【笑いの殿堂】琉球新報が苦し紛れの社説

偶には、少し肩の力を抜ける話をしよう。

<社説>ニュース女子続編 検証に値せず偏見を助長

2017年3月16日 06:01
 批判に向き合わず事実の検証を欠いては、公正な報道とは言えない。番組の問題を審議する放送倫理・番組向上委員会(BPO)には改めて厳しい審査を求めたい。
むしろ、脱力する話かも知れないな。
琉球新報は、ニュース女子が1時間番組作ったのだから、これに真摯に反論しようね。手抜きなんかしてるんじゃねーよ!

まあ、この話、見方によってはマスコミの内ゲバと言えなくも無いんだけど、評価出来る点もある。
特に東京新聞の長谷川氏の姿勢は、その思想を支持するしないを抜きにして、評価しうるものだ。

報道の自由を標榜するからには、しっかりと議論して欲しい。

で、早速内容に入っていこう。
話のネタはこの動画だ。

先ずは、こちら。
動画の内容は1時間もあるので、見るのが辛いという人もいるかも知れない。けれど、割と見応えありなので、時間を作って見て頂きたい。

でもまあ、簡単にダイジェストを載せておこう。
ダイジェスト
番組では6項目が紹介された。

実はこれの前段となる報道があって、その内容について不満があると言い、のりこえねっとの代表がBPOに訴える辺りから話がおかしくなった。

ただ、本番組は報道バラエティである。もともと事実検証が甘くても、文句を付けられる類の話では無い。そう割り切ってしまえば、この話は終わるのだが、そうした割り切り方がサヨクにはできなかったので話が拗れたのである。


では、報道バラエティなら事実検証をしなくて良いのか?というと、本質的には違うだろう。
ニュースを扱う上では、攻めて独自の検証をしておくべきではある。ただ、本気のニュース番組に比べて、その品質は高くなくて良いはずだ。そうでなければバラエティ番組など作れない。

まあ、そうした話を理解した上で、ニュース女子がどんな検証をしたのか、というと……。
  1. 高齢者を『逮捕されても生活に影響がないシルバー部隊』と表現したのは問題だったのか → ソースは沖縄タイムスとのりこえねっと
  2. 一部の基地反対派の活動を『テロリストみたい』と表現したのは問題だったのか → 動画を見ればテロリストそのものだと分かる
  3. 『なぜ韓国や朝鮮の人が反対運動しているの?』と疑問を投げかけるのはヘイトスピーチなのか → 法案を作った西田議員が明確に否定
  4. 高江のはるか手前の『二見杉田トンネル』で危険だと引き返したのは問題だったのか → 安全に配慮
  5. 現場から拾われた茶封筒には2万円の表記 『反対派は日当をもらっているの!?』と疑問を提起するのは問題だったのか? → そう言った疑いはあり、貰ったという風に証言する人もいた(伝聞調)
  6. 『反対派は救急車の通行も妨害している』という証言の真実は? → 妨害はしているが、救急車は停止はしていない
こんな感じの6項目を挙げて、それぞれを番組内で検証している。
赤字で書いたのは、検証した結果である。

これ、答えやすい6項目を選んだのでは?という疑念を持つ方もいると思うが、この検証項目について琉球新報は意義を唱えていないので、それはさておこう。



で、こうした番組を見た上で、琉球新報は何を言っているかというと、こんな感じだ。
 米軍ヘリパッド建設に抗議する市民をテロリストに例えるなどした東京MXテレビの番組「ニュース女子」の制作会社DHCシアターが「続編」をネット配信した。
 番組の検証をうたいながら、事実を確認すべき当事者取材はおろそかにしたまま、問題のすり替えや意図的な編集など番組の正当化に終始した。
冒頭から、全力で否定している。

この話が琉球新報のレッテル貼りかどうかは、この後の文章にかかっているわけだが、冒頭からこの調子ではねぇ。
批判に向き合わず事実の検証を欠いては、公正な報道とは言えない。
あなたの新聞社は、どうなのよ。
 
まあ、中身を見ていきましょう。
一例を挙げると、抗議の市民が日当を得ているとの番組内容に関し、「日当をもらった」とする当事者の証言を示し得ず、「知り合いがもらった」など伝聞情報にとどまった。
前の番組で、「抗議している市民が日当を貰っていたのでは?」という、噂レベルの話を扱った部分があった。
ここにいきなり噛みついている。

いやいや、最初から最後まで伝聞調だったよね、これに関しては。

もともと「日当じゃ無いか?」という問題提起を番組でしただけで、断定したわけじゃ無かった。封筒に2万円と書かれていて、名前が記載されていた。「可能性があるよ」という話だったのだ。
そして、番組内でも日当を貰うことそのものは否定していなかった。活動家がお金目当てで集まっている、そう言った内情をバラされるのが嫌なのは分かるが、お金が出ているのは事実。それが「日当=給料としてでている」なのかどうかを問題にしているのか、援助金であったかどうかを問題しているのか、琉球新報はそこすら明確にしていない。
番組では「日当だったんじゃ無いの?」「交通費相当のお金が出ているのは事実だよね」という内容で話が展開され、交通費相当が支給されていた点は、乗り越えネット側も否定していない。

