2017年3月8日水曜日

アジアの危機と韓国の経済危機

北朝鮮を巡る動きが活発化してきているが、これに巻き込まれているのが韓国である。

日本に続いて中国も?韓国の金融市場に「通貨スワップ」危機=韓国ネット「日本より先に韓国が滅びる?」「国民のプライドを守って」

レコードチャイナ 2017年3月7日 17時30分 (2017年3月8日 09時07分 更新
2017年3月7日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、韓国の金融市場が“安全弁”を失いつつある。国内外の不確実性はいつにも増して高まっている状況だが、日本に続いて中国とも対立が深まり、通貨スワップ協定の締結が不透明になったためだという。
いや、巻き込まれているというのは正しくないな、正しく当事者なのだから。



昨日の記事でも触れたが、北朝鮮を巡る動きは活発だ。
北朝鮮の狙いがいまいちよく分からないが、しかし、韓国を主軸に考えるとそれ程難しい話では無いと思う。

「仮に」ではあるが、今回の金正男氏暗殺事件を動かしているのが韓国だとすると、戦争中の相手国である北朝鮮が四面楚歌になって、危機的状況にある自国の経済状況から国民の目を反らすにはもってこいだ。
折しも弾劾の行方がハッキリしようとしている状況で、どちらに転んでも韓国国内の世論は真っ二つ。現状では親北派が優勢だと言われているし、次期大統領は間違いなく左派になることを考えると、クネクネが弾劾を逃れる道は相当に険しい様に思われる。しかし、支持層が一定数いるので国内での衝突は必至。
韓国の憲法裁判所が、国民情緒法をベースに法律を無視して判決を下すのは有名だが、今回の案件はクネクネにとって有利な材料ばかり。しかし、それでも韓国の国民の7割は弾劾に賛成していると言うから、僕の予想としてはクネクネが弾劾される可能性が高いと踏んでいる。

となると、クネクネ支持層は韓国国内での立場を失って弾圧されること必至。或いは一方的な虐殺に発展するというケースもあるだろう。そうなると、韓国は親北左派が席巻し、日韓合意どころか日韓基本条約すら破棄する勢いとなるだろう。
しかしそれをやってしまうと政治的に立ちゆかなくなり、経済的にも破綻は確実である。何しろ、「合意を一方的に破棄する国」として本格的に外国からの信頼を失うのである。

そうならないためには、北朝鮮を韓国の敵として認識させ、一方的な介入ができる様な段取りを整える必要がある。アメリカ介入によって北朝鮮崩壊、アメリカの統治下におかれる。数十年後に民主化されたところを美味しく頂くシナリオが、韓国にとっては望ましい形となるだろう。

……バカバカしい妄想なので、陰謀論はこれくらいにしておく。韓国主導説はしっくり来るが、何一つ証拠は無いのである。

だから、韓国陰謀論を幾ら論じたところで意味は無い。現実的なところに目を向けていこう。

既に韓国経済が危機的状況にあることはお伝えしてきた通りである。
ポイントは4つ。
  • 貿易に過度に依存する体質
  • 財閥優遇政策
  • 3つ子の赤字、特に家計負債の増大
  • 不当廉売戦略の崩壊
これらが足を引っ張っている上に、先頃、韓国海運業が瀕死の重傷を負ってしまった。
もはや、先行き不透明なんて状況では無く、いつ潰れるかという状況にまで追い込まれているのだ。

そして、それの延命措置として位置づけているのが通貨スワップである。
6日、韓国企画財政部と韓国銀行によると、韓国が2国間、多国間で締結した通貨スワップの規模は計1220億ドル(約13兆9000億円)。問題は中国への依存度が高過ぎる点だという。中韓通貨スワップの規模は韓国の2国間契約全体の70%に達する。多国間通貨スワップ協定であるチェンマイ・イニシアティブ(CMIM)基金(384億ドル)もあるが、国際通貨基金(IMF)の議論と加盟国の同意が必要であるため、即時に使うことは難しい。
しかし現状では、日韓通貨スワップの締結は絶望的である。そして、THAAD騒ぎによって支那と韓国との通貨スワップの延長も絶望的である。



