2016年12月16日金曜日

GSOMIA締結後の韓国の寝言

いや、そういう協定じゃ無いって。

日本 韓国に北のSLBM情報提供せず=先月に軍事協定締結

記事入力 : 2016/12/15 20:51
【ソウル聯合ニュース】韓国の政府筋は15日、日本が韓国と軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結してから約20日が経つが、北朝鮮が先週、陸上施設で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験を行ったことに関する情報を韓国に提供しなかったことを明らかにした。
一体、GSOMIAを何だと思っているんだ??



日本と韓国との間で結ばれた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)、締結までにも色々と紆余曲折があったが、結んでからもこれだから始末に負えない。
取り敢えず、どんな協定が結ばれたのかは見て頂きたい。
掻い摘まんでいくと、防衛情報のうち「極秘/特定秘密」にあたる情報や「秘」にあたる情報など、秘密軍事情報を「お互いに保護する」協定であるという事だ。
この協定では、提供された秘密軍事情報の取り扱いに関する規定と、その手続きに関することが規定されている。

つまり、情報を共有することを定めているのでは無く、共有した情報の取り扱いについて定めたものであると言う事だ。



だから、冒頭の記事にあるようなカンチガイは発生し得ないハズなのだが……。
これに対し、韓国軍の関係者は「GSOMIAは締結されたが、まだ日本から情報提供を受けるには時期的に早い」として、「両国の情報担当部署間で情報交換に関する追加的な協議が必要だ」と述べた。
こんな意味不明の説明をしちゃっている。
いや、その情報を渡すかどうかはまた別問題だからね?情報と取り扱いにあたって、秘密を守れる状況を構築した後で無ければ、情報が渡せるはずも無いじゃ無いか。

だって、先日もこんな事件があったばかりだ。

韓国軍の軍事機密数千ページ分、政府職員が海外防衛企業に漏らす=韓国ネット「金さえ払えば何でも差し出す国」「安倍首相の手にも渡ってるはず」

2016年12月02日 09時50分
2016年12月1日、韓国・京郷新聞によると、韓国国防部傘下の機関、防衛事業庁(防事庁)の職員が、韓国軍の未来武器体系に関する情報が含まれた数千ページ分の軍事機密を世界的な航空防衛企業に渡していたことが判明した。
金さえ払えば情報は平気で売り渡す国だと言うことだと、韓国民にも揶揄されているが……、大統領からしてトモダチに国家機密を垂れ流していたワケだから、仕方が無いよね。

更にこんな事件も。

韓国、軍のネットワーク侵入で北朝鮮を非難

2016.12.07 Wed posted at 12:57 JST
(CNN) 韓国国防省は6日、軍の内部ネットワークが不正侵入されて機密情報が流出したと発表し、北朝鮮を名指しで非難した。
韓国国防相の文尚均報道官は記者団に他紙、「内部ネットワークの一部のコンピューターに、悪質なコードが拡散しているのが見つかった」と説明。合同捜査班を組織して調べた結果、機密情報を含む軍のデータが流出していたことを確認したと述べ、「この背後には北朝鮮がいると推定される」と語った。

北朝鮮(多分、支那の指示があって)にクラッキングされて、情報を抜かれた上で、負け犬の遠吠えである。
韓国は今年3月にも北朝鮮によるサイバー攻撃を受けたと伝えていた。韓国の諜報機関によると、政府高官のスマートフォンが「おとりメールを送り付ける」手口を使って北朝鮮に不正アクセスされ、メールや通話の内容が盗まれたとされる。
今年3月にもやられてたというのだから、管理体制はどうなっているのかと。
 
