2016年6月5日日曜日

支那、トップとナンバーツーの間で不協和音

支那経済がヤバイと言われて久しいが、崩壊する様子は無い。……しかし、その時は確実に迫っているのかも知れない。

習近平主席と李克強首相の対立激化 次期首相は習氏腹心か

DATE:2016.05.29 07:00 NEWSポストセブン
 中国共産党の序列ナンバー1の習近平国家主席と、序列ナンバー2李克強首相との対立が激化しつつあるとの見方が広がりつつある。そんななか、来年秋の中国共産党の第19回党大会の最高幹部人事で、李氏は党政治局常務委員を解任されるか、あるいは再任されても、翌年春の全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)で首相の職務を解かれ、全人代委員長に横滑りする可能性が出ていることが分かった。
ここの所、トップの習近平氏とナンバーツーの李克強氏との間での確執が激しくなっているという話がチラホラ聞かれる。

韓国軍の不正・横領は次々と

日常茶飯事というか、次から次へと疑惑が増えるね。

今度は装甲車・ミサイル部品の価格操作で9億ウォン横領=韓国

2016年05月02日11時28分
  韓国の陸・海軍の主力砲に「偽物部品」が入っていた事実が摘発されたのに続き、装甲車・誘導ミサイル・戦闘機の部品価格も水増しして国民の税金が浪費されていた端緒をつかみ検察が捜査中だ。検察は400億ウォン(約37億円)台の海岸複合監視体系導入事業の不正に現職軍務員がかかわっていた事実も確認した。
平常運転とは言え、この手の話は多すぎる。