そもそも、支那と韓国との通貨スワップは、あからさまに不平等な感があるが、それを差し引いたとしても、既に支那との貿易に過度に依存している韓国にとっては選択肢がないほど重要なものだ。今や、対支那貿易は韓国の貿易額にして輸出で26%、輸入で16%を占めるまでとなっており、輸入、輸出ともにトップである。

そこに安全弁としての通貨スワップ協定は、韓国にとっては若干不平等感があっても必要なものであった。加えて支那と韓国はFTAも締結したが、その効果は寧ろ韓国貿易の足を引っ張る結果となっている。輸出額が減少しているのだ。支那への貿易依存度は増しているのにである。

そんな状況でのTHAAD配備である。
現在、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備を進めている韓国政府は、中国と通貨スワップ延長についての具体的な話し合いすらできずにいる。THAADの韓国配置に反発し、報復措置を取っている中国が、韓国を威嚇する“武器”として通貨スワップ協定を持ち出す可能性は濃厚だ。
これに関してはなかなか興味深い記事があった。

中国が韓国を「投げ売り」する日

2017年1月30日(月)
日韓スワップ中断で、中国が対韓攻撃用の強力な武器を得た。「韓国投げ売り」だ。韓国に怒る日中が、意図せずして韓国包囲網を作ることになった。
この記事の続きは会員しか読めない仕様なので残念だが、早い話が支那が韓国のキンタマを握っている状況だという話。日韓通貨スワップが消滅したことで、支那と韓国との通貨スワップが強力なカードとなり、韓国売りをちらつかせるだけで有利な展開を得られる状況になったと言う話。



当然、韓国としてはそれに甘んじているわけにはいかない。

「中韓関係」に亀裂でウォンの危機? 日韓スワップ再浮上の理由

韓国経済の空洞化が進んでいる。韓国関税庁の貿易統計によると、2014年までは順調に推移していた輸出入が、2015年には前年同期比で輸出が8%減少、輸入も17%減少している。そして、2016年9月時点では輸出が8.2%、輸入が10.5%と減少に歯止めが掛からない。
韓国経済は、海外から輸入した原材料を加工して輸出する構造により支えられていたが、生産拠点の海外シフトにより、韓国ウォン暴落の懸念がでている。そのような中で議論されているのが「日韓通貨スワップ取極(協定)」の再開議論だ。
こちらの記事も興味深いのだが、中で指摘されている事実が問題である。
韓国に事業投資を行なっている日本企業は韓国産業通商資源部のデータによると、2016年6月現在で3022社。韓国の外国人投資企業1万6602社全体から見ると18%だが、日本の2015年の対韓投資額は16億7000万ドルで、韓国にとって第2位の投資国である。
韓国の2015年の日本向け輸出額は255億7700万ドルと、中国、アメリカに次ぐ。韓国の対日輸入はさらに多く458億5400万ドルでGCC、中国に次いで3番目である。日本の韓国向け輸出もアメリカ、中国に次いで3番目に多い状況となっている。
投資も貿易も日本の影響が未だに大きいという話だ。
こうした事実を踏まえれば、韓国にとって日本との通貨スワップは必須なのだが、しかし、そこはプライドが許さない。

韓国、外貨準備高3711億ドル…「韓日通貨スワップにこだわる理由ない」

2017年01月07日11時11分
  少女像をめぐる葛藤で日本が通貨スワップ「協議中断」を通知すると、韓国通貨当局も立場を明らかにした。「遺憾」を表明し、協議をこれ以上要求しないということだ。あえて少女像問題をめぐり国民の自尊心を傷つけながら通貨スワップにこだわる理由はないと判断したからだ。
  これには韓国の外貨準備高などが過去に比べて改善したという点が考慮された。韓国銀行(韓銀)によると、昨年末基準で外貨準備高は3711億ドル。1997年の通貨危機(300億ドル)、2008年のグローバル金融危機(2000億ドル)当時に比べてはるかに多い。短期外債(満期1年未満の外債)比率も昨年9月現在27.9%と、1997年(36%)、2008年(47%)に比べて良好だ。
今のところは外貨準備高が十分あるニダと胸を張り、日本との通貨スワップは不要だとの主張をしているが、これが強がりであることは明らかだ。
この3711億ドルのうち、韓国の保有する債券でマシなものはこのうち3割程度、つまり1000億ドル程度だとみられているからだ。

