ミニロケット「SS-520」打ち上げ失敗

失敗は悪いことじゃない。失敗を繰り返すのがマズいんだよね。

ミニロケット打ち上げ失敗 データ受信できず飛行中断

1月15日 10時30分
超小型衛星を安い費用で打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは、15日午前8時33分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられましたが、機体の状態を示すデータが途中で得られなくなったため、飛行を中断し、打ち上げは失敗しました。
今回は残念だった。



SS-520のニュースは以前にも取り上げている。
割と枯れた技術を使っての打ち上げという風に聞いていたが、残念ながら失敗だったようだ。

世界最小クラスのミニロケット打ち上げ 成否は午前中に判明

1月15日 8時37分
打ち上げが天候の影響で延期されていたJAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは、超小型衛星を搭載して15日午前8時33分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。搭載した超小型衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げが成功したかどうかは午前中に判明する見込みです。
SS-520は世界最小クラスのミニロケット。
JAXAが新たに開発した高さ9メートル50センチという世界最小クラスのミニロケットは超小型衛星を搭載して、15日午前8時33分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。
打ち上げ20秒後にデータが途絶したので、2段目の着火を見送り。事実上の失敗扱いである。なお、通信が途絶したためにシーケンスを中止したが、レーダーなどの確認から第1段は正常に燃焼し、分離も確認できているようだ。



ミニロケットの打ち上げの難しさに関しては、今後検討されていくだろうが、「H2A」や「H2B」の打ち上げ成功のニュースに慣れていたので、この報道にはちょっと残念な気持ちになった。

実はこのロケット、今回打ち上げられたのは4号機。
1号機は1998年に、2号機は2000年に、それぞれ打ち上げている。民生品を宇宙で使うという実証の積み重ねも兼ねた打ち上げだったので、今回の失敗は体制に影響ないとのことだが、失敗した原因というのはしっかり追求して欲しいね。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. これを糧としてより成功率を上げてもらいたいですね。どこぞのK国のようにはならないように願います(笑)
    冗談はさておき、失敗は別問題ですが日本のロケット技術の高さを示していると私なりに(無知ですが)考えています。

    返信削除
    返信
    1. 今回の失敗、打ち上げスペシャルではなく、民生品流用での低コスト化が狙いとのこと。
      今や宇宙開発も安くなければならなくなったワケで、そういう意味では問題の洗い出しになるケースとして、今回の失敗もまた貴重なデータと言えます。
      寧ろ、失敗しない宇宙開発の方が怖いので、良くも悪くも今回の事を糧にして次の成功に繋げて欲しいと思います。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。