2016年9月24日土曜日

韓国で開発中の偵察衛星、能力不足が発覚

ああ、平常運転だね。

韓国の偵察衛星、北ミサイル技術進化で監視が困難に

記事入力 : 2016/09/20 10:02
 韓国軍は北朝鮮のミサイルを監視するため、1兆ウォン(約910億円)の予算を投じて偵察衛星5基の開発を進めているが、これらが期待された役割を果たすのは難しいとの指摘が出ている。開発中の人工衛星は2時間ごとに北朝鮮を監視することになっているが、北朝鮮がミサイルを発射するまでに要する時間はすでに1時間にまで短縮されているため、これでは監視の役割を果たせないからだ。これらの人工衛星は北朝鮮のミサイル発射の準備を事前に探知し、30分以内に破壊する韓国軍の「キルチェーン」の目に相当するものだ。
目の見えないキルチェーン……。デタラメ撃ったらあたるかも?