もちろん、自衛隊も情報漏洩に関しては負けてはいないので情けないが、しかし、漏洩リスクを増やす必要は無い訳で。



中央日報はこんな社説を載せていたが……。

【社説】韓日軍事情報包括保護協定は締結されるべき

2016年11月16日08時01分
  韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結を強行したという理由で野党3党が国防長官解任建議案の提出に合意したことに対し、憂慮を禁じ得ない。14日、韓国政府が協定に仮署名したことは民心に逆らう一方通行のものだという野党の主張は論理に合わない。
~~略~~
  反面、日本は韓国に16機しかない海上哨戒機を77機も有し、情報収集衛星5機、早期警戒機17機に探知距離1000キロ以上の地上レーダー4基を保有している。ヒューミント(人的情報収集活動)も、過去の政府でネットワークが崩壊していることから現在はむしろ韓国より日本のほうが正確だという分析まである。
~~略~~ 
有事の際に備えるためには、韓日間の協定が絶対的に必要だ。責任ある野党なら、これ以上政府の足を引っ張るべきではない。間違った事実で国民を扇動するべきではない。そのようにしてもたらされる武装解除の最も大きな被害者こそが国民だ。
いや、日本が情報をくれる前提で議論するのはどうかと思うぜ。



日本側も、韓国というのはこういう国だと言うことをしっかり認識した上で、情報の取り扱いには注意する必要がある。

「日本が韓国に情報を渡すのは当たり前」などと思われているが、冗談は止めて欲しい。
反日を全ての行動を肯定するツールにするような国である。
注意してしすぎと言うことは無いのである。

追記
協定の中身について「掻い摘まんで」と書いたが、もうちょっとだけ詳しく書いておかないと、どう掻い摘まんだかがよく分からないと思うので、それについて言及していく。

  1. 目的:秘密軍事情報の保護を確保するze!
  2. 定義:使っている用語の説明なので読んで欲しい
  3. 法令:秘密保持に関連する法令を変えたら、しっかり通告しろ、いいね?
  4. 秘密指定など:トップシークレット以外の秘密を扱うよ
  5. 補足実施取決め:取り決めは権限があるところがやるんだ
  6. 原則:許可無く第三国の政府、個人、企業、機関、組織又は他の団体に漏らすなよ、それと、事前に通告した利用目的以外に秘密使うな?いいな?あと、情報管理は徹底しろ
  7. 秘密軍事情報への職員のアクセス:資格持っている奴じゃ無いと秘密にアクセスさせるなよ
  8. 訪問:秘密を保有する施設に来る事は許すけど、許可は政府だけだかんね
  9. 秘密軍事情報の送付:情報の受け渡しにも責任持て
  10. 施設の保安:しっかりやれ
  11. 保管:アクセス制限しとけ
  12. 秘密軍事情報が送付される間の秘密保持の義務:秘密は厳重に保護しろよ、封筒なら二重の封印、封筒の外には秘密書くな!電子送付の場合は暗号化必須な!
  13. 破壊:破棄するときは、徹底的だ!
  14. 複製:秘密の表示ごとコピーな。それと、最低限にしろ。
  15. 翻訳:翻訳のタイミングで漏れないようにしろ
  16. 契約企業への秘密軍事情報の提供:オマエの国で責任持って秘密保持しろよ
  17. 紛失及び漏せつ:万が一漏れたら知らせろ!直ぐにだ!そして、状況特定して、再発防止措置を講じるまでが義務だ
  18. 秘密保持に係る代表者による訪問:代表者の訪問によって、秘密保持の促進をはかるぜ
  19. 費用:自腹だから
  20. 紛争解決:政府同士で決着付けるぜ
  21. 効力発生、改正、有効期間及び終了:改定は同意したらやるぜ、あと、1年毎に自動更新な
まあ、こんな感じだ。
詳しくは読んでね。長くないし。




ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年12月16日 15:15

    自分も勘違いしてました。
    誤・・・日韓で相互に情報を公開する(アクセス権を与える)協定
    正・・・相手国に提供した情報を漏洩させないように管理する協定
    ということですね。
    さらに、
    >防衛情報のうち「極秘/特定秘密」にあたる情報や「秘」にあたる
    >情報など
    ということなので、「特定防衛機密」(米国が絡む情報。装備品など)は対象外ということですね。

    まあ、韓国がまともに管理するかどうかは、タウルスミサイルの話を見ても、非常に疑問があります。
    先日、「法人」について書きましたが、韓国人は「所有権」などの法律上の概念について、まったくダメダメな感じがしてきました。「信用」の概念もないのかもしれません。

    ある意味、韓国に対しては、中国や北朝鮮のような「強権外交」が正しいのかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. コメントを頂いたので、もうちょっと詳しく条文を追ってみました。

      まあ、韓国に条約を守れと言って聞くかというと……。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。