2017年4月14日金曜日

この機に乗じてロシアも動き始める?

にわかに信じられない情報だな。

「北朝鮮利権」奪取へ奔走するロシア

2017.04.14 07:00
先ごろ、ロシア極東空軍は露朝国境付近の「防空識別圏」で厳戒態勢に入った。ロシアの新聞『プラウダ』の英語版が4月6日に伝えたもので、ついにロシアも第2次朝鮮戦争に備え始めたようだ。
現在、ロシアは経済的にも不味いし、政権基盤も大きく揺らいでいる。国内情勢も決して安定しているとは言い難い。国際的な立場も、シリアに味方をしているという点を考えれば、安定しているとは言い難いと思うんだが。


そんな状況で動き出すとは思えないんだが、ロシアが不凍港を欲しがっているという話は、昔からある。
北朝鮮北東部の羅先特別市にある羅津港の3つの埠頭のうち、ひとつはロシアが、もうひとつは中国が租借している。北朝鮮を経由して韓国に石炭を輸出するためだ。ロシアにとっては貴重な不凍港であるため、租借ではなく、支配下に収めたいのが本音だろう。
ロシア北東部が“第2のクリミア半島”にならなければいいが…。
ロシアのネックは、海に出られるルートが限られる点にある。
地図上で確認すると、広大な土地を有するロシアだが、実際に使える土地というのは実はそれほど多くない。
そして、港の確保に関しても色々と苦心している。
 
アメリカと対等に渡り合おうと思えば、どうしたって原子力潜水艦の運用が欠かせないわけだが、原子力潜水艦を運用するにしても、軍艦を運用するにしても、冬場に氷で閉ざされない港が不可欠である。
クリミア半島は、そういう事情があって狙われたわけだが……。既にクリミア半島をほぼ手中に納めたロシアが、使い勝手の悪い北朝鮮の港を欲しがるだろうか?

とりあえず気になる情報という意味で記事にしておくことにする。

ランキングへの応援クリックよろしく!





にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

11 件のコメント :

  1. ええと…他の愛読者の方に。
    4月10日の「支那、北朝鮮国境に大規模兵力を展開」のコメント欄に半島情勢に慌てた私が、木霊さんに当てた質問の返事か載ってます。
    現時点での木霊さんの最新分析です。読みでがありますので御注進まで。

    返信削除
    返信
    1. わざわざ宣伝して頂きありがとうございます。

      結果的には、あまりあてにならない分析だった気がしますが。

      削除
  2. また、ややこしい奴が出てきました。プーチン(元々の家名はラス・プーチン?)は元KGBすからねぇ…
    原油価格の低迷、バルカンの問題、シリア、
    反プーチン運動…あまり芳しい噂を聞きませんが。
    シロビキを結集して、オラガノヒだのマフィアだのを腕力で片づけた剛腕政治家で狡猾!
    顔を出して欲しくはないですね。
    でもロシアが刈り上げ国からみで何か利権や租借地を得ても、米中日が猛反発したら手を引かないかなぁ?甘いか?
    三国干渉ですけど明治の。

    返信削除
    返信
    1. 次のコメントであるけむ氏も分析されていますが、この報道の信憑性はちょっと怪しいのですよ。

      ただ、ロシアが動き出しているのは事実ですし、歴史的にもロシアは漁夫の利を狙って動く事が良くあります。
      そういう観点で注意が必要かなと。

      削除
  3. あるけむ(R.K.M)@fwbc19652017年4月15日 0:15

    ロシア空軍が警戒態勢に入ったのは、利権奪取ではなく、北朝鮮空軍機・韓国空軍機の侵入に備えるためだと考えます。

    湾岸戦争の多国籍軍による反撃(「砂漠の嵐」作戦)時に、イラク空軍機の一部はイランなどの中立国へ避難(逃亡?)しています。
    それと類似する行動が発生した場合の対応のため、警戒態勢に入ったものと考えます。

    元記事を読みました。結論に対する根拠が薄弱(というか無い)ですね。ひどい記事です。

    結論の
    >ロシアにとっては貴重な不凍港であるため、租借ではなく、支配下に
    >収めたいのが本音だろう。
    >ロシア北東部が“第2のクリミア半島”にならなければいいが…。
    以外は事実だと思います。
    ただし、それは「北朝鮮とロシア(ソ連)の関係は深い(長い)」というだけです。羅津港についてどう考えているかの根拠にはなっていません。

    さらに、クリミア半島は、ウクライナ領土であった地域をロシアが併合したので、最後の一文
    >ロシア北東部が“第2のクリミア半島”にならなければいいが…。
    は、「北朝鮮がロシア北東部(沿海州?)の併合・奪取を狙っている」という意味になってしまいます。
    この結論は、支離滅裂であると考えます。

    返信削除
    返信
    1. ストーリーとしてはありそうな感じなので、とりあげて記録という積もりでしたが、ご指摘の様に根拠は怪しいのですよね。

      ロシアがどう動くのかは注目していきたいと思っていますが、ロシアの情報は支那から出る情報以上にあてにならないことが多いです。

      削除
  4. とりあえず今日は大丈夫でないすか?
    宮内庁のHP観ても、皇族スケジュールに急な予定が入ってませんから!
    マジでヤバいならば、総理のスケジュールは無理でも、皇族は割と広報に記してますから、計れます。
    日本の法律では、内閣も天皇の承認がないと組閣できませんので、大事の場合は皇族を先に逃がす筈なので。皇族の動きは大乱の予測には役立つ情報と思います。

    返信削除
    返信
    1. 我々庶民は総理や内閣のスケジュールを直前に知るのは難しいです。
      でも皇族ならば結構に知りやすい!
      という事は、皇族の動きは、危険度のリトマス試験紙になると思いますです。
      サバイバリストの基本と思います。

      削除
    2. そうですねぇ。
      お返事が遅くなったので、結果的な話しか申し上げられませんが、取り敢えずは杞憂に終わったとみて良さそうですね。

      なるほど、皇族スケジュールが参考になるとは盲点でした。今後は少し気にしてみたいと思います。

      削除
  5. 私は白神山地の片隅に、ほとんど資産価値の無い
    土地を相続しております。
    老人の域に達してますけども、今でも狩猟と粗放農業で、いざとなれば土地と家屋を処分して、廃道の先にある資産に蟄居して、狩猟と釣りと農耕で生きてゆく自信があります。
    幸いに愛する甥はシンガポールで、姪はカナダで結婚して他国人になっております。従姉妹は仏で。
    かような気楽な立場です。俺は「三国志」と「聖書」があれば、体が動く限りは原始的生活に耐えられるので。ランプに必要な脂の取り方も知るので。
    日本全土が核汚染されない限りは、生き延びるだけの技術も持ってます。
    その時に備えて、この二十年、複数の場所に、食糧も燃料も銃弾も備蓄してあります。別に日本政府が倒れても生き延びる手段はこうじてキマシタ。
    でも、ろうねんに懸かって、日本が滅んだならば、
    生きていても愉しくなかろうと思うようになりました。管理人さん含め、若い世代の方々には、日本人が総サバイバリストにならないような未来を模索して欲しいと切に願います。

    返信削除
    返信
    1. なかなか僕にはちょっと想像しにくい話です。
      今は未だ家族を生活させるのにいっぱいいっぱいですが……。
      或いはそう言うことを少し考えた方が良いのかもしれませんね。リスクが高まれば、備えて無駄になると言う事は無いでしょうし。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。