THAADの設置と支那の報復

韓国へのTHAAD設置はほぼ確定的となった。

ロッテ、THAADの敷地提供=米韓が配備加速、中国は報復か

(2017/02/27-17:37)

 【ソウル時事】在韓米軍への最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備問題で、ロッテグループは27日、取締役会を開き、南部・星州のゴルフ場を韓国軍所有地と交換し、配備場所として提供することを正式に決めた。国防省が発表した。28日に契約を結ぶ。

アメリカもオバマ政権時代より甘くは無いようだな。


このブログでも在韓米軍がTHAADを配備する話は追いかけてきている。

設置場所

紆余曲折はあったが、ロッテグループが保有するゴルフ場が提供され、ロッテグループは韓国軍所有の土地が提供される模様。

何処が提供されるのかはよく分からないが、多分、そこそこ広さはあるが使い勝手の悪い土地になるんじゃ無いか、と、そんな風に予想している。

ロッテも色々と追い詰められているな。

 韓民求国防相とマティス米国防長官は3日、ソウルで会談した際、年内の配備方針を確認しており、ロッテの敷地提供決定を受け、配備に向けた作業を加速させる。

アメリカ国防長官のマティス氏は、狂犬と言われた人物らしいが、甘い事を言って誤魔化すことはできないのだろうね。

国営新華社通信は19日の論評で、ロッテが敷地を提供した場合、「中国の顧客と市場を失うことになる」と警告しており、中国当局が本格的な報復措置を取る可能性が高まった。

そして、そのツケはロッテが支払うことになりそうだ。


韓国国内でもロッテグループは窮地に陥っている。

ロッテグループの幹部が次々と訴追され、代表取締役もしょっ引かれる始末。

辛東彬ロッテグループ会長、拘束令状棄却…「拘束されれば日本に経営権移ったはず」

2016年09月29日07時54分

  「本当によかった。グループ内外で心配が多かった。これから経営の懸案を収拾しなければいけない」。

ただ、捜査には協力をしたが結局拘束令状は棄却されたとのこと。「韓国の財閥トップは逮捕されない」の法則は今回も守られたことになる。

ロッテ創業者内縁の妻 「出廷しなければ逮捕状」=韓国地裁

記事入力 : 2017/02/27 18:07

【ソウル聯合ニュース】横領や背任などの罪で起訴されているロッテグループ創業家一族の裁判をめぐり、ソウル中央地裁は27日、グループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の内縁の妻である徐美敬(ソ・ミギョン)氏が初公判に出席しなかった場合、逮捕状を発付すると警告した。

とはいえ、ロッテグループの一族に絡んだ裁判は未だ継続中で、色々とトラブルに至っている様だ。

 

僕はこの騒ぎについて把握していないが、どうやら脱税などの疑惑があるらしい。グローバルな企業に脱税の疑惑は付きものなので、まあ、叩けば埃は出てくるだろう。


で、ロッテグループは韓国内でも叩かれているが支那でも標的になっている。

これもTHAAD絡みのトラブルだと言われている。

【社説】「断交」まで言い出した中国のTHAAD報復が手荒い

2017年03月01日09時14分

  ロッテによる高高度防衛ミサイル(THAAD)体系の敷地提供を伝える中国メディアの報道に驚いた。反発の程度もそうだが、その反発を表わす態度の荒さや粗悪さにとても驚かざるをえなかった。中国共産党機関紙の人民日報の海外版ソーシャルメディア「侠客島」がある。侠客島はロッテの決定直後である先月27日、「断交」という言葉を言い出した。「万一、THAADが韓国に配備されれば、中国は韓国と準断交に踏み切る可能性を排除できない」という見出しの記事を載せた。韓半島(朝鮮半島)専門家と名乗る筆者の韓国に対する脅迫が「断交」と表現されたわけだ。

もちろん、THAAD絡みの話は何もロッテだけに留まらず韓国政府もターゲットになっている。

支那は「言うことを聞かなければ断交する」といってきているのだ。

THAADの韓国配備に理解求める 尹炳世外相、中国外相と会談

2017.2.19 01:42

 韓国の尹炳世外相は18日、ドイツのミュンヘンで中国の王毅外相と会談し、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備について、北朝鮮の脅威から国を守るためだとして重ねて理解を求めた。韓国の聯合ニュースが伝えた。

 一方、新華社電によると、王氏はTHAAD配備について「他国の安全を犠牲にして国家の安全を確保すべきではない」と述べ、強く反発。韓国側に両国間の「障害」を取り除くよう求めた。

先日は外相会談でお願いまでした様だが、効果は無かった。


アメリカも圧力をかけてきているので、コウモリの末路と言えばそれまでだが韓国は厳しい立場に立たされている様だ。

ちなみに日本は既に断交に準じる外交官の帰国という手段を高じているので、韓国の今の立場はまさに四面楚歌と言えるだろう。

韓銀総裁「韓中通貨スワップ、政治・外交問題の影響受けるべきでない」

2017年03月01日07時24分

  韓国銀行(韓銀)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は今年10月に満期が到来する韓中通貨スワップに関し、政治・外交的な影響を受けないのが望ましいという意見を明らかにした。

ちなみに、頼みの綱のスワップも凍結される可能性が高い。

 

外交と防衛はセットである。

THAADの配備を容認する以上は、韓国は支那からの支援を得られる可能性は低く、THAADの配備を蹴ればアメリカから見捨てられるのは必至。

どちらに転んでも、韓国にとっての救いは無さそうである。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 鬱陶しいのが、THAAD配備を条件にアメリカが日本にスワップを要求してくるじゃないか、って事ですよね。
    THAAD配備をネタに日本からのスワップ協定が結ばれて(我々の税金によって)韓国が経済危機を持ちこたえ、次期左派政権でいきなりひっくり返されて、結局金だけ取られて終わる…って事だけは避けたい…

    返信削除
  2. 国として生き残るためには配備するか、中共の属国になるか、の二択まで、自分たちで追い込んでしまったのですね。大統領弾劾の結果がどちらに転んでも内乱勃発という Korea watcher も居ますし。。。日本が迷惑を被る事は必定ながら、最低限に押さえたいものです。あところで「サイコパス」という某新書を読みましたが。。。平気でウソをつき、罪悪感ゼロ、自分の損得とは関係ない事には無関心、とんでもない犯罪を平然と遂行し、嘘がバレてもむしろ自分が被害者である様に振る舞う。それがサイコパス、だそうです。どっかの国は国ぐるみでそんな感じですね。

    返信削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。