2017年3月22日水曜日

沖縄の米軍基地反対運動で、韓国籍の逮捕者が

うん、知ってた。

沖縄の米軍基地反対運動 「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁

2017.3.22 00:17

警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。
知ってはいたが、これが政府の答弁という形で、国会で言及された意味は大きい。



沖縄の米軍基地を巡って、醜いサヨクやパヨクの活動が繰り広げられている実情はこのブログでもお伝えしている。
諸悪の根源ハトが「最低でも県外」などと寝言を言ったために、沖縄問題は混迷を極めることになる。
安倍政権になってから、ようやくその混乱は収束するかに思えたが……。
沖縄県知事に翁長氏が当選してしまったことにより、この問題は再び混乱の中に叩き込まれることになる。
しかし、それでも何とか前進しつつはあるようで、沖縄パヨクの敗色濃厚という様な状況になってきている。
米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。
だが……、そう簡単に終わらないのがこの話。



現実的にも、基地問題は色々難しい側面を持っている。特に米軍基地ともなれば、移民と似たような問題が起こるわけである。
つまり、文化の違いによる摩擦ってヤツだ。
移民問題には諸手を挙げて賛成するパヨク達も、基地問題となると一斉に反対してくる。しかして、その問題の根っこは似たところにある。つまり、異文化との摩擦によって生活が影響されるって点だ。
もちろん、異なる部分も沢山あるのだが。

そうしたわけで、反対派の意見にも耳を傾けるのは吝かでは無いのだが、どうにもこの問題はややこしい話になっている。それがこちら。
なんと、韓国でのデモで日本の団体の姿が見られたという話なのである。
他国で政治活動するのはどうかと思う。何故ならば、日本では外国人の政治活動は禁止されており、多くの国も外国人の政治活動を禁止しているからだ。それを、お祭りに参加するかの如くがん首を揃えるのはどうかと思うわけだ。

で、冒頭のニュースもこれに関係している。
 9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた。
え?暴力団は関係無い?
いや、関係あるのだ。極左暴力団の中身は朝鮮人である事が多いのだ。

ヤクザ社会における在日韓国・朝鮮人の存在感

2016.03.23 16:00
 日本の戦後復興に大きな役割を果たしたのが在日韓国・朝鮮人である。表の政財界だけでなく、裏社会にも、彼らの存在は大きな役割を担っていた。在日三世のジャーナリスト・李策氏が深層を綴る。
NEWSポストセブンでは、戦後復興に在日韓国・朝鮮人が一役買ったぜ!感謝しな!みたいなノリで記事を書いているが、何のことは無い。戦後の混乱期に暴利を貪ったのが在日韓国・朝鮮人なのである。
 これを見ると、全国の指定暴力団21団体のうち、明らかに在日の名を持つ親分に率いられた組織は5団体。そして、これら21団体の構成員は2万を超えるが、そのうちの2割弱が在日の親分に従っている構図だ。日本の総人口に占める在日の比率が、戦後に帰化した者まで含めてもせいぜい1~2%前後であろうことを考えると、「親分の在日比率」はかなり高い。
人数比で行くと、「在日:和同:日本人=4.0%:1.6%:0.0064%」という事になるらしく、これは在日韓国・朝鮮人のうち4%が暴力団員、つまり25人に1人の割合であるという訳だ。「身内にヤクザがいるぜ!」という在日韓国・朝鮮人の台詞は、事実なのだろうね。
ちなみに、推測値ではあるが、暴力団のうち3割が在日朝鮮人であると言われている。
で、逮捕者のうち4人が韓国籍だったというのだから……。



ここで明らかになったのは、沖縄県警が平成27年以降に威力業務妨害などの容疑で逮捕した人間が41人で、うち4人が韓国籍であったという事実。
当然、支那人がいた可能性もあるわけだが、特に悪質な行動をしていた一派の中に外国籍の人間が含まれていたという事実が大いに問題なのである。
定義から行けば、この4人の中に在日韓国・朝鮮人が含まれていた可能性はあり、特別永住者の資格を持っていた可能性もある。
当然、韓国のスパイ・工作員であった可能性もあるわけだ。

ここからも分かる事なのだが、沖縄の基地問題で騒いでいる人々の多くは、組織の運動員だったり、仕事としてやっている人であったり、純粋に基地移設に反対している層では無い人が含まれているのだ。
そして、その数は少数では無い。
もちろん、純粋に地域住民が基地移設に反対する、という事そのものは尊重すべきなのだろうが、しかし、それにしたって自身の有事における安全と引き替えにしてまで騒ぐ話なのかという点と天秤にかける話。しかし、辺野古辺りで違法にテントを建てて、半年、一年と反対運動を続ける人達は、どう考えたってそれを生業としているとしか思えない。そして、そうした人々の意見を聞く必要があるのかは疑問に思う。

してみると、基地問題とは一体何なのか、と、疑問を感じずにはいられない。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. 「大山倍達正伝」でしたか…書名が正確に思い出せないですが…。極真空手の大山総裁、戦後に米兵の乱暴と闘って、千葉の山に逃げ込んで山篭りした…て伝説の空手家。
    実は総連系の在日ヤクザと内ゲバで闘っていたのが実態で、米兵とやりあったのは「すり替え」だった事が明かされてました。総裁は半島の出身者ですから。
    力道山刺殺の犯人も、その所属した東風会は殆どが在日組織でしたし。ヤーさんに半島系がやたらと多いのは周知の事ですね。

    返信削除
    返信
    1. この関連の裁判で、警官が証言台に立つような事があるらしいのですが、現在、顔出しNGでの証言を要求しているようです。

      顔がでたら暴力団に家族が狙われるという理由のようですね。
      ヤクザ映画や任侠映画で美化されている連中ですが、所詮法の外で活動する人達です。「仁」も「義」もあったもんじゃありません。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。