また、実名で「貰いました」なんて人が報道で出てきたら、テロリストの標的になってしまうだろう。それこそ危機管理がなっていないと言うことで、報道関係者としてはNGだ。

検証という点において、不確かな内容で終わっていたけれど、それは仕方が無い部分もあるんじゃ無いかと。封筒は日当が入っていたモノだった、と証明する方法は、無いに等しいしね。

次行こう。
市民が「救急車を止めた」と断定した内容を消防本部が否定したが、安全面を考え「徐行した」ことをことさら強調した。
番組見てました?
消防本部の所長は「救急車を止めたこと」に対して「否定」はしたが、それは「妨害」で「止められた事案は無かった」という話であって、反対派によって救急車が現場に到着するような事態は起こっていたことを証言してたよね、所長さん。
 手弁当で参加する市民の声を伝えず、抗議行動が過激で交通を妨げる印象を与える編集手法はそのままで、検証の名に値しない。
「手弁当で参加する市民」は、今回の検証内容とは全く無関係だよ。
確かに、検証項目を恣意的に選んだ可能性はあるけれど、それは琉球新報を始めとするメディアが、問題点をしっかりと指摘しなかったからだと思うぞ。

多分、餌をあげたら喜んで続編作るんじゃ無いかな。



次。
「続編」はネット配信のみで東京MXは放送していない。テレビ放送はBPOの審査対象となる。偏った内容との判断が働き、審査の対象とならないネット配信にとどめたのではないか。
これに関しては東京MXの事情もあるだろうから、何とも言えない。
そのうち分かると思うが……、そもそもニュース女子の内容って全て放映されているのかい?
 BPOは審議入りを決めた際に「明らかに事実の間違いが報じられている。(テレビの)考査の段階で見逃されたことが問題になり得る」との見解を示している。
このBPOの話だって、恣意的に曲げていると思うぞ。
委員会は、放送までの経緯について当該局に報告を求めて討議し、「持ち込み番組でも放送した責任は放送局にある」「番組内で取り上げられている事実についての裏付けがきちんとなされていないのではないか」「放送局の放送前の考査の段階で、報じられた事実についての裏付けの有無に留意するなど番組内容についてのチェックがきちんとなされていたのか」などの意見が出された。
http://www.bpo.gr.jp/?p=8982&meta_key=2016#h_03
これがBPOの該当部分だ。
委員会の意見だよね、単なる。
最終的に、情報バラエティー番組であっても前提となるべき情報や事実については合理的な裏付けが必要であり、裏付けが十分であったのか、持ち込み番組についての放送局の考査が機能していたのかなどを検証する必要があるとして審議入りすることを決めた。
そしてBPOといえども、捏造情報が流されたことを認定したわけでは無く、審議入りするという流れになった。今のところ結論が出たわけじゃ無い。



で、琉球新報としてはBPOに圧力をかけるのを忘れなかった。
 これを看過してはBPOを中心とする放送界の自律的な規制が揺らぎかねない。公正な報道の基盤がモラルハザード(倫理崩壊)の危機に直面している。放送、メディア界の自浄能力が問われている。
「ニュース女子」側にはBPO逃れだ、と言っておきながら、琉球新報の記事はBPOの審査対象にならないのを良い事に言いたい放題である。


そもそも、相手が6項目ちゃんと挙げて検証してきたんだから、せめて社説で6項目に点いての意見を述べたらどうだい?

それとも、触れてはいけない項目でもあるのか?(笑)

個人的には項目4の取材中止、に関しては中途半端な印象を受けた。取材を中止したならば、その部分を放映しなければ良い。一度は中止したが、実際に現地まで行って証言を聞いた、その結果、色々な証言を聞けた、という所まで(検証番組では紹介されていた)やるべきだったと、そう思う。
ただ、これも報道バラエティと言う事を考えると、なんとも。報道バラエティということでの甘えがあったのは事実だろうし、そういう立場で踏み込むべき内容だったのか?は気になるところ。

後はもう、言うことは無い。

まあ、見て頂ければ分かると思うよ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 琉球新報は最近(半年ほど前から)Yahooニュースに表示される頻度が多くなってきていますね。
    なんか、急に資金が潤沢になっているような気がします。
    一応会社組織ですから商業登記簿など確認や決算の状況など「ニュース女子」ならず他のメディアも探って欲しいものです。
    何か・・・怪しい資金の流れがあるようですね。
    まー私の単なる想像ですが。

    返信削除
    返信
    1. 琉球新報を始めとする沖縄3紙の異常性は、もはや国民の知るところとなりましたが、それでもまだまだ知名度が低いです。

      おかしな記事を垂れ流していることは、もっと多くの人が認識するべきでしょうね。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。