
    >歩兵大隊、砲兵隊、軽装甲車両中隊、水陸両用強襲車両中隊を6~7
    >か月の訓練サイクルで、米国から日本へ交代で配備している部隊配置
    >計画を実施しています。

    その少数の部隊すら、韓国人が辺野古・高江で反対運動を行い、追い出そうと動いているわけで...北朝鮮の手先かもしれませんが...

    在日米軍が緒戦で実施できるのは、せいぜい空爆程度ですね。

    返信削除
    返信
    1. そうですか、ちょっと前(2008年ほど)の情報に基づいて書いたのですが、今は更に深刻化していますか。

      そうなると、朝鮮有事において韓国の敗北はかなり濃厚ですね……。
      北朝鮮の装備が古いとは言っても、韓国がこの有り様では。とはいえ、北朝鮮が勝てるわけでも無いんですけどね。

      削除
  3. レーダーですかあ
    どこぞの国の艦船レーダーは漁船用だったみたいですね

    返信削除
    返信
    1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年12月21日 1:12

      それは、潜水艦探知用「ソナー」が「魚群探知機」だったという話ではないかと...

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。