2016年12月27日火曜日

【悲報】平昌五輪が盛り上がらない

うん、知ってた。

【社説】盛り上がらない平昌、このままでは五輪開催が大災害に

記事入力 : 2016/12/26 09:20
 開幕まで1年2カ月となった平昌冬季オリンピックへの不安が膨らむ一方だ。崔順実(チェ・スンシル)被告に近い人物らがオリンピック関連の利権をむさぼっていた実態が明らかになり、国民の関心や支援の声が急速にしぼんでいるからだ。そのためか開幕までわずか1年となった割にはほとんど話題にも上らなくない。つい先日にはマイナー競技種目のテストイベントが開催されたが、そのチケット売り上げは全体の20%にも満たなかったという。
しかし凄いな、いきなり崔順実氏のせいにしているぞ?



どれだけ崔氏が大物だったかは知らないが、事ある毎に出てくるのはスゴイ。嗤うわ。
運営に必要な2兆8000億ウォン(約2700億円)のうち4000億ウォン(約390億円)は調達計画さえ立てられていない。しかも運営費の管理やチケット販売を担当するメインバンクもまだ決まっていないのだ。
運営に必要な予算が確保できていないことや、チケット販売を担当するメインバンクが決まっていないのは、崔氏は無関係だろうに。

 開会式の計画書もこれから数カ月以内には国際オリンピック委員会(IOC)に提出しなければならないが、全体を総括する総責任者も決まっていない。
何しろ、開会式の責任者すら不在らしい。
このままでは史上最悪のオリンピックとなり、国際社会で国のメンツが丸つぶれとなってしまいかねない。
イイじゃ無いか!韓国の好きな世界一が直ぐそこにあるんだぜ。



久しぶりに平昌五輪開催危機に関連する記事を書くわけだが、実はこれに関してはちょこちょこと報道がなされていた。
 オリンピック後の競技会場活用計画も迷走している。例えば江陵スピードスケート場は建設費が1264億ウォン(約123億円)、江陵ホッケーセンターは1064億ウォン(約104億円)といずれも巨額の費用がかかるが、どちらも将来的には活用が見込めず、大会後は撤去される計画だった。ところが今年に入って突然、崔被告のめいのチャン・シホ被告が影響力を行使し、大会後も存続する方針へと計画が見直された。
ここでも崔氏大活躍だが、オリンピック後の競技会場活用計画というのは、何処の国でも問題になる話だ。
安心してイイ。

寧ろ心配すべきはこちらだろう。

スピードスケート:「女帝」李相花、7年ぶりにW杯金ゼロの可能性も

記事入力 : 2016/12/25 06:05
 「スピードスケートの女帝」李相花(イ・サンファ、27)が、今季4戦目の国際スケート連盟(ISU)ワールドカップ(W杯)シリーズで銀メダル2個、銅メダル1個にとどまり、7年ぶりの「W杯金メダルなし」の危機に直面している。
韓国の冬季オリンピックで活躍できる可能性のある数少ない選手達が、軒並み不調に喘いでいることだ。
この辺りも、韓国国内で平昌五輪が盛り上がらない理由となっているのだろう。



開催地では色々と盛り上げようと努力しているようだが……。

平昌五輪開催地の江原道 外国人観光客の取り込みに本腰

記事入力 : 2016/12/17 11:02
【春川聯合ニュース】2018年に韓国で開催される平昌冬季五輪の開催地である江原道が外国人観光客の誘致に乗り出している。
ショートトラック会場で、16~18日にW杯第4戦をやるとか書かれているのだが、このハコが完工したのは14日のことである。

羽生選手が活躍する平昌冬季五輪のアイスアリーナ、14日に完工

2016年12月14日14時43分
  平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)のスケート競技会場がいよいよその姿を表す。
  14日にオープンする江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)のアイスアリーナだ。2018年平昌五輪ではショートトラックとフィギュアスケートがここで開かれる。
そして、ここでスピードスケートとフィギュアスケートをやるつもりらしい。
  平昌五輪ではショートトラックとフィギュアスケートの一部の競技が同じ日に開かれる予定だ。平昌冬季五輪組織委員会のソン・ベクユ報道官は「アイスホッケーが冬季五輪の花と言われるが、韓国ではショートトラックとフィギュアスケートの人気がもっと高い。2種目が同じ日に開かれれば、観客がより増えるだろう」と話した。
記事にも言及されているが、同じ日に同じ会場で2種目やるというのは、氷の状態を整えるのが困難となる。前例が無い訳では無いが、コンディションの確保に失敗している。
  それだけ、フィギュアとショートトラックを同じ日、同じ場所で開くのは簡単なことではない。フィギュアスケートが終わったら3時間以内にショートトラックに適合した服(氷板)に着替えなければならない。
大丈夫なんすかね?



他にもテストイベントで不備が出たなどと言う報道もある。
急拵えで会場を設営している関係で、どうしても不備は出る。しかし、それは、テストイベントだから仕方が無い側面もある。
本番ではしっかりできれば良いのである。その為のテストイベントでもある。
朝鮮日報など韓国メディアによると、セラ・ルイスFIS事務総長は「競技場や宿泊などすべての面で肯定的な反応があった」と評価した。
色々問題が指摘されて、停電が起きたり、コースの設計に問題があったりと、見直す点が沢山あるようだ。
スノーボード専門家らは「普通は3~4カ月前に発注して施設を完成させた後、選手たちが直接滑ってテストするが、今回はそれができなかった」と準備の遅れを指摘した。
まあ、こうした問題点を全てクリアできたとしても、雪不足が解消するわけじゃ無いんだよね。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. 盛り上がるも何も既に「投機オリンピック」は成功した後なのですから只の事後処理にヤル気が湧かないのでしょう。
    結果世界中が迷惑するので開催するなり棄権するなり責任もってやって貰いたい物ですが、タイミング良くスケープゴートが見つかったので総ての罪穢れを生け贄の羊に擦り付けて炎にくべて決着を謀るつもりの様ですが、生憎とそんな邪教の儀式が通用するのは韓国国内だけです。
    後日本は間違っても支援してはいけません、成功しても失敗しても恨まれますし支援しなくても恨まれます、同じ恨まれるなら支援しないほう良いのは自明の理です。

    返信削除
    返信
    1. 確かに「投機」は成功していますね。

      あとは棄権していただければ、どこかがフォローするか欠番ということで処理されればよいわけで。
      正直、メンツには責任が付いて回るわけですから、そのあたりをしっかり自覚していただければよいのかなと。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。