2017年2月1日水曜日

【狂犬】マティス氏、韓国に釘を刺した模様

マッド・マティスという単語が頭を過ぎったが、ここまで上り詰めた人材である。無能なはずも無い訳で。

韓米国防相「THAAD配備計画通り推進」

記事入力 : 2017/01/31 09:38
【ソウル聯合ニュース】韓国の韓民求(ハン・ミング)国防部長官は31日午前、マティス米国防長官と電話会談し、北朝鮮問題や米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」配備問題などを協議した。
韓国の国防部長官、言わされちゃった感満載だな。ガブリとやられたらしい。



さて、先日、こんなニュースがあった。

今や、アメリカでも日本のメディアでも袋だたきに遭っている状況のトランプ氏だが、個人的には自分が出来ることを次々とスピード感をもって実行している有能な人物に思える。惜しむらくは、日本に対してその有能さがプラスに働いていないように思える点だな。

韓国の大統領代行と電話会談 同盟重要性を確認 北朝鮮の脅威に共同防衛

2017.1.30 11:34
 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は29日、韓国の黄教安(ファンギョアン)大統領代行(首相)と電話会談し、米韓同盟の重要性を確認するとともに、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の脅威に対抗するため共同防衛能力を強化する措置をとることで一致した。ホワイトハウスが発表した。
そのトランプ氏が切った札がこれ。
「米韓同盟の重要性を確認」はリップサービスだと思うが、「核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の脅威に対抗するため共同防衛能力を強化」は間違いなくTHAADのことである。
このニュースを受けて韓国は大喜びだったようだが、まさかそのままの意味で受け取った訳ではあるまい。少なからず、韓国政府や韓国軍は、この発言の重みを、身を以て知る事になる。
 トランプ氏は黄氏に対し、「米国は韓国を防衛するため断固とした責任」を果たすと強調した。そのために、核戦力を含む拡大抑止を提供し、あらゆる軍事力を使うと約束した。
アメリカは韓国を核の傘の下に置く意思を示し、「あらゆる軍事力を使う」と約束している。
大盤振る舞いだな。



だが、マティス氏が訪韓するにあたって、電話会談をした冒頭のニュースでは、THAAD配備を確約させた。
 2人は中国が強く反発しているTHAADの韓国配備を計画通り推進することを確認。北朝鮮問題では金正恩(キム・ジョンウン)政権が状況判断を誤り挑発する可能性があるとみて、有事の際に直ちに対応できるよう準備態勢を維持することで一致した。
オバマ氏が大統領だった時代には、THAAD配備は韓国の外交の見せ札の1つだった。
だが、トランプ氏はそれ程甘くなかったようだ。何しろ、会談前にそのカードを潰しちゃったのである。もはやTHAAD配備に関して「予定通りに配備しない」という選択肢は韓国には無くなった。

中ロ、THAAD反対を再確認「もう一歩踏み込んだ対応措置を」

登録 : 2017.01.13 21:22修正 : 2017.01.14 01:38
 中国とロシアがTHAAD(高高度防衛ミサイル)の韓国配備に対する反対の立場を再確認し、「もう一歩踏み込んだ対応措置」を取る方針を明らかにした。
ロシアと支那がTHAAD配備反対で手を結んだ演出をしていたが、実のところロシアはこの話にあまり乗り気では無い。

国外相「THAAD配備を一時中断すれば韓中の折衝点を探せる」

2017年01月05日07時35分
  中国の王毅外相が韓国政府の高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備を一時中断すれば韓中両国が相互理解可能な折衷点を探すことができるという考えを明らかにした。
支那は余程余裕が無いと見えて、陰に日向にTHAAD配備をやめろ、いや、一時中断でも良い、とか圧力をかけている。ロシアとは対称的に映るが、この余裕の無さは支那国内の情勢悪化も影響しているのだろうな。



