韓国大統領代行、「時間をくれ!」と寝言

勝手にすれば?

少女像問題「少し時間必要」=克服へ努力強調-韓国大統領代行

(2017/01/23-11:32)
 【ソウル時事】韓国の黄教安大統領代行(首相)は23日、記者会見し、釜山の日本総領事館前に設置された少女像をめぐる問題について、「少し時間が必要だが、必ず克服できるよう努力する」と強調した。
この話は終わった話なので、今さら蒸し返されても困る。



大統領代行の権限が、どれ程協力なのかは知らない。
が、「少し時間が必要だ」などといいつつ、韓国政府が何もやっていないことは明白である。
 少女像設置問題に関して日本政府は対抗措置のため一時帰国した長嶺安政駐韓大使の帰任を先送りし、韓国側の具体的対応を促している。こうした中で黄代行は記者会見で問題解決を目指す姿勢を強調した。ただ撤去に反対する国内世論を意識し、具体的対応策には踏み込まなかった。
何しろ、釜山にニセの慰安婦像が設置されてから既に1ヶ月近く経とうとしているが、政府側から釜山の行政に正式に働きかけたことは一度も無い。

韓国・釜山の少女像、撤去の考えなし 地元区庁長が強調

朝日新聞デジタル 1/19(木) 12:15配信
 韓国釜山の日本総領事館前の歩道に慰安婦を象徴する「少女像」が設置された問題で、歩道を管理する釜山市東区の朴三碩(パクサムソク)区庁長が19日午前、像を視察した。終了後、記者団に対し、「この問題を法で問うことはできない」と述べ、東区として撤去する考えがないことを強調した。
それどころか、地元の区長は「撤去しない」とか言い出す始末である。よっぽどの目に遭ったのだろう。



この区長、凄い事を言っている。
>記者団に対し、「この問題を法で問うことはできない」と述べ
韓国ではニセの慰安婦像は超法規的な位置づけにあるようだ
そして、撤去について、区は関与しないと明言している。
 朴区庁長は日本政府が撤去を求めていることについて「東区ではできない。力がない」と述べた。一方で、少女像を保護するため、監視カメラを設置する方針を明らかにした。
 韓国外交省は、政府や自治体、市民団体が適切な場所に移転することを話し合うべきだとの考えを示している。ただ、朴区庁長は政府側からの連絡は「全くない」とした。
さらに区長は「政府からの連絡は全く無い」と明言している。
まあ、韓国人の発言を鵜呑みにするのは危険だが、少なくとも釜山東区の態度が硬化していることだけは明白である。
 釜山の少女像をめぐり、東区は当初、設置を目指す市民団体側に別の場所を提案し、必要な法的許可は出さなかった。昨年12月28日に設置が強行された際には強制撤去したが、東区に抗議が殺到したこともあり、朴区庁長が設置を容認した経緯がある。
当初は、設置許可は出さず、設置が強行された際には警察などを出しての強制撤去を行った。
しかし、その事で猛烈な抗議を受けたようで、簡単に膝を折ったというわけだ。



そのヘタレぶりはなかなかのものである。
写真・図版 こんな貧相な像を設置させておきながら、こんな事を言い出す始末。

釜山の少女像「永久的な保存を」 地元区庁長が発言

2017年1月17日19時52分
 韓国・釜山の日本総領事館前の歩道に慰安婦を象徴する「少女像」が設置された問題で、歩道を管轄する釜山市東区の朴三碩(パクサムソク)区庁長は17日、「少女像の永久的な保存管理策が必要だ」と述べた。聯合ニュースが電話で取材したとして報じた。設置した市民団体側と面会する考えも示したという。
区が面倒をみて、監視カメラまで設置。
永続的に保存する気らしい。



日本に出来ることは釜山の総領事館の撤収と、ソウルの大使館の撤収くらいしか無い。
実のところ、ソウルの大使館は移転の計画が出ていた。

慰安婦像が原因で在韓日本大使館の建て替え工事が中断?突然土が埋め戻される=韓国ネット「貴重な文化財が出たのかも」「慰安婦像を埋めて隠した?」

配信日時:2016年5月19日(木) 12時40分
2016年5月19日、韓国・聯合ニューステレビによると、ソウルの在韓日本大使館は昨年から建て替え工事が行われているが、このほど、一度掘られた地下空間に土を埋め戻す作業が行われていることが確認された。
このニュースは、日本でも報じられている。

ソウルの日本大使館敷地から出てきたモノは? 慰安婦像に影響も

2016.1.11 20:28
 【ソウル=名村隆寛】改築のため解体されたソウルの日本大使館の敷地から、李氏朝鮮時代後期の建物の遺構らしきものが発見された。聯合ニュースTVが11日に報じたもので、現場からは建物の礎石のほか、磁器や瓦の破片が見つかったという。
韓国の日本大使館の移転は、2020年を目処に行われるハズなのだが、何故かその工事は中断してしまった。
改築のために解体を始めたら、敷地内から遺跡が出てきちゃったのである。この後の推移がハッキリしないが、レコードチャイナの報じるところによると完全に作業は中断している模様。
まあ、大使が一時帰国している状況では、更に話が進まないのだろうな。



そんな訳で、撤去の必要がある像が未だに居座っている。
それどころか世界各地に増えつつあるのだから質が悪い。もちろん、日本政府は広義の意味を込めて大使を一時帰国させたが、その後どうするかは決まってすらいない。

一時帰国の駐韓大使ら 帰任は当面見送る方向に

1月19日 17時11分
安倍総理大臣は、慰安婦問題を象徴する少女像が新たに設置されたことを受けた韓国への対応をめぐって、岸田外務大臣と協議し、韓国側の対応を見極める必要があるとして、一時帰国させている韓国駐在の長嶺大使らを戻すのは、当面、見送る方向となりました。
冒頭の大統領代行の発言は、これに対応するものだと考える。が、そうだとすると、当分、韓国に大使は不要だと言う事になる。
まあ、韓国の国政が麻痺している現状で、大使に出来る仕事もそれ程多くは無いのかも知れない。
ゆっくりされてはいかがだろうか。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント