朝鮮学校への補助金不交付について文句を言う毎日

毎日文句を言っているのでは無く、毎日新聞が文句を言っているのである。

<朝鮮学校>3県が補助金不交付 16年度、文科省通知で

毎日新聞 4/13(木) 7:00配信

 朝鮮学校への補助金を巡り、文部科学省が昨年3月に「透明性」などを求める通知を出したのを受け、茨城、三重、和歌山の3県が昨年度の予算に計上した補助金を交付しなかったことが分かった。今年度は3県と群馬県が初めて予算計上を見送った。自治体に権限がある補助金に関する異例の通知について、文科省は「停止、減額を促す意図はない」と説明していたが、自治体の判断に影響を与えた。

まさに、「何を言っているんだオマエは」状態だね。


文部科学省が出した通知はこちら。

内容も引用しておこう。

朝鮮学校に係る補助金交付に関する留意点について(通知)

朝鮮学校に係る補助金交付については、国においては実施しておりませんが、各地方公共団体においては、法令に基づき、各地方公共団体の判断と責任において、実施されているところです。

朝鮮学校に関しては、我が国政府としては、北朝鮮と密接な関係を有する団体である朝鮮総聯が、その教育を重要視し、教育内容、人事及び財政に影響を及ぼしているものと認識しております。

ついては、各地方公共団体におかれては、朝鮮学校の運営に係る上記のような特性も考慮の上、朝鮮学校に通う子供に与える影響にも十分に配慮しつつ、朝鮮学校に係る補助金の公益性、教育振興上の効果等に関する十分な御検討とともに、補助金の趣旨・目的に沿った適正かつ透明性のある執行の確保及び補助金の趣旨・目的に関する住民への情報提供の適切な実施をお願いします。

また、本通知に関しては、域内の市区町村関係部局に対しても、御周知されるよう併せてお願いします。
なお、本通知の内容については、総務省とも協議済みであることを申し添えます。

たいして長い文章では無いが要約しておこう。

  • 朝鮮学校は北朝鮮と密接な関係がある
  • だから朝鮮学校に出す補助金は、「公益性」や「教育振興上の効果等」を検討しろ
  • 補助金の趣旨・目的に沿った適正かつ透明性のある執行の確保」と「補助金の趣旨・目的に関する住民への情報提供の適切な実施」もしろ

まあ、早い話が、住民に説明ができない様な補助金の交付は止めろという圧力をかけたわけだ。

 

これを、毎日新聞は、けしからん!と怒っているわけだが……。


新聞では交付実態についても表にしてあった。

交付実態

交付を決定したところを青で、交付をしなかったところを赤で示す辺りが既に意図的なのだが、まあそれはさておき、随分交付している県があるじゃ無いか

当然、補助金交付の説明を十分にして、透明性の高い運用を行っているのだろうから、是非とも住民の皆さんは問い合わせをして欲しい


で、何が問題か?という点について言及していきたい。

文科省の文章にも書かれているが、本来的に、この補助金は自治体が交付するものであって、国がするものではないそういう体裁になっている

だが、交付を決定した多くの都道府県は、地方交付税交付金に頼っている。平成27年度で「不交付団体数(交付を受けていない団体)」は「1」だ。東京都のみ。

何のことは無い、地方自治体が交付する補助金であっても、その原資はほぼ国から出る税金なのである。

 毎日新聞が各都道府県に取材したところ、昨年度は18道府県が予算に補助金を計上し、13道府県が交付を決めた。交付を見送った5県のうち、茨城は橋本昌知事が2月、文科省の通知に加え、北朝鮮の弾道ミサイルの発射など日本の安全を脅かす行為が続いていることを理由に約160万円を交付しないと表明した。三重、和歌山は「通知を重く受け止めた」などとして、300万円と235万円の交付をやめた。栃木、新潟は通知とは関係なく、交付の前提となる財務の健全性などを確認できないことが理由だった。

いわゆる紐付きの予算の執行は、当然上からの圧力があれば、見直さざるを得ない。よって、「圧力が無かった」などという事は詭弁である。

 

しかしながら、国民の血税の使い道を慎重に吟味することの何が悪いのか、僕には理解が出来ない。

 通知を受け、以前より慎重に交付を検討した県もある。岐阜は関係者へのヒアリングなど朝鮮学校の検査を強化し、3月末になって交付を決めた。滋賀も小学校にあたる初級学校の検査に朝鮮語の分かる担当者を同行させ、肖像画を掲げていないことなど、北朝鮮の現体制を礼賛する教育が行われていないことを確認して交付した。

毎日新聞は、その方針に文句があるらしいが。


で、メディアが良くやるパターンで、専門家の意見を載せている。誰だよ、文句を言う専門家は。

 今年度の予算計上を見送った群馬県にある群馬朝鮮初中級学校の児童の母親(43)は「自分のルーツを知ってほしいと思って通わせている。北朝鮮の現体制を支持しているわけではない」と強調する。

専門家??

