天安門で軍関係者が自爆テロか?

また、過激な話が出てきたな。

天安門で軍関係者が自爆テロ? 軍内では箝口令も

2017.02.15 07:00

 2月初旬の早朝、中国の北京市中心部に位置する天安門広場の天安橋に軍用のジープが衝突、炎上し、通行人2人が負傷した。現場は毛沢東主席の肖像画が飾られている天安門の数メートル先で、まさに広場の中心部。観光客でごった返す時間帯に事件が発生していれば、多数の死傷者が出ていたことも予想される。

支那当局は「事故として調査」しているらしいな。


事故ねぇ……。

 それによると、ジープは猛スピードで広場の横の道を横切って天安橋に激突した。中国では、ジープは軍用車両に指定されており、一般市民は特別な理由がない限り、ジープを購入することが難しいとされる。このため、ジープは軍用に限られることが一般的なため、事件発生後すぐに公安車両が現場周辺を封鎖し、市民の通行を規制した。

少なくとも「事故」を起こしたのは一般市民では無いと。事故?現場

これ、どんなスピードで突っ込んだのか。


まー、画像なんかはスゴイ勢いで拡散するので、箝口令は意味が無いよね。

 RFAが目撃者に取材したところ、その服装から運転手らは中国人民武装警察部隊総部の武装警察隊員で、車内に石油などを積み、自爆テロを計画していたとみられるという。
 インターネット上では、その当時の模様が映像で拡散していたが、手当たり次第に消去されており、現在では中国国内では映像を見ることが不可能な状態だ。なお、日本ではこの動画を貼りつけたブログなども存在する。

この状況が正しいとすると、かなりテロの疑いが濃厚だが、その「石油」はどうしたんだろうな。

ちなみに、日本の報道機関は、というと……。

北京・天安門前で車両横転

2017/2/3 19:00

 【北京=多部田俊輔】中国・北京市内中心部の目抜き通り「長安街」の天安門前で、3日午前7時20分(日本時間同8時20分)ごろ、1台の車両が横転してひっくり返り、白煙を上げた。インターネット上の事故現場とされる写真や映像をみると、横転したのは軍用を示す白いナンバーの車両で、現場は騒然となり治安当局は付近を一時的に封鎖した。

事故でした-、と言う体になっているな。

天安門前で車横転、事実に基づかない情報をネットで拡散させた2人を拘束―中国

配信日時:2017年2月5日(日) 9時10分

017年2月4日、中国・北京市の警察当局は、同市中心部の国家博物館北側で3日起きた車の横転事故に関連し、事実に基づかない情報をインターネットに書き込み拡散させたとして、河北省の女(29)と吉林省の男(33)の計2人を刑事事件の容疑者として身柄拘束する「刑事拘留」したと発表した。2人は容疑を認めているという。新華社が伝えた。

そして、情報拡散した人は逮捕と。


この情報は拡散後、すぐ削除された模様。

天安門で再び車炎上 「敏感」情報すぐさま削除【禁聞】

2017年02月07日 21時23分

3日朝、インターネットで1本の動画が話題となりました。動画は同日朝7時過ぎに北京市内にある天安門広場の金水橋前で起こった自動車事故の様子を映したもので、タイヤが空中に放り出され、車体から白い煙が立っています。動画では、「爆発だ」「わざと突っ込んだ」と叫ぶ人の声が入っており、また、駆けつけた警察や武装警察が野次馬を追い払い、事故現場から遠く離れた場所に立入禁止のテープをはっている様子も確認できます。

どうにも、支那当局の対応が怪しいな。

怪しいからこそ、3日の事件が今頃になって騒がれているわけで。

真偽の程はハッキリしないが、軍部の暴走があったと言う風に仮定すると、かなり危うい話になってくる。クーデターという単語がよぎる程度にはきな臭い。


天安門といえば、確か数年前にもテロ行為があったように思う。

結局、ウイグル人の犯行だというテロ事件で決着がつき、多くのウイグル人がこれに乗じて弾圧されたと疑われるニュースが流れていた。

 

