アメリカ、北朝鮮を脅す

愉快なことではあるが、トランプ氏はオバマ氏と違って駆け引きを多用するつもりらしい。

米政権、北朝鮮への武力行使も選択肢に

ウォール・ストリート・ジャーナル 3/2(木) 8:42配信

 北朝鮮による核兵器の脅威に対応するため、トランプ米政権が武力行使や政権転覆などの選択肢を検討していることが分かった。政権内部の対北朝鮮戦略の見直し作業に詳しい関係者が明らかにした。東アジアの同盟諸国を緊張させかねない動きだ。

北朝鮮にとっては、このトランプ氏の姿勢は恐怖だろうな。


「やるといったらやる」という断固とした姿勢は、非常に頼もしい。

 米国の同盟諸国は数年にわたって米政権と足並みをそろえ、核開発計画を阻止するため外交・経済面で北朝鮮に圧力をかけ続けてきた。しかし新たな戦略見直しが大幅な方針転換を示唆していることで日本と韓国は不安になっている。北朝鮮は今年に入り大陸間弾道ミサイルの発射実験を行う準備が整ったと発表した時、トランプ氏はツイッターに「(実験は)行われない!」と投稿した。

愉快なことに、トランプ氏はtwitterを多用するので、アメリカの親北メディア達も一切フィルターをかける事ができないのである。

 K・T・マクファーランド大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)は約2週間前、安全保障に関わる政府関係者を集めて北朝鮮への対策を提案するように指示した。従来の考え方からかけ離れた発想でも構わないと言われたと、ある関係者は明かす。北朝鮮を核保有国として認めることから軍事行動まであらゆる選択肢を検討するよう指示された。マクファーランド氏の狙いは、政権の対北朝鮮政策を根本的に考え直すことだったという。

加えて、大統領補佐官の指示も伝えられているので、北朝鮮としてはこれ以上無いほどの恐怖を味わっていることだろう。


この脅しは、言葉だけでは無いのである。

米韓が合同軍事演習 最大規模、北に圧力 最新ステルスも

産経新聞 3/2(木) 7:55配信

 【ソウル=桜井紀雄】米韓両軍は1日、韓国と周辺海域で朝鮮半島有事に備えた合同野外機動訓練「フォールイーグル」を開始した。米原子力空母カール・ビンソンも投入され、約31万7千人を動員した昨年と並ぶ過去最大規模となる見通し。2月に新型中距離弾道ミサイルを発射するなど、核・ミサイル開発を加速する北朝鮮を圧倒的軍事力で牽制(けんせい)する。

アメリカは韓国との合同軍事演習を行って見せている。まさに、脅し目的の何ものでも無いだろう。

 演習は4月下旬まで続き、聯合ニュースによると、在日米軍基地の最新鋭F35Bステルス戦闘機も初投入されるという。

特にレーダーという概念の希薄な北朝鮮にとってはステルス戦闘機の存在は嬉しくないだろう。かつて、B2爆撃機を演習という名目で頭上を飛ばれたことがトラウマになっていたと聞くが、金正恩氏にとってこの一件だけで寿命が縮む思いに違いない。

 

まだ、アメリカも北朝鮮も実力行使には間があるようだが、支那まで敵に回りつつある現状では、北朝鮮にとって籠城は下策。

早い段階で動き出す可能性が高いだろう。

アメリカにとっては、斬首作戦の結構というところまで思い切ることは無いだろうが、北朝鮮に先手を打たせることこそがまさに狙いとも言えるので、今後の展開は見物だろうな。

……西側陣営の不安要素としては、韓国の国内情勢が非常に不安定だと言うことだろう。さっさと韓国が潰走するようなことがあると、アメリカも攻撃拠点を失ってやりにくくなる可能性があるからだ。

 

最悪のタイミングで最悪の札を選び取ることで定評のある韓国がどう動くかも、重要なポイントである。アレは味方にするにはあまりに頼りない存在だから。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 北朝鮮が崩壊したら本格的な戦争になりますから、生かさず殺さず繋ぎ止めておくバランスが難しいですね。

    返信削除
    返信
    1. 何というかこう、構って欲しいので放置していると騒ぎ出すし、相手にすると面倒だしという感じですな。

      ……朝鮮半島はなんて迷惑な存在なのか。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。