2016年11月16日水曜日

自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない

まあ、これは正論ではあるのだが、話が逆なんだよねー。

自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その4防御力編 後編

Japan In-depth 11/13(日) 23:00配信
陸上自衛隊は情報、火力、防御力すべての面でとても先進国の軍隊とはいえないお寒いレベルである。
率直に申し上げてトルコは勿論、中国以下である。このため駆けつけで激烈な戦闘を行った場合、他国の何倍も戦死者や四肢を失う隊員が発生するだろう。

記事を書いているのが清谷氏というところでお察し、といった感じではあるが。

韓国とのGSOMIAはスワップ協定とバーターとの噂

言語道断な話ではあるが、こうした噂が出回るだけの理由はある。

岸田外相 日韓機密情報協定の署名手続き急ぐ考え

11月15日 10時57分
岸田外務大臣は記者団に対し、韓国と安全保障上の機密情報を共有するための協定について、「北朝鮮の核、ミサイル問題への対応を考えても、日韓の協力は大変重要だ」と述べ、正式な署名に向けた手続きを急ぐ考えを示しました。
日本と韓国との軍事情報包括保護協定(GSOMIA:General Security of Military Information Agreement)はこれまで幾度となく浮かんでは消え、浮かんでは消えてきた。

日立「レンズ無し」のカメラ開発を成功させる

偶にはこういった技術系の記事も紹介しておこう。

日立が「レンズなし」のカメラ開発 フイルムでレンズ代用、薄く軽く低価格に

2016.11.15 17:06
 日立製作所は15日、従来のようなガラスのレンズを使わないカメラ技術を開発したと発表した。国内メーカーとして初となる「レンズレスカメラ」は、代わりに特殊なフィルムを使うため薄く、軽くなり、車やロボットに搭載しやすくなる。低価格化も可能となる。
産経新聞のニュースをソースとしているが、多くのメディアで殆ど同じ記事が垂れ流されている。