2017年3月15日水曜日

韓国軍、大統領府付近にPAC-3を配備?

ほほう。

大統領府付近に新型パトリオット砲台を配備へ

Posted March. 10, 2017 08:34,   Updated March. 10, 2017 08:34
大統領府を狙った北朝鮮のミサイルを迎撃する新型パトリオット(PAC3)の砲台が早ければ2年内に大統領府付近に初めて配備されるという。北朝鮮が「大統領府攻撃訓練」の様子を公開し、「大統領府を火の海にする」と脅迫したことへの対応だ。
今は無人の大統領府を警備するためにPAC-3の導入か、豪勢だな。



記事にもあるが、現在韓国国内に配備されているのはPAC-2である。
9日、政府消息筋によると、軍当局は中部以南地域に配備された旧型パトリオット(PAC2)をPAC3に改良し、これを大統領府付近のA山に配備することに決め、関係機関と時期などについて協議している。軍当局は現在、2021年の完了を目指して韓国軍が保有したPAC2発射台約40台のうち約3分の1の約15台をPAC3に改良する作業を進めている。
もちろん、曰く付きのアレだ。

ええっと、詳しくは何処かに書いたと思うのだが、ドイツから格安で中古品のPAC-2を買い付けた。

旧型パトリオット・ミサイル、独から輸入へ

Posted September. 24, 2004 21:50,  Updated January. 01, 1970 09:00
国防部は24日、「寿命が来た韓国軍のナイキ地対空誘導ミサイルを入れ替えるために、現在ドイツが保有している旧型パトリオット・ミサイル(PAC2)の購入する案を推進している」と述べた。
こちらの記事にもあるが、当初PAC-3買おうとしたら、アメリカから3兆4000億ウォンもかかると脅されて、ドイツから5割引の中古品を導入を決意するに至った。
どういう経緯を経たのか、更に安くなって1兆ウォン程度で48基を購入したらしいのだが、そこで更にお粗末な騒動が。

パトリオットは韓国行きだったのに!海外メディアが「中国への不正輸送」と誇張―中国紙

配信日時:2011年12月23日(金) 17時23分
011年12月21日、フィンランドに寄港中の貨物船で見つかった地対空ミサイル・パトリオットが、中国行きではなく韓国への正規輸送品だったことを受け、中国紙・新京報は「海外メディアは当初、『中国への不正輸送』だと大げさに報道した」と批判した。
69発のパトリオットが貨物船内で発見されて大騒ぎである。



そんな曰く付きのPAC-2だが、流石に迎撃手段としては物足りないと言う事になって(PAC-2の迎撃率実績は、湾岸戦争時でサウジアラビアが70%、イスラエルが40%と発表している。そもそもPAC-2は弾道ミサイルの目標付近で爆発し、飛散する破片によって目標を破壊する方式であるため、命中しても弾道の機能を無力化できない事案が確認された模様)、PAC-3の導入に踏み切ったとかいう報道があった。

何故最初から買わなかったのか?と思わなくも無いが、まあその辺りはいつもの事である。PAC-2があればそれをベースに改造も可能だし、もしかしたらそちらの方がリーズナブルに済むのかも知れない。
ただし、購入動機に関してはそもそも購入したPAC-2のメンテナンスなどに苦心していたという事情もあって、現実は命中率云々という話以前の問題を抱えていたと思われる。
前々から、PAC-2をPAC-3へ、と言う動きが韓国国内にあって、アメリカにFMSで購入するよう働きかけを行ったこともあったようだ。

米、「PAC3」136機の韓国販売を承認

Posted November. 08, 2014 07:14,Updated January. 01, 1970 09:00
米国防総省の国防安全保障協力局(DSCA)は6日、「国務省は、韓国に対外有償軍事援助(FMS)方式で136機のパトリオット(PAC3)ミサイルと関連装備や部品、訓練、支援などの販売を承認する決定を下し、議会に通知した」と明らかにした。
この時の予想額が1兆5660億ウォン。なんだか前回よりも随分とディスカウントされたような気がするが、気のせいだろうか?
でも、48基導入するのに3兆4000億ウォンだって言われてたんだぜ、当初は。

……まあ、言及が無いのでハッキリしたことは分からないが、システム含めて買うわけじゃないから安いのかも知れない。



ただ、その貴重な虎の子を、何故か今このタイミングで配備する話となった。それも、青瓦台を守る話になっている。

PAC-3
9日、政府消息筋によると、軍当局は中部以南地域に配備された旧型パトリオット(PAC2)をPAC3に改良し、これを大統領府付近のA山に配備することに決め、関係機関と時期などについて協議している。
大統領府を最優先で守っても、韓国の大統領は最優先で国民を守らないのだから、笑い話にもならない。
なお、レコードチャイナは別の情報も伝えている。
さらに、米軍も今年から、ソウル近郊・京畿道の烏山基地に配備されたPAC-2を最新型のPAC-3にアップグレードする作業を始めたという。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170309/Recordchina_20170309036.html
この情報がどの程度信用できるかは怪しいが、アメリカ軍がより警戒を強めたという風には理解できる。
軍関係者は、「大統領府はもとより政府ソウル庁舎、国防部など核心防護施設に対する『ポイント防衛網』が補強されるため、首都圏の防衛網は一層細かくなるだろう」と話した。これと別に軍当局は、ソウル南側地域のパトリオット砲台に配備したPAC2発射台6台のうち2台を2018年までにPAC3に改良して運用する計画だ。
PAC-3への改修はほぼ終わったとするメディアと、これからの予定だというメディアで分かれているようだが、何れにしても迎撃態勢の強化を始めたのは事実だ。
……KAMDとは一体何だったのか。
……何だったのか。



そういえば、アイアンドームの導入とかも検討していたのだが、その理由が、北朝鮮の火砲が届く距離だからと言うもの。

ロケットで火砲の弾を撃ち落とすというのは現実的じゃ無いよね。

韓国軍にはPAC-3を揃える前にやることがあると思うんだ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. >(PAC2)をPAC3に改良し
    すでにこの時点で曲がりなりにも使用できるPAC2が使用不可能(使い物にならない)になる要素がたっぷりですね。
    パトリオットにも「ブラックボックス」部品はあるでしょうからそれにもお家芸の黙って開けてしまうのでしょうか?
    PAC3の部品の確保とか・・・その改修に無資格の作業員が携わり・・・部品は規格合格証を偽造して・・・偽部品を取り付け・・・
    わぁーー頭が痛くなりそうな難関がいくつも
    すごいぜ!南朝鮮。
    「お笑い韓国軍」の記事を楽しみに待っています、木霊さん。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      定期的に更新を目標としている「お笑い韓国軍」ですが、ネタが定期的に補充されるので整理が(苦笑

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。