そして、韓国にとって1000億ドル程度では、市場介入に使えば10日を待たずして溶ける。アメリカの利上げ待ったなしの状況では、韓国政府は戦々恐々としているのだろう。



いや、本来は通貨スワップを市場介入に使うのは禁じ手である。でも韓国はそれを平気でやる。

だからこそ、本来韓国が最も望んでいるアメリカとの通貨スワップ協定は未だに何も進展が無いのである。アメリカにとって韓国の通貨防衛にスワップを利用されては、自国のドル安に拍車をかけては、自分で自分の国の首を絞めるようなものである。そんなことは、アメリカ国民が許すはずも無いし、既に実証済みなのだ。
アメリカにとってスワップ協定を結ぶメリットがある国はハードカレンシーを持つ国だけである。

じゃあ、オーストラリアとかインドネシアは何故韓国なんかと通貨スワップ協定を結んだんだ!という話になるのだが、このスワップ協定は実のところ韓国にとっては虚勢の意味程度しか無い。一方でオーストラリアやインドネシアにとっては有利な展開になる可能性が高い。
例えば、韓国が経済危機に陥った際に、韓国は通過防衛の為にオーストラリアやインドネシアから豪ドルやインドネシアルピアを借りて、米ドルに両替して売る。そうなると、豪ドルやインドネシアルピアは通貨安になる。このタイミングでオーストラリアやインドネシアが韓国の銀行からウォンを借りるとどうなるか?
豪ドルやルピアはどんどん安くなる一方で、ウォンは高騰するのでがっぽり儲かる。ついでにオーストアリアやインドネシアは資源を持っているので、多少通貨が安くなったところで輸出にはプラスである。

日本やアメリカの場合はこうはならないので、韓国との通貨スワップは損をするだけ。故に両国とも通貨スワップ協定は前向きになれないのである。アメリカは、リーマンショックの引き金を引いた韓国に対して激怒していたしな。



そして、ここへ来て支那の面子を潰した韓国は、支那からの経済的制裁を受けている。
日本からの観光客も韓国へ行くことを忌避しているが、支那もまた国を挙げて韓国旅行を忌避し始めた。

中国で韓国旅行ツアーが販売中止に、中国人観光客7割減少の可能性も―韓国メディア

配信日時:2017年3月4日(土) 10時50分
2017年3月3日、韓国・聯合ニュースによると、中国で韓国旅行ツアーが販売中止となったことで訪韓中国人観光客が70%減少する可能性があるという。
聯合ニュースによると、北京市にある複数の旅行会社は2日午後、韓国行き旅行ツアーの販売を中止するよう、当局から口頭で指示を受けたという。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復措置と見られる。同様の指示は北京市のみならず中国全土に広がっているもようだ。
もともと、韓国観光は不人気で、支那人のリピーターは2割以下だと言われている。それでも600万人が韓国を訪れると言うから、その経済的効果はスゴイのだろう。一方の日本人はというと2016年に230万人ほどの観光客が韓国に行っているそうだが、リピート率は6割超えなんだとか。物好きな。
まあ、人の好みはともかくとして、半島有事再燃によって更に韓国に打撃を受けることは必至だが、支那が完全にこれをターゲットとしたらしく、何も起きなくても観光客が減ることは避けられない。
 
この傾向は貿易にも現れているようだ。具体的な数字に表れるのは先のことではあるが、既にいくつかの分野で締め出しが始まっている模様。
まあ、被害妄想も含まれてはいるが、ヤバイ状況にあるのは事実。

韓国、中国をWTO提訴も THAAD巡る措置で

World | 2017年 03月 7日 12:41 JST
[ソウル 7日 ロイター] - 韓国政府は、同国の企業などに対する最近の中国の措置を巡り、世界貿易機関(WTO)への提訴を検討する考えを明らかにした。与党が7日に明らかにした。
無謀にもWTOに提訴するつもりらしいが、支那に対しては逆効果だろう。



