2017年2月9日木曜日

支那も認める臓器市場の存在とその闇

衝撃的だな、オイ。
大紀元のネット記事を読んでいたら、出てきたんだよねぇ。

中国の臓器市場に注目 臓器取引と移植ツーリズム、バチカンで議論

2017/02/08 22:48
 中国は10年前から、国家主導で収容者から強制的に臓器を摘出しているとの疑いが持たれている。このたび、バチカン市国では国際的な臓器移植サミットが開かれ、中国代表団は疑惑の臓器調達システムを「見直した」ことをアピールした。いっぽう、生命倫理の専門家らは「いまだに中国は収容者の臓器を奪取している」と指摘している。
こ、公式に、コレまで認めてなかったよね?「見直した」って、少なくともそれまでは有ったことを意味しないか?



さて、大紀元ソースというのが若干気になるところだな。

何しろ、大紀元は法輪功系列の話が得意なメディア。支那の臓器狩り問題も定期的に取り上げていて、その被害者は法輪功関係者であると、そういうスタイルの報道が多い。
 国際的な調査によると、臓器強制収奪の犠牲者の多くは、死刑囚ではなく、弾圧政策以後に大量に拘束され行方不明になった法輪功学習者や、ウイグル人、チベット人、地下教会信者など、共産党政権において「不都合な」人物であり、大多数は無実の人々「良心の囚人」と考えられている。
今回の論調もまた、同様の構成になっている。

中国、受刑者からの臓器摘出が依然続くか 人権活動家らが報告

2016.06.23 Thu posted at 19:49 JST
(CNN) カナダの人権活動家らは23日までに、中国で処刑された受刑者から臓器を摘出する行為が依然として広く組織的に行われているとの報告書を発表した。中国共産党と意見の異なる人々が臓器摘出のために殺害されているとも指摘している。
去年、CNNでもこの様なニュースを取り扱っていたようだが、報告の内容は「人権活動家」による調査が元になっている。
中国政府は適法な臓器移植の件数を年間約1万件としている。一方、今回の報告書では、中国の病院で行われている臓器移植の件数は毎年6万~10万件に上ると推定。中国政府と共産党、病院、医師らは共謀関係にあるとしている。
何とも血生臭い話だな。
ただし、この情報については大紀元の方にも引用する形での言及がある。恐らく、情報の出所は同じだと思われる。



とはいえ、冒頭の様に支那の当局も「見直した」という話をしていることを考えると、少なからず疑われる実情を認識しているのだろう。

「過去を蒸し返すな」中国、臓器調達システム改革をアピール

中国代表団は今回、収容者の臓器利用という国際的な批判の声に応じた。すでに臓器移植にかかる違反者を数十人の逮捕し、18の医療機関を閉鎖したが、いっぽう新たな臓器調達システムを構築したと主張した。
それどころか、「過去を蒸し返すな」とまで言う始末。
違反者を逮捕、18の医療機関を閉鎖と、疑わしいルートを潰したことが開示されている。
 また、黄潔夫代表は「中国は数年後、倫理面には異論の余地のない形で、臓器移植世界一の国になる」と強弁を張った。
……実例が多ければ、そりゃ、色々な蓄積があるよね。
中国衛生部によれば、2015年に国内の移植臓器は、死刑囚または収容者からの使用を停止したと主張しているが、国際的な医師団「強制臓器摘出に反対する医師団(DAFOH)」は7日の声明で、「強制臓器摘出が中国で行われていないという証拠はない」「その逆で、継続しているという証拠がある」と指摘。
支那に透明性を求めることは、ほぼ不可能だと思うんだ。



どうやら、この議論の場では「証拠を出せ」「政治的な論争を持ち込むな」と、すれ違って話はまとまらなかったようだ。

だが、法輪功関係やチベット関係の後ろ暗い噂は、支那の後にいつもついて回る。「無い事を証明」なんて悪魔の証明は出来ないだろう。しかし、正規ルートで臓器移植が行われている証拠を示せば、その無実は潔白される訳で、やれば良いのである。が、できないのだろうね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。