2017年3月15日水曜日

アメリカ、韓国に無人攻撃機を配備へ

無人攻撃機など配備されては、金正恩氏も気が気ではあるまい。

米陸軍、韓国に無人攻撃機配備へ 北朝鮮への対抗策の一環

2017.3.14 09:28

【ワシントン=黒瀬悦成】在韓米軍は12日、米陸軍の無人攻撃機MQ-1C「グレーイーグル」を運用中隊とともに韓国西部の群山(クンサン)空軍基地に恒久配備する手続きを始めたと発表した。国際社会の要請を無視して核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対抗策の一環。米国防総省のデービス報道部長によると、実際の配備は2018年初頭からとなる見通しだ。
今のところ、手続きをしただけではあるが、アメリカの本気度が伺える……のか?


アメリカが在韓米軍に配備しようとしているのが無人攻撃機MQ-1C「グレーイーグル」である。開発中だけど。
MQ-1C
こんな形のステルスを意識した無人攻撃機で、GBU-44/Bバイパーストライク誘導爆弾やスティンガー空対空ミサイルなどが装備できる……らしい。

シリアで使われていたのはMQ-9リーパーだとか。

米国の軍用無人機がシリアで墜落

2016年07月06日 15:14
「MQ-9リーパーが7月5日にシリア北部で墜落した。航空機が戦闘課題を遂行している時に、その制御が失われた。」通信社スプートニクが報じた。
なお米空軍は、無人機は撃墜されたのではないと指摘しており、無人機については、「敵の手に渡るのを防ぐために、(国際)有志連合の航空機は墜落後に破壊された」と伝えた。
墜落したらしいけど。



MQ-1CはMQ-1プレデターの改良版って形の位置づけなのだが、どれも似たような形ばっかりで区別が(汗
MQ-1CはMQ-1に比べてエンジンが換装されて滞空時間が伸びているとか。ただ、実戦経験はまだ無い。要は、MQ-1Cを在韓米軍に配備というのは、アメリカ的には実験的な要素が強いわけだが。

THAADの配備はともかく、ズムウォルト級の配備の噂だとか、最新兵器を配備する方向で色々と調整している気がするアメリカだが、オスプレイもF-35も配備するとか。

横田基地のオスプレイ配備 2019年10月以降に延期

3月14日 10時05分
アメリカ国防総省は、東京の横田基地に空軍の新型輸送機オスプレイを配備する計画について、ことし後半としていた配備の開始時期が、2019年10月以降にずれ込むという見通しを示しました。

最新鋭ステルス戦闘機F35、 配備先の米軍岩国基地に向け出発

2017年01月11日 07:34
10日のアメリカ海兵隊の発表によると、最新鋭ステルス戦闘機10機のF35が西部アリゾナ州の基地から配備先となる山口県の岩国基地に向けて今月9日、出発した。
何となく、色々配備してみよう!的なノリを感じるが、どうなんでしょうな。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

6 件のコメント :

  1. どうもシンゴジラに出てきたプレデターと、私は全く区別がつかないのですが(笑)

    ところで無人機のうち、戦闘機の話なのですが。佐藤優氏が、何かであと10年で無人戦闘機が実用化され、空母は無用になる…と言ってましたが。本当に戦闘機まで無人化がそこまで進んでいるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. いやもうプレデターとの姉妹機みたいなものですから、僕も見分けが付きません(苦笑

      佐藤氏の発言は、あまり鵜呑みにすべき類の話とは思っていません。
      ただ、無人機戦闘の意味合いが変わってこれば、まあ、ありうる話なのではないのかな、と。
      空母(海)ではなく空母(空:つまり、大型輸送機から無人機を飛ばす)という考え方であれば、司令塔になる戦闘機に対して、これを補佐する無人機が活躍するというパターンはあるのかも知れません。
      複雑なアルゴリズムを組んで空を飛ばせるよりも、追従してサポートするという方があり得そうですし。まあ、要はミサイルの延長線上にある無人機というのはあり得そうですよ。

      削除
  2. ところで管理人さんはパワードスーツやレールガンが実用化されると考えますか?
    私はガンダム世代ではないが、ハインラインの「宇宙の戦士」の直撃を受けた世代なので気になる。
    ただ…勤めた病院で介護用の外骨骼サイボーグつまり、介護用モビルスーツの着用実験の被験体になった経験があります。でも、確かに片手で軽々と患者様を抱えられるのですが、充電に24時間かかる!
    それに細かい動作に反応が鈍いので、全然にオムツ交換に役立たなかった!
    あんな物が戦地で役立つとは思えない。パトレイバーじゃねえの! 着装した私の意見では!

    さらにレールガン!
    電磁誘導砲ですな!
    確かにマッハ10とか20で金属弾丸を発射できれば凄いとは思う。自衛隊でも研究チームが発足した。
    でもねぇ……レーガン政権のスター・ウォーズ計画の竜頭蛇尾を観ている私としては、実用化できない兵器で、多額の開発資金(無駄になった)を回収する為にアメリカが日本を騙しているのでは?
    だって電磁誘導砲は1発ごとに巨大電力が必要とされるはずです。
    それならば複数の薬室をコンピュター制御で爆発させて、トンでもない初速を得られる「ムカデ砲」の方が現実的では?
    イラクに雇われて開発していた宇宙工学者が80年代にベルリンで暗殺された為に、イラクでも竜頭蛇尾に終わったそうですけどね。

    返信削除
    返信
    1. パワードスーツに限らず、現在の技術の多くに共通している点は、二次電池の性能向上があればもっとスゴイものができるぜ!という話。
      ハインラインの宇宙の戦士は確かに衝撃でした。オール・ユー・ニード・イズ・キルの映画でも似たようなのが出てきましたが、あの手のスーツに至るまではまだまだ。
      モータの技術はそれなりに進んではいても、パワーを出すための電池の方がイマイチ小型化出来ていないんですよね。

      現状の技術では、単純作業、「荷物を運ぶだけ」とか「速く走るだけ」とか、そういう用途ならばともかく、細かい作業まではまだ難しいでしょう。

      レールガンは面白い技術ですね。
      小型核融合炉辺りが実現されれば、電力的には色々と問題が無くなるかも知れません。まあ、アメリカの船には積まれる計画がありますし、期待はして良いんじゃ無いですかね。ただ、素材開発など色々な分野でまだまだ超えるべき壁がありそうです。

      削除
  3. ムカデ砲とはウィキペディアでは「多薬室砲」として出てきます。

    返信削除
    返信
    1. 多薬室砲(ムカデ砲)は原理的には単純そうですね。
      ただ、研究がそれ程盛んにされていないところを見ると、大きな問題がありそうです。一番の問題は、砲身を適切な形状に作り込むのが難しいことでしょうなぁ。
      対費用効果の面でも、色々と問題があるのかも知れません。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。