2016年8月12日金曜日

ご譲位が可能な法整備は必要なのか?

政府が天皇陛下のご譲位のお気持ちを受けて、法整備の検討を始めるようだ。

<生前退位>特別立法軸に検討 政府、制度化を避け

毎日新聞 8月11日(木)8時0分配信
 政府は、天皇陛下が生前退位の意向がにじむお気持ちを表明されたことを受け、現在の陛下に限る特例として退位できる特別法の制定を軸に検討を始めた。皇室典範改正で永続的な制度とした場合、皇太子さまも含めた将来の天皇にも退位を認めることにつながり、象徴天皇の地位が不安定になるとの見方も出ているためだ。世論の動向や近く設置する有識者会議などを参考にしながら、調整を進める。
議論の必要性があるのは僕も認めるところだが、今回は法整備の必要性について考えていきたい。