この話を想起されるのが嫌で、箝口令を敷いたり情報規制した可能性もあるが、何れにしても軍用車が事故を起こしたとなれば、かなり大きな問題になると見て良い。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. うーん…これ微妙な話ですね。武装警察って新疆やチベット報道で見掛ける連中でしゃう。
    仏の国家憲兵隊や伊のカラビナーゼみたいな「警察機構の権限をもつ軍隊」ですね。
    まぁ陸軍とはツーカーと思います。
    習近平になっても軍のリストラが進まない理由は、リストラされるのが陸軍だからで。剥かしと違って退役後の再就職先がないらしいのですよ。重慶市でビジネスやっている知人(四川省の党幹部の一族。元はロシア国境に近い基地のミサイル士官…核ではない)から話を聞いたことがあります。
    退役リストラ軍人が、マフィア化して年に8000人くらい逮捕されるそうです。日本で年に10分の1の800人の元自衛官が逮捕されたら大騒ぎですよね?
    彼らが黒社会だけだなく、怪しげな新興宗教や暴動の背後に蠢くので、北京政府はヒヤヒヤしてると。軍拡の為には陸軍をリストラして、江南の海軍を増強するしかないのですが、それをやると地方で仕事にアブれた元軍人が、大挙して黒社会に入るので、社会不安を増大させると。武装警察は陸軍の退役者の就職先の大手ですから、そういう不満もあるのではないかと。

    とはいえ?な部分も多いです。
    北京ですから!
    北京は「中国のアキレス腱」ですので。
    あの国は海に向けてお椀のような地形になってます。北京から下は、南京や上海あたりまで遮る山の殆どない平野です。
    北京を押さえられると、戦車や騎馬軍団で、一気に攻め落とせるのです。
    かつての日本軍(太平天国だか義和団だかの後始末で、日本軍は北京に駐留権を持ってました)の破竹の勢いを観ても解ります。
    元→明→清→人民共和国と、近世から長期政権は常に北京を首都にしてますでしょ?
    明の二代皇帝は南京に首都を置いて、北京を本拠にした大宗に簒奪されてます。南京に首都を置いた民国政権は台湾に追われました。
    それだけ北京の護りは別格なのですよ。

    唐朝が藩鎮に瓦解されて以後、近代の張作霖まで、地方兵権を強化すると軍閥化するので、首都に精鋭を置くのは支那の伝統です。
    これは海軍主体な現在も同じはず。
    そして「人民解放軍」は「国軍」ではなく「党の軍」です。もともと軍と警察の境が曖昧な国故に、北京の治安組織に選ばれる隊員は、祖先まで遡り思想的な背景を調べられると聞きます。そうそう不満分子が組織を作れるとは思えない部分もある。
    それに習近平はかなり軍管区の整理で、反習派閥を追放して、治安組織を掌握してるとも聞きます。今、反習派が事件を起こすならば、中途半端なミッションはやらないと思うのです。
    芋づる式に粛正される口実を習に与えますから。
    胡錦濤が海軍の視察で、暗殺を試みた護衛艦から砲撃されて死にかけた事があります。やるならばアレくらいの事件で来る気がするのですけどね。あるいは天津の爆発クラスの事件でないと、反乱側が危ないですから。
    どうも煮え切らない事件ですね。

    返信削除
  2. しかし気になる。治安関係者が反乱するとしたら、やはりカネ絡みでしょうね。
    江沢民時代には解放軍の企業活動が大流行しました。私も当時の勤め先から、大連のホテルに派遣されたのですが、多数の元兵士を観ました。
    (私も元兵士だから、挙措や立ち方で解る)
    胡錦濤政権はこの軍の経済活動を禁止しましたね。
    それで沢山の鉄道、ホテル、港湾施設、倉庫、建設などが売却されました。それらは主に陸軍の退役者の再就職先のはずでした。
    その後、解放軍のリストラは加速してます。
    北京での事件が、当局内部からの攻撃であるのならば、飯の種を奪われリストラされる軍人の不満と関係があると思います。

    返信削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。