 別の母親(42)も「指導者を礼賛する歌を音楽の授業で扱うこともない。親子ともに日本で生まれ、私はこの国に貢献したいと思って働いているのに、朝鮮学校が北朝鮮のスパイを養成しているかのように言われて悔しい」と話す。

補助金が出なければ、その保護者が文句を言うのは当然である。だが、ここで一つ疑問がある。

朝鮮学校は、いわゆる一条校ではない。

学校教育法で「各種学校」と位置づけられた団体で、自動車学校もこのカテゴリーであることを述べておきたい。

つまり、いわゆる義務教育に対して行われるべき配慮とは、趣が異なるワケである。無論、自分たちの出自はともかく子供達に公平な教育を受けて欲しい、と、そう願うのであれば、一条校に入学すれば良い。

 

子供をインターナショナルスクールなどの外国人学校に入学させる理由は簡単で、外交官の子供など、一時的に日本で働かねばならない人々の子供達を、母国に帰っても不自由が無い様な教育を受けさせる目的で設置されている。

つまり、自国に帰る人々の子供達が通う場所なのだ。日本に帰化するつもりも無い人々の為にわざわざ手厚い補助金を出す必要は無いよね?でも、人道的な見地からこうした学校にも補助金が出るような形になっている。僕はその事について批難する積もりは無い。

ただ、一条校に通わせるという選択肢を捨ててまで、朝鮮学校に通わせているのだから、文句を言う筋合いは無いと思うんだ。

 茨城朝鮮初中高級学校の尹太吉(ユン・テギル)校長は「政治や外交の問題など、教育とは関係のない理由で補助金が打ち切られた。国の意向に沿って県が判断をしたことが残念」と語った。

当然、朝鮮学校の校長の言っている発言内容もおかしい。「教育とは関係の無い」「政治的な理由」で、補助金を集めて朝鮮総連にお金を流し、そこから北朝鮮にお金を送金している実態が明るみに出たからこそ、今回の措置があるのだ。

 

補助金の使用目的がハッキリしており、透明性が担保されれ、それが子供の教育に使われるのであれば、国は口出ししないという通達で、地方自治体が「あ、それ無理」と判断したのだ。

何処におかしいところがあると言うのか。毅然と胸を張って、「そんな金は受け取る必要が無い」と言えば良いじゃ無いか。


で、改めて専門家の意見であるが……。

 名古屋大学の中嶋哲彦教授(教育行政学)は「学校教育における政治的中立の確保が通知の目的なら、補助金を受けているすべての学校を対象にすべきだ。朝鮮学校を攻撃する意図が透けて見え、行政として公平性を欠いている。国の一方的な通知に対して、補助金支給の権限がある地方自治体は必ずしも従う必要はない」と指摘している。

名古屋大学だかなんだか知らないが、朝鮮学校から北朝鮮へのお金の流れが明らかになったからこそ、こういった通知が出たんじゃ無いか。

言ってみれば、マネーロンダリングの阻止の一環である。

 

確かに「補助金を受けている全ての学校を対象にすべき」という指摘は正しい。が、国民の税金が、国民の生命と財産を脅かすミサイル製造の原資になっている実態が疑われる以上は、それを是正する様に求めるのは当然じゃ無いか

 

何でもかんでも「公平」を求めりゃ良いってモンじゃ無いんだよ!

え?「補助金支給の権限がある地方自治体は必ずしも従う必要はない」だって?したがっていない所は多数あるじゃないか。

もちろん、透明性が担保されているわけだから、それが北朝鮮に流れていないことを説明できるハズだよね。

 

土台が違っても公平に、って、それは土台の高さを調整するために色々手を加える必要があるんだけど、その「手を加える」のだって限界がある。何でもかんでも公平という考え方がそもそもおかしいんだよ。均等な機会は与えられているんだからさ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 全ての学校を…って、他の学校はマネーロンダリングしてテロリスト国へ核ミサイル開発資金を送金したりしてません!!
    居直り詐欺!
    また税金を詐欺する連中を庇う毎日って?
    朝日よりはマシなのかと思っていた(私は産経なので読んだことがあまりない)のに。

    返信削除
    返信
    1. 管理人さん、朝日の専属記者が刈り上げの核ミサイルが来たら、大阪で48万人、東京で43万人の死者が出ると発表したそうです。朝日の専属失格ですね?

      「日本には9条があるので何の心配も要りません!」

      これが朝日としての「模範解答」です。
      けしからんですね、この専属記者は(笑)

      削除
    2. 朝日新聞失格ですが、最後はきちんと「対話で」と締めている辺り、流石です!

      まあ、それはさておき。
      この件に関しては本当にきちんと規制をして欲しい。IR法案も北朝鮮への送金をロックアウトするみたいな機能を盛り込む噂もあります。
      日本が一番の北朝鮮への支援国というのは笑えませんよ。

      削除
  2. 山田の案山子2017年4月14日 7:06

    憲法89条では「公の支配」に属しない団体への公費の支出を禁じているが
    悪法「私学振興助成法」により助成を合憲とし結果的に憲法89条を骨抜きにしている。まずは「私学振興助成法」廃止からだ。 国公立学校の通信制入校資格に在日を含めてはならない。 日本人の血税で反日分子を教育する愚を重ねてはならない。

    返信削除
    返信
    1. 憲法89条も結構抜け穴があるんですよね。
      官僚が自分の利益のために、政治家が私欲のために、穴を広げまくった結果がこれなのですから。

      留学生に対する手厚い保護実態も、どうかと思います。
      あれで、支那のスパイを大量に抱え込んでいるのですから……。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。