高江ヘリパット工事費が増えた理由

反対派に請求しろ!

1億9千万円が11億6千万円に 高江ヘリパッド工事費、増えた理由は

沖縄タイムス 3/1(水) 7:25配信

 米軍北部訓練場の一部返還の条件だったヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設事業で、沖縄防衛局が発注後に契約を変更し、工事費がN1地区で約1億9千万円から約11億6千万円と6・1倍に、G地区で約2億1千万円が約11億3千万円と5・4倍に膨らんだことが28日分かった。

沖縄タイムスにしては、不都合な真実を報じたものだ。……いや、最後まで読んだらやっぱりいつもの調子だったのだが。


この手の建設費は安く済む、なんてことはまずあり得ない。

よって、高くなるのは想定内ではあるのだが、それにしても5倍以上とは恐れ入る。

 同事業では、二つのヘリパッドと進入路などを整備するN1地区で9回、一つのヘリパッドを建設するG地区で8回、契約を変更。事業は続いているため、さらに増える可能性がある。平和市民連絡会の北上田毅さんが情報公開請求で資料を入手した。
 いずれも一般競争入札。N1地区では2014年1月に1億8900万円、落札率96・8%で北勝建設、G地区では15年1月に2億520万円、落札率92・1%で仲程土建と契約した。

このような価格で落札されたのだが、当然ながら建設会社に予期しないトラブルが発生する。

それが、反対派の行動だ。見積もりに反映されているわけが無い。

それも多少の妨害工作ならともかく、工事車両が身動きとれなくなるレベルと言うから、情けないやら。


反対派は何故か県外からもお越しになった。いや、国外からも多数ね。

 東村高江の集落を囲むように六つのヘリパッドを建設する事業の一環で、県内外から反対する市民らが集まり、抗議活動を展開。着工できない状態が続いたが、政府は昨年7月、最大800人の警察機動隊を動員し、工事を強行した。

当たり前の話だが、着工できなくとも工数がかかる。つまり、費用が発生してしまう。だから、妨害工作をすればその分の費用は嵩む。

更に、機動隊の動員などの騒ぎに発展し、ついにはヘリコプターで資材を運ぶ騒ぎに。

 N1地区では昨年8月に警備業務の追加で、約6億円、同10月に歩行訓練ルート整備やヘリコプターでの資材運輸31回で約3億2千万円を増額した。G地区では同8月に警備業務で約2億8千万円、同10月に資材空輸24回などで約6億2千万円を増額した。

ヘリコプターは燃料をバラマキ奈良が飛ぶと言われる程、燃費が悪い。

当然ながら重量物を搬送すれば、更に燃料が必要となる。

 北上田さんは「5倍、6倍に膨らむのは考えられない。契約をやり直すべきだ」と指摘。昨年12月の北部訓練場の過半返還を急いだため、警備強化、ヘリでの搬入が必要だったと批判し、「許し難いとしか言いようがない」と語った。

北上田さん、誰だよ!と思ったら、平和市民連絡会の人間らしい。つまり、反対派だ。

オマエラが邪魔しておいて、「工事費が膨らむのはおかしい」とか、頭おかしいんじゃ無いのか?

「契約をやり直すべき」って、よくもまあ、そんなことが言えたモノである。


ここで「識者の話」というのを載せているが、その識者というのが沖国大の人間だというのだから話にならない。

 宮田裕沖国大・沖大特別研究員の話 沖縄総合事務局の調整官として沖縄振興の公共事業でダムや空港、道路の整備に関わってきたが8~9回の契約変更や、5~6倍の工事費増というのはあり得ない。異常事態だ。

書いてあるだろう?ヘリコプター搬送や警備費用にかかったって。

誰も、通常の公共事業にこれだけのコストがかかるなんて言っていない。

そもそも公共事業で、警備予算を上積みするのが考えられない。

そして、度を超した抗議行動をやっているのはオマエラだろ?

 

反省と自重をしたらどうなのかと。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. タイで目覚めた日本人2017年3月1日 20:43

    これぞお手本のようなマッチポンプですな。
    建築業者が損害賠償訴訟でも起こせばいいのでは・・・

    返信削除
    返信
    1. この件で本来であれば工事を依頼している側からの損害賠償請求が適当なのですが、国はそうそう動かないでしょう。翁長氏に対しての損害賠償請求辺りならば、公然と批判し、職権を濫用しているので、職権濫用が認定されればあり得ます。
      ただ、その時は10億や20億では済まない額が請求される様な……。

      削除
  2. 国が反対派と同じ手を使ってきたら面白くなりそう
    翁長氏の職権濫用と地元警察組織が正常に機能しない
    事を理由に予算の減額とか・・・。

    パットン将軍は言いました。
    「兵隊に言うこと聞かせるなら奴らの懐を痛めつけるのが一番だ。」

    ついでに翁長氏に対する訴訟を起こすと効果的かも。

    返信削除
    返信
    1. 国としては「国民のため」という建前があるので、なかなか上手いこと立ち回るのは難しいのかもしれませんね。

      しかし、何れにしても毅然とした対応が必要だと思います。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。