支那、アメリカの無人潜水機を盗む→脅されて返還

何がしたいんだ。

中国、米無人潜水機を返還へ 軍事目的を警戒し奪取か

朝日新聞デジタル 12/17(土) 23:56配信
 米国防総省は16日、南シナ海のフィリピン沖で中国海軍の艦船が米海軍の海洋調査船の無人潜水機を奪ったことを明らかにした。
ニュースを読んだときはコーヒーを吹き出しそうになったが、一体支那は何がしたいんだ。




アメリカがどのような目的で無人潜水艦を運行していたのかは知らない。
 米国防総省によると、潜水機が奪われたのはフィリピン北部のスービック湾から約50カイリ(約93キロ)北西の公海。
しかし、公海上を航行していた以上は、手出しは御法度だ。
位置
無人潜水艦、或いは無人水中探査機が奪われた地点は、フィリピンにほど近い位置だが、支那が領海を主張する位置でもある。
潜水機
どうやらこれと同型機であるようだが、ハッキリした情報は見つけられなかったので、あくまでもこんな感じのモノが盗まれたと言うことのようだ。



いやまあ、アレだな。
米海軍の海洋調査船「バウディッチ」が15日、水温や塩分濃度を調査するために沈めていた潜水機2機を回収しようとしたところ、中国海軍の艦船が約460メートルまで近づき、小型ボートを出して1機を奪取した。
小型ボートで奪取したということだから、まあ、結構小型のモノのようだね。

しかし、調査内容はともかくとして、支那海軍の艦船が潜水機に近接し、小型ボートを出したと言うことは、明らかにアメリカの調査船であることを認識した上での行為だろうね。
米の調査船は無線で返却を求めたが、中国艦船は無視して去ったという。
返せって言ったのに、持って帰ってるし。
そもそも近隣にアメリカの国旗をはためかせた調査船がいる時点で、状況を察することは可能だ。どう考えても、「知らなかった」という言い訳が通用するはずも無い。



……無いのだが。
 一方、中国国防省の発表によると、15日午後に中国海軍の救助船が「正体不明の装置」を発見し、「船舶に危害が及ぶのを防ぐため」に回収。調査の結果、米軍の無人潜水機だと判明したとしている。
「正体不明」もクソも無いと思うんだ。
 同省は、米軍の艦船や航空機が長期にわたって偵察や軍事的測量を行っているとし、「米側にこのような活動の停止を求める」と批判。「米軍の活動への警戒を続け、必要な措置をとって対応する」と警告した。
そして、語るに落ちたとはこのことで、「このような活動の停止」って、知ってたんやないかい。

調査されると都合が悪いから妨害したと、そういう事だろう。

また、潜水機引き渡しの協議が進む中で「米側が一方的に公表し、世論をあおったのは不適切だ」として遺憾の意を表明した。
一方的に盗むから悪いのに。




この辺りの経緯は、大凡想像が付く。

支那としては九段線の内側は領海だと、そういう主張をしており、一方のアメリカや国際社会はその事を認めてはいない。海洋法上も該当地域は公海であるので、調査などを行っても誰にも責められることは無い。
しかし、アメリカ軍が当該海域を調査する背景には、支那の潜水艦の進出を防ぎたいという思惑があり、当該海域の詳細な海図や海の変化などの情報を集めておくことで、有事の際に有利に作戦が進められるように準備する意図がある。

当然、そんなことをされて困るのは支那であり、何としてもそうしたデータの蓄積を止めさせたい。
今回の行動はそうした思惑が働いた結果、なのだろう。
以前、こんな記事を書いた。支那の面子は潰され続けていて、それでは自国民に対して言い訳できない。

「航行の自由」作戦に対して、事ある毎に支那は文句を付けている。

南シナ海、航行の自由作戦は「悲惨な結果」招く可能性=中国軍幹部

World | 2016年 07月 19日 12:32 JST
[北京 18日 ロイター] - 中国軍の孫建国・連合参謀部副参謀長は16日、北京で行われた非公式フォーラムで、米国などが南シナ海で実施している航行の自由に基づく艦船派遣は「悲惨な結果」を招く可能性があると警告した。
まあ、口だけなんだけどね。

軍部の暴走を党が追認している恰好なので、支那の行動はいつでも後手なのである。「航行の自由は今でもある」と言って憚らないが、勝手に基地を作っているのもまた支那なのだから、開いた口が塞がらない。
公海であれば、アメリカ軍の艦船が航行したところで問題は無いはずだ。EEZであろうとそれは一緒。しかし、支那としては自国の領海だと言っている手前、勝手に航行されては困る、困るのだが……、航行された場合に攻撃しない事には「領海」だと言えないのも事実で、遠巻きにこれを見守っている事、それ事態が大きな問題なんだよね。

まあ、それはともかく、この事案一つとっても南シナ海の情勢はかなり緊迫した状況になりつつあると言っていい。

日本は……、傍観者で良いんですかねぇ?



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. トランプへの牽制という見方もありますがどうなんですかねえ

    返信削除
    返信
    1. あの発言の後ですから、可能性はあるとは思いますけど……。
      牽制にしては随分と高い勉強代を払わされる結果になるような気はしますよ。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。