【支那】大気汚染拡大!32都市に「赤色警報」

大気汚染のレベルが最大ということを示す「赤色警報」だが、32都市に拡大しているようだ。

中国の大気汚染拡大、「赤色警報」32都市に

2017.1.5 17:53
 中国北京市を中心に発生した重度の大気汚染は5日、周辺地域に広がり、同日までに32都市が最も深刻な「赤色警報」を発令した。中国メディアが伝えた。政府は汚染物質を排出する工場の見回りを強化するなど取り組みをアピールしているが、住民の不満は高まるばかりだ。
支那だけにレッド、良いんじゃないでしょうか?



さて、この手の話は以前にも紹介している。
29兆円程度で支那の大気汚染が解消できるという朗報であったが、その金額算出の根拠もハッキリしない状況ではある。
大気汚染
ビジュアルで見ると、なかなか素晴らしい事になっているが……、果たしてこの数値を信用してイイかどうかと言う点を考えるとなかなか悩ましい。報告される数値が尽く改竄されるのが支那の日常だからだ。

北京、大気汚染で新年迎える PM2.5濃度、基準の20倍

2017年01月02日 13:14 発信地:北京/中国
【1月2日 AFP】中国の首都・北京(Beijing)市民は1日、元日の朝を分厚い有害なスモッグと共に迎えた。人体に有害な微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度はこの日、世界保健機関(WHO)の基準値の20倍に達した。
ただ、報告されている数値を信用したとしてもWHOの基準の20倍というから、驚くべきか、悲しむべきか。



ちなみに、目で見ても分かる程度には悲惨なことになっている。

中国版新幹線、大気汚染で白い車体が真っ黒!無残な姿に―中国

2017年1月5日 17時40分
2017年1月3日、チャイナフォトプレスが“全身ほこりまみれ”になった高速鉄道車両の画像を紹介した。
2f684_226_3d2987c8bec71447812a088ffa0aa40e
支那版新幹線とも呼ばれる和諧号(CHR3型)だが、文脈から判断すると1回走った程度でこの状況らしい。
この列車は途中、重度のスモッグに見舞われた華東、華北エリアを経由して来たが、雨水で汚れを落とす機会はなかったという。
雨に濡れたら更に酷いまだら模様になりそうだが……。



まあ、こんな中を通過してくるのだから無理もない。
img_83cd062e594c646f501c94a70f662d0347214
支那では大気汚染で毎日平均4000人が亡くなっていると言うから、健康被害も深刻である。
 北京市では5日、雪がちらつき、市気象局は汚染物質が付着しているとして「雪は汚いので傘を差すように」と呼び掛けた。北京の米大使館のウェブサイトによると、微小粒子状物質「PM2.5」を含む汚染指数は最悪レベルの「危険」を示す380を記録した。
 北京市は2番目に深刻な「オレンジ警報」を維持しているが、インターネット上には「なぜ赤色警報じゃないのか」「必死でメンツを保っているだけだ」などの批判が書き込まれた。(共同)
それでも、北京は比較的マシ(ただし、マシなのは数値だけ)らしいので、共産党のメンツにかけてナントカする気なのかも知れない。



あ、そういえば、こんなのも使っていたっけ。
20161208-04669434
スモッグ発生時には高度2000メートルまで汚染物質が浮遊しているが、ミスト砲車両の影響力はせいぜい高度200メートルまで。効果は薄いという。
まあ、一応効果はあるようなので、頑張って欲しい(棒


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1.  保護貿易やダンピングなど色んな経済政策はありますが、環境汚染経済というのもそろそろ経済スタンダードに入れてもいい気がしてます。
     環境汚染経済のいいところは、病人が出ても薬や病院の需要が増加し、GDPをさらに押し上げる点です。
     旧ソ連もそうですが、共産主義+環境汚染経済は、相当強力な組み合わせだと思います。人口の多い大国向き。

    返信削除
    返信
    1. 環境汚染経済ですか……。
      それは実に恐ろしい話ですね。

      回復可能なダメージであれば成り立つことかもしれませんが、もはや死人が出るレベルだと数十年単位で環境の回復は望めないというか。日本でも未だに影響が残っていますしね、四大公害病は。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。