借金漬けの韓国人世帯が増加

減る理由は無いので、増えるのは当然である。

借金返済で限界まで追い込まれた韓国人世帯、4年で49万世帯増

記事入力 : 2017/02/21 08:31
 家計債務の返済負担で限界的な状況に追い込まれた世帯が2012年の132万5000世帯から昨年には181万5000万世帯となり、4年間で49万世帯増えたとする分析結果がまとまった。
ただ、韓国には切り札の「徳政令カード」が存在するので、借金に関してそれ程心配する必要は無いと思う。問題は、国としての信用が怪しいのだが……、既に無いので安心して実行すると良いよ。



以前も韓国の3重苦の話を何処かで書いた気がする。
2017022100608_0
見事に増えているが……、2015年から角度が鋭角になっている理由は??クネクネ大統領就任は2013年だよね。
記事を漁ってみたのだけれど、それらしいものは出てこない。

【コラム】2017年の住宅市場大乱を避けるには=韓国(1)

2015年12月03日13時25分
  2017~2018年の住宅市場大乱説が広がっているのは良いことだ。警戒心を持って経済主導者が総力対応する契機にできるためだ。2年ほど後には韓国の住宅市場がハードランディングして価格が落ち取り引きが途絶えるだろうという警告は説得力ある。今年の住宅許認可と分譲量が過去最大を記録中であるのは普通ではない。これら住宅の入居がピークとなる2年後には市場が供給優位に急反転する可能性がある。しかもこの時は生産・消費の主力人口が減少する「人口の崖」と大統領選挙にともなう政策混乱などもかみ合わさる時期だ。ややもすると世界的な資金事情悪化のような外圧でも加われば事態はひどいことになりかねない。
ただ、韓国の不動産バブルは既に弾けているので、軒並み住宅が売れずに転売に失敗、みたい話は転がっている。
そして、この2015年の中央日報のコラムは「住宅市場のハードランディング」を予想している。そんな訳で、韓国の家計に影響している可能性は高いだろう。



冒頭の記事でもその様な事が触れられている。
 それによると、金融債務がある世帯に占める限界世帯の割合も12年の12.3%から昨年には16.7%へと上昇したことが分かった。30代が無理にローンを組んでマンションなどを購入しているためだ。金融債務がある30代世帯に占める限界世帯の割合は12年の11.7%(28万9000世帯)から昨年には18.0%(36万2000世帯)に増え、年代別で最も急増した。60代の限界世帯の割合も18.1%と高く、自営業者に占める限界世帯も20%前後の高水準だった。 
そして、ここにアメリカの金利政策が大きくのしかかる可能性が危惧されているわけだが……、韓国の場合は北朝鮮リスクに加えて、ロシアや支那からのTHAAD絡みの制裁。さらに鳥インフルエンザや口蹄疫の影響がかなり心配される。

食品の価格も上がってきているとのこと。

あれこれと理由…次々と値上がりする食品物価=韓国(1)

2016年01月13日16時13分
  年初から庶民の生活と直結する「食卓物価」が次々と上がっている。供給量減少、税金引き上げ、ウォン安など価格上昇要因が重なる状況だ。昨年の消費者物価上昇率は0.7%だった。消費者が今年体感する物価上昇率はこれより大きく上回る見込みだ。
1年前もこの状況だったが……。

消費者物価急騰におののく韓国…政策目標達成も「庶民は死んじゃう」「既にスタグフレーション」の悲鳴

2017.2.17 07:00
 景気後退と物価上昇が同時に発生する「スタグフレーション」の危機に、韓国経済が見舞われている。韓国統計庁が2日発表した今年1月の消費者物価指数は前年同月比2.0%増の102.43と急激に上昇した。
景気が後退して、物価が上昇するスタグフレーションの状況を迎えているというのが最近の状況である。



2016年12月にはアメリカの金利が上がっているのだが、再び引き上げるとの観測がある。

韓国、米国の金利引き上げを恐れる理由

2016年12月16日09時02分
  米国の基準金利の引き上げに伴い、韓国経済にも少なくない衝撃を与える可能性があるものと見られている。
  15日、米国連邦準備制度(FED)は政策金利を年0.50%から0.75%に0.25%上げた。韓国銀行は同日、基準金利の凍結を発表したが、米国の今回の金利引き上げが韓国の不動産市場に悪材料として作用するという懸念が高まっている。
金利が上がれば、負債も膨らんでしまう。
 政策首席秘書官室は「最近家計債務の限界世帯が増え、金利上昇と所得減少による衝撃に非常に弱い状態だ。低所得層、自営業者、青年層、高齢層、ハウスプア(住宅購入後に困窮する人)などの返済能力を高めるために現状に合わせた対策が必要だ」と指摘した。
何か対策を打ちたくても、現在の韓国は弾劾裁判待ちで、政府の動きは驚くほど鈍い。決定権を持つ大統領不在の上、与党と野党のパワーバランスが逆転しているのだから、どうしようも無いな。

残念ながら、韓国の企業負債も深刻度を増している。
輸出も不振で、更には海運業が死滅寸前。

いきなりデフォルトという事態にはならないだろうけれど、苦しい状況には変わりない。反日エンジンを噴かすしか無いね!



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント