2016年12月26日月曜日

支那経済と覇権主義

覇権主義と言うより寧ろ、南シナ海への派遣主義という気がしなくもないが。

中国の覇権主義は底堅い経済を背景にますます強固化する

2016年12月20日
 中国経済が底堅い。小型車減税に支えられ自動車販売台数は増加し、サービス業の景況感も改善している。米国を中心に株式市場が上昇する中、上海総合株式指数も水準を戻してきた。人民元安への懸念はあるが、すぐに大きな混乱が起きることはなさそうだ。
なかなか愉快なコラムを書いている人を見つけたのだが、興味深い部分もあったので紹介したい。

支那空母発進!西太平洋へ

このニュースを見たときにびっくりしたのは、「第1列島線」という単語が平気で使われていると言うことだ。

中国空母「遼寧」が西太平洋へ

2016/12/25 00:39
 【北京共同】中国海軍報道官は24日、中国初の空母「遼寧」の艦隊が同日、遠洋訓練のため西太平洋に向かったと明らかにした。中国空母による沖縄、台湾、フィリピンを結ぶ第1列島線を越えた太平洋への航行が伝えられるのは初めて。
ソースは共同通信で、内部にサヨクが跋扈するメディアであるのは事実だが……。ビックリしたのは、「だからこそ」なのかも知れない。