2016年4月12日火曜日

「パナマ文書」のダメージ軽減を画策する支那

NEWSポストセブンの記事だけに、眉唾で読んでいたんだが……。

中国軍元制服組トップの収賄額 約272億円で史上最高か

2016.04.10 07:00
 中国軍事検察院は、中国人民解放軍の元制服組トップで中央軍事委員会の郭伯雄・元副主席を巨額の収賄罪で起訴する手続きを開始したが、その収賄額は息子の関与した分も含めて全部で16億元(約272億円)と中国史上最大になることが分かった。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。
金額が一人歩きすると大変なことになるぜ。

志位氏の妄想と、民進党との共闘

「ぶれない共産党」というと、良い印象を受ける気がする。が、その実、日本共産党は公安の監視対象になっている危険な組織でもある。

志位委員長  今、日本は戦後最大の歴史的岐路に立つ

2016年04月11日 11:15

 日本共産党の志位和夫委員長は党中央委員会総会で幹部会を代表しての報告で、夏の参院選挙について「今、日本は戦後最大の歴史的岐路に立っている」とし「それは独裁国家、戦争国家への逆流を許すのか、立憲主義・民主主義・平和主義を貫く新しい政治を築くのかの選択」とし「参院選挙はその選択を問われる最初の選挙」と語った。

志位氏は、こんな主張をしているのだが、これはサヨクお得意のレッテル貼りとレトリックがちりばめられていることに注意して読んでいただきたい。