2017年1月13日金曜日

民団は「撤去」を求める

胸くそ悪いニュースは記録程度に留めておこう。

韓国民団が慰安婦像撤去求める 「在日同胞は息を殺して生活」

産経新聞 1/13(金) 7:55配信
 在日本大韓民国民団(民団)は12日、都内のホテルで新年会を開き、呉公太(オ・ゴンテ)団長が韓国・釜山の総領事館前に設置された慰安婦像について「撤去すべきだというのが、私たち在日同胞の共通した切実な思いだ」と述べた。その上で、一昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意の堅持を訴えた。
寝言は寝てから言えと。民団こそ、慰安婦問題をぶち上げた急先鋒の一翼を担った存在では無いか。



なるほど、厚顔無恥で無ければ某国の市民は務まらないものらしい。そういう意味では実に有能だ。

民団の団長が釜山の領事館前のニセの慰安婦像は撤去すべきだと訴えている。
これ程滑稽な話も無いのだが、しかし、彼らは本気だ。そして、事実、撤去すべきなのである。

民団が目指すべきは、日本の地にあってのうのうとスパイ活動を継続することにある。そして、「祖国のため」などと嘯きつつ、己の利益を追求する。
そうそう、ウトロでも似たような事があったな。結局、某国を苦しめるのは某国人そのものなのだと言う事である。

……胸くその悪さに毒づいてしまったが、まあ、ともあれ、ソウルの方はさておき、問題になっている釜山の方は撤去すべきだと民団の団長は訴えた。
 呉氏は日韓合意を「両国政府が苦渋の末に選択した結果で、関係発展のための英断だ」と評価し、会場の拍手を浴びた。その上で「誠実な態度で履行されなければ問題は永遠に解決されない」と強調。「合意が履行されずに再び両国関係が冷え込み、私たち同胞はまたも息を殺して生きなければならないのか」と切々と述べ、「(韓国)国民の冷静かつ賢明な判断と、日本政府の冷静な対処」を求めた。
事ここに及んで、日韓合意が必要であり、用日作戦を存続せよとは、なかなかにスゴイ話。



しかしそれは、韓国という国にとっては無理難題である。
「国民の冷静かつ賢明な判断」とは、日本を踊らせて利益を搾り取れ!というに他ならない。なかなか素晴らしい見解だな。そして、それは正解でもある。実現不可能であると言う点を除けば、だが。

 民団は在日韓国人の最大組織。新年会には日韓の国会議員ら約800人が出席した。日韓議員連盟会長を務める額賀福志郎元財務相(自民)は、日本政府が慰安婦像設置への対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させたことを「(日韓合意による)国と国との約束を守っていくため、初心に帰ってがんばろうというメッセージだ」と語った。
事ここに至って、民団は日本政府側に媚びて見せた。
多分、これが日本側にとって譲れない一線である事を、冷静に判断したのだろう。いや、外務省に潜むモグラが譲歩しうる最低限のラインの割り出しでもやったに違いない。
 一方、共産党の小池晃書記局長は慰安婦像設置には言及せず、「日本政府は過去に元慰安婦の人権を著しく侵害したことへの誠実な謝罪が必要だ」と主張。
まあ、政治家の中にもスパイは沢山いるんだけどね。



そんな中、自民党は辛辣で何よりである。
 また、額賀氏は同日、韓日議連の徐清源会長と都内で会談。関係改善のために韓国政府に具体的な対応を促すよう協力を求めた。
尤も、自民党と手信用できるとは限らないのが政治の世界での常識であろう。
民進党は何も読めない風見鶏だが、自民党は党益の読める風見鶏。その程度の違いでしか無い。国民にとってどちらがマシかは自明であるが。

今後、どのような流れになるのかさっぱり分からないが、韓国側の動きとしては至極単純だ。「何もできない」だ。何しろ、政府が麻痺した状態なのである。クネクネが権限を持っている時代の方が、まだ決断できるだけマシというから救えない。

そして日本側の対応は決まっている。相手側のボールを待つ、それだけだ。
既にこの問題は日本として決着が付いた話。韓国側が韓国国内の問題だと認識するまでは疎遠にできる様に動くしか無い。貴重な機会なので、この時間を使って国内の不穏分子を整理するのも良いかも知れない。

……最大の問題は、トランプ氏率いるアメリカがどう動くかなのだが、政権基盤固めが先だろうから、こちらも直ぐには動けないだろうね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652017年1月13日 13:15

    「用日」ですか...直接の関係は無いのですが、非常に腹が立った韓国の新聞記事があります。長文を引用しますが、ご容赦ください。

    ソース)中央日報「【コラム】韓国が厄介な隣国と生きていく姿勢」2017年01月11日
    >複雑な過去の歴史では決して譲れないが、完全に恨み合って生きてい
    >くのも難しい。特に経済の面ではそうだ。このために前面に出した
    >のが「政経分離」という原則だ。政治的な葛藤は避けられなくても
    >経済協力をひっくり返すのは双方にマイナスという判断だった。
    >日本が慰安婦少女像を口実に通貨スワップ協議の中断を宣言したのは
    >このコンセンサスを破った偏狭な行為だ。
    (中略)
    >国際金融市場に暴風が予告されている状況で我々としてはすべての
    >手段を動員し、最大限の防壁を高く築かなければいけない。さらに
    >日本は米連邦準備制度理事会(FRB)と「無制限通貨スワップ」
    >協定を結んでいる数少ない国だ。韓日通貨スワップが締結されれば、
    >間接的にFRBの「ドルの傘」に入る効果が生じるという意味だ。
    (中略)
    >原則を守って堂々と、その一方で緻密に賢く。「厄介な隣国」と
    >生きていくための姿勢も結局そういうものではないだろうか。

    つまり、要約すると、こんな感じでしょうか。
    ・政治と経済は別の話(と韓国は考えている)
    ・日本が韓国の判断・行動を無視したのは卑怯だ
    ・日本は(自国の利益を無視して)韓国を米国の「ドルの傘」に入れろ
    ・韓国は、自分の行動原則を推し進め、緻密にズル賢く、外交する

    身勝手すぎる内容で、腹が立ちました。
    別のまとめ記事ですが、韓国人が「無視される圧迫は、圧迫ではない」とも言っています。
    韓国が日本側の反撃を無視するなら、より強い圧迫を加えるべきと考えます。

    返信削除
    返信
    1. ああ、このコラムは確かにムカつきましたねぇ。
      それも御丁寧に日本語版で出す始末。

      圧迫が足りないという、マゾにはもっと圧迫を加えてやるか……、関わらずに放置するのも手かと。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。