実は、日本もTHAAD配備の話がある。

日本「THAAD導入は自主的決定」

登録 : 2017.01.15 22:23修正 : 2017.01.16 06:39
 日本が自国のミサイル防御(MD)態勢を強化するためにTHAAD(高高度防衛ミサイル)の導入を本格的に検討する姿勢を見せ、この問題に関する韓日両国の違いに関心が集中している。
だが、日本の場合は今更感が強い。
日本と韓国とのTHAAD配備に関する大きな違いは、日本は自衛隊にTHAADを配備し、運用しようという計画であるのに対して、韓国は在韓米軍がTHAADを配備し運用する計画なのである。
加えて、日本の場合、既にXバンドレーダーが2箇所に配備されている。
配備箇所は青森と京都。
詳しい記事はJSFさんが解説しているので、引用しておこう。

韓国配備のTHAADレーダーと日本配備のXバンドレーダーの関係

2016/9/8(木) 22:57
韓国に配備することが決まった在韓アメリカ軍のTHAADですが、これに使われているXバンドレーダー「AN/TPY-2」は日本の青森県車力と京都府京丹後に配備されているXバンドレーダーと同じものです。これらはデータリンクで繋がり、お互いをカバーし合う事が出来ます。
実のところ、日本に同じXバンドレーダーを青森や京都以外に更に追加したところで、支那にとってたいした痛手にはならない。



……図があると分かり易いよね。
500km
1000km
探知範囲が1000kmを超えると言われるTHAADに用いられるXバンドレーダーを、支那やロシアが配備して欲しくない理由は、この図を見れば一目瞭然である。



まあ、そんな訳で戦う前から敗北してしまった韓国外交だが、これも大統領が弾劾準備に入って不在というのが大きいだろう。

で、アメリカさんは先に韓国にTHAADについて釘を刺しちゃったので、じゃあ、韓国に行って何の話をするのだろうか?
まあ、大方、戦時作戦統制権の返還絡みの話でもするのだろうな。

アメリカ「いつ返すの?今でしょ」
韓国「……」

同盟の深化でも狙って突っ込んで話をすると思う。だって、戦時作戦統制権をアメリカがいつまでも握っていたら、それは同盟関係では無いもんね。
がんばれ!


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

8 件のコメント :

  1.  戦争や安保外交での中立政策は、勝った側から不信感を持たれ、負けた側から助けてくれなかったと恨みを買う、中小国には損しかない政策。
     韓国人の大好きな、どちらからも好条件を引き出してやろう外交の結末が、両陣営国からの軽蔑だということに、韓国人は永遠に気付かなそうです。

    返信削除
    返信
    1. コウモリ外交と言われる所以ですな。
      イソップではコウモリはどうなったのか、という話。

      あー、韓国では読まれてないかも知れません。

      削除
  2. この流れがアメリカからの対韓スワップ再開への圧力にならなければ良いのですが…

    返信削除
    返信
    1. まあ、なる可能性はあるでしょう。
      ただ、トランプ氏の動向が読めないので、どうなるのかは。

      削除
  3. 滅びろトンスル野郎

    返信削除
    返信
    1. まあ、勝手に滅びて頂けると助かるわけです。
      でも、適当に滅びられると北朝鮮がまた増長するので、一緒に滅びて貰えると。

      削除
  4. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652017年2月2日 3:17

    そういや、マティス国防長官は、元海兵隊大将だそうですね...(前の記事に絡めて)

    アメリカからの対韓スワップ再開への圧力にはならないと思いますよ。
    なったとしても「連中は条約・合意を守らないので」で拒否できるでしょう。
    トランプ大統領はビジネスライクだから、契約・合意・約束を守らない連中を嫌うでしょうから。
    ビジネスの根本は「信用」なので。

    返信削除
    返信
    1. マティス氏が真っ先に訪韓したと言うことで、アメリカとしては韓国に対して軍事的な意味に重きを置く、というメッセージを出した事になるのでしょう。

      ただ、約束が守れないことがハッキリしたときに、アメリカはどうするんでしょうねぇ。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。