そうなってくると、韓国にとっては、貿易も観光もダメとなり、いよいよ韓国への外貨投資も期待できなくなってくる。

なお、韓国にとっては更に打撃が待っている。

韓経:米USTR「中国・韓国が米国の貿易赤字の主犯」…「スーパー301条」復活示唆

2017年03月03日10時38分
  トランプ米政権が通商政策報告書を通じて対米貿易黒字国への強硬対応を予告した。韓米自由貿易協定(FTA)については「望む結果ではない」とし、再交渉の可能性を示唆した。輸出拡大を強調しながら、30年間ほど発動していない貿易法301条の復活の可能性にも言及した。赤字を減らし雇用を増やすために全面的な攻勢に乗り出したと分析される。
日本にとっては忌々しい記憶でしかない「スーパー301条」が復活するというのである。ただし、今回のターゲットになっているのは韓国だが。
既に、一部の製品にはダンピング関税が決定されている。

トランプ政権 韓国鉄鋼製品に初のダンピング関税

入力 : 2017-03-02 14:17:35 修正 : 2017-03-03 14:06:39
アメリカ政府が韓国の鉄鋼製品の「りん銅(Phosphor Copper)」に対して、予備判定時の2倍を超える反ダンピング(不当廉売)関税を決めました。
韓国貿易協会が2日、明らかにしたところによりますと、アメリカの商務省は現地時間の先月28日、韓国製のりん銅に対して8.43%の反ダンピング関税を課すことを決めたということです。
まあ、これに関しては日本も笑えない状況ではあるが、それはさておこう。



そして、ダンピング阻止の流れは何もアメリカだけでは無い。

ヨーロッパ州 ECが韓国から輸入の感熱紙にアンチダンピング課税を賦課

Posted by Mori Hiroaki on 11月 25th, 2016
欧州委員会(EC)は、このほど韓国から輸入されている軽量感熱紙に暫定的なアンチダンピング課税を賦課したことが分かった。適用する料率は、税引き前の正価の12.1%で、対象となるのは韓国を原産地としてトップコートの有無を問わない巻取りで、米坪65g以下の軽量感熱紙としている。
当然の帰結ではあるが、ヨーロッパの一部の国でも韓国に対する警戒心は強まってきている。
まさに、韓国は今、経済的にも四面楚歌になっているのである。
この危機の最大の救い手である支那にそっぽを向かれているのだから、もはやどうしようも無い状況になっているのだろう。
THAADのごり押しを奇貨にアメリカとの通貨スワップを手に入れる可能性も否定はできないが、その可能性は高くない。何故なら、在韓米軍撤退延長との引き替えにTHAAD配備を飲んだことが既に明らかになっており、外交カードにならないからだ。
 
朝鮮半島はまさにいま、危機に瀕している。が、日本は見守るだけだな。難民が日本に流入しないように心を砕く必要はあるだろうが、その為にもビザは復活させる必要がある。日本に今必要なのは、韓国との適切な距離なのだ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

10 件のコメント :

  1. タイで目覚めた日本人🇹🇭2017年3月8日 13:31

    とっととビザ復活させないと不良鮮人が押し寄せることになりかねませんね。
    首相官邸のホームページに書き込みしに行こうかな。意外と効くって言うし。

    返信削除
    返信
    1. 首相官邸でもある程度危機感は持っているはずですが、現場にそれが浸透しているか、危機意識が共通しているかは疑問ですね。

      書き込みは僕もやってみたいと思います。

      削除
  2. 沈む船に巻き込まれないための備えと心構えが必要ですね。
    とはいっても、この先に起こることについての対応シナリオなんて、政府も企業もとっくに準備されているんだとは思いますが。

    日本国民としては裏口のカギを開けようとする輩に対して
    有権者の睨みを続けなければと思う毎日です。
    従来メディアが頼りにならない以上、木霊さんのサイトを始めとしたネットの力しか、まともな声を束ねることはできないと思います。
    これからも頑張ってください。

    返信削除
    返信
    1. なかなか朝鮮半島のシナリオは読みにくいのが実情のように思いますので、果たして準備されているかどうか。僕は懐疑的です。

      ネットの力は今のところ微々たるものですし、僕のブログが果たしてどの程度かという気はしておりますが、がんばらせて頂きたいと思います。

      削除
  3. 管理人さん(木霊様とお呼びすべきか?)の記事は大変に助かってます。色々な切り口から難しい国際情勢を解き明かしてくれますもので。
    にも関わらず半島の連中は解らないとしか言いようがありません。前記事を読んでも、この時期にさらに像を建てようとする思考が理解できませんし。
    暗殺に関する北を観ても理解しかねます。
    ひょっとして全員がアブノーマルなのでないか?などと差別スレスレの想いが…。
    少なくとも南が二進も三進もいかないのは、コウモリと反日に傾倒してきた身から出た錆です。
    あまりに追い詰められてヒステリー状態なのでしょう。それはやつらといえ同情はする。
    しかしです、破滅に突っ走りヒステリーを起こす社会的な構造が出来ているのならば、とにかく距離を離して、可能ならば断交も考えねばと思います。

    返信削除
    返信
    1. お好きなようにお呼びください。

      そして、こちらこそコメントを頂き、新たな視点を頂く事も多々ありますので感謝しております。
      半島情勢がきな臭いのは事実ですが、自体は着実に進行しています。これが何処に向かっているかが気になるところですが、取り敢えずは10日の弾劾の結果がまず一つの鍵になる気がしますよ。

      削除
  4. 木霊さん、いつも鋭い解説を楽しんでいます。
    歴史は繰り返すともいわれますがもう李氏朝鮮末期の社会状態に近いですね。
    李氏朝鮮も真面な国家運営をしてきた事もありませんし土壌としては労働は卑しいもののすること、そんな精神状態の両班が当時の人口の50%を占めていて
    その後は日本に併合してもらって楽をして国家運営を手放し自ら近代独立国家を運営した経験もなくただただ本能的に噛みつく、吠えるだけの状態まで退化
    したようですね。問題はありますが北の方が朝鮮民族をよく心得た統治をしているといえるでしょうか。民主主義や法治国家は不可能ですから力で支配が丁度いいのでしょうね。
    価値観を共有できない似非国家・・・逃げるが勝ちですね。
    ビザ復活の嘆願私もしてみようと思います、微力ですがやらぬよりましかな。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます、励みになります。

      折しもJR東海の名誉会長がJR北海道の惨状を嘆いていましたが、半島情勢もなにか似た印象を受けます。そんなことを書くとJR北海道に失礼なのですけれど。

      ともあれ、他山の石とする、という事と、自国の防衛について真剣に考えることは重要かと思います。

      削除
  5. あるけむ(R.K.M)@fwbc19652017年3月9日 5:24

    パソコン破損のため、スマホから書き込みます。

    韓国の貿易は「加工貿易」なので、米ドルや円が必要だと思います。
    なので、日韓通貨スワップ協定が終了したのは
    かなり痛いことだと考えます。
    単なる「通貨スワップ」というより、日本政府の後ろ盾を韓国は失ったと考えた方がよいかもしれません。

    最近の流行りのワードは「認知バイアス」でしょうか。
    韓国人でなくても、多少の認知バイアスはあるようですが、韓国人は客観的に周りや自分自身を見られないようで、認知バイアスが非常に強すぎる感じです。

    韓国経済も、認知バイアスの影響を受けて、韓国人は、破滅寸前まで、正しい状況を把握できないかもしれないですね。

    返信削除
    返信
    1. あらら、PC破損ですか。
      Windows10には僕もしてやられてばかりですが(涙

      それはともかく、通貨スワップの位置づけはやはり韓国という国の「信用」に関わる部分に寄与しているのだと僕も思います。
      「認知バイアス」という言葉が適切かどうかは悩ましいのですが、彼らの精神構造は日本のそれとは異なり、まさに「価値観を共有できない国」だと再確認させられることが多いです。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。