【笑えない】韓国軍からの情報漏洩

おいおい。

米韓軍の最高機密軍事作戦が流出か 北がハッキング…過去最悪の被害 韓国メディア報道

2017.4.4 07:36
 韓国KBSテレビは3日、韓国軍の内部ネットワークに対する北朝鮮のハッキングで、朝鮮戦争が全面再開された際に適用となる米韓軍の軍事作戦「作戦計画5027」が流出していたと報じた。韓国政府関係者の話としている。
韓国軍のネットセキュリティが脆弱だという話は耳にするし、韓国軍の中にも相当数スパイが潜り込んでいるという噂も聞く。徴兵制度をとっていることも、実のところウイークポイントの1つになっているのだ。



まあ、日本としても情報セキュリティに関しては笑えない状況ではあるが、北朝鮮がこの分野に相当力を入れているという話は聞くね。
 同計画は最高機密とみられ、流出が事実なら韓国軍の受けた過去最悪のハッキング被害となり、米韓軍の展開に深刻な影響が及ぶ可能性がある。
 ハッキングは昨年9月に発生し、12月に発覚した。しかし、韓民求国防相は当時「深刻な影響をもたらすものではない」とし、被害は軽微だと主張していた。
どうやら去年の出来事だったようだが、12月に発覚して、それ以降ミサイルがバンバン飛ばされていることを考えると、果たして本当に「被害は軽微」だったのかは疑わしい。
韓国政府関係者によると、最近になって軍内部の捜査機関が被害状況を国防相に報告したという。
そして、最近になって軍内部の捜査機関がゲロした模様。
 米韓軍が陸上で北朝鮮の進撃をとどめて北上すると同時に、北朝鮮の日本海と黄海の東西両海岸に海兵隊を上陸させ、平壌一帯を制圧するとのシナリオとみられている。
こんな国とGSOMIAを締結しているのだから、日本側としても情報の取り扱いには十分に注意する必要があるだろう。




さて、こんな話を聞くと、北朝鮮のハッキング能力が高いから、日本も防衛対策を講じないと!と、思う人も多いはず。
 
もちろん、日本だって情報漏洩に対する対策はしっかりやらねばならないのは同じだが、しかし、今回の話はもうちょっと韓国軍のバックグランドを考えると、どうにもハッキング対策だけで話が収まるとは思えない。

なにしろ、韓国軍内にも親北派がたくさんいるのだ。
この情報漏洩は、本当にハッキングされて起きたのか?

何故そんなことを考えたかというと、情報の伝達の遅さだ。だって、9月にハッキングされて、それが発覚したのが12月だぜ?その発覚の遅さもさることながら、そこから3ヶ月もこんな重要な作戦が漏洩していたことが分からないって、どんだけだよという話。

軍内部の捜査機関が、よっぽどの無能か、或いは発覚するのを妨害する勢力がいたのでは?と、疑わざるを得ないじゃ無いか。


情報漏洩の一番のコアな問題は、人なのである。
外部からハッキングするよりも、中から意図的に漏らす方がよっぽど簡単なのだ。アメリカも、こんなのと共同戦線を張ろうというのだから、頭が痛いだろうね。
追記 (2017/4/6)
さて、この関連の韓国語ニュースも紹介しておこう。

[単独]国防総省、ハッキング "証拠隠滅" ... 隠し縮小する癖また出てきた

【中央日報】 入力2017.04.06 01:00 修正2017.04.06 01:57
昨年12月に発生した国防電算網(国防網)のハッキング事件の余波が大きくなっている。これまで軍当局は、いくつかの秘密文書が流出したのか、どのように多くの侵害があったのか正確に発表していなかった。
秘密文書流出に対して、軍が問題を矮小化させたいという要求を出すのは理解できるが、全容はしっかり把握すべきである。
しかし、どうやら、「新しい作戦計画を出した」「だから問題無い」と言うことにしたいらしい。
しかし、匿名を要求した関係者は、「新しい作戦計画も既存の作戦計画をもとに作成した」とし「流出した文書をすべて把握し補完策を用意しなければならない」と述べた。
ところが、その新しい作戦計画は古い計画の焼き直しだから、意味が無いという指摘が。
複数の関係者は、「昨年12月に指示が降りてきて、コンピュータのハードディスク記憶装置のすべてをフォーマット(format及び初期化)した」と述べた。軍当局は、 "フォーマットは、マルウェアの拡散と付加的なデータの流出を防ぐための当然の措置」と説明した。
更に酷いことに、軍部は証拠隠滅を図る為にハードディスクをフォーマットしたらしいのである。データの流出経路や、どの程度のデータが流出したのか特定する前に、である。
それも、軍部のネットワークを外部から遮断した後でフォーマットしたらしい。

見なかったことにしたかったらしいな。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. タイで目覚めた日本人2017年4月5日 8:24

    「過去最悪のハッキング被害」の被害が軽微で深刻な影響をもたらすものではないって主張も意味不明ですよね(笑)
    「おまえは何を言っているんだ」の画像が浮かびます。

    返信削除
    返信
    1. アメリカは怒っていると思いますよ。
      よりにもよって、このタイミングですし。

      味方が頼りにならないことの方が、戦場においては厳しい局面になるんじゃないかと。

      削除
  2. 管理人さんの仰る事に激しく同意。
    味方が頼りにならない…それは死活問題ですね。
    互いに遵守してその上で…そういう場合は戦場なのだから諦めるしかない。
    しかし構造的な欠陥があり、それを頬かむりして言い訳で誤魔化そうとする相手と戦争できます?
    私は実戦経験のない冷戦下の元自ですが、最初の社会人経験を兵士として過ごした者です。
    最初の初等訓練では「時間の遵守」を教わった。
    たった1分の遅刻が部隊を全滅させる事もあると!
    それが戦場なのです。
    私は支那系にも半島系にも友人がおり、彼らとは軍隊経験を語り合って仲良くなった(笑)
    味方を信用できるか否かは兵士には大事です。信用ならない時には多大なストレスになります!
    銃弾の下で戦った経験はないけれども、災害出動という「実戦」は経験してます。洪水に閉ざされた施設からお年寄りを救出する任務で、水門を爆破開削する任務がありました。
    危険な任務でした。我々はそもそも施設科でない。
    でも、やり通せたのは、連携する消防や警察や消防団を信用できたからです。
    ましてや本物の実戦ならば「後ろから撃たれる」ような状況は元から回避をすべきと祖国政府に言いたいのです!
    自衛官になる以上は殉職も有り得る。
    だからこそ、前線で体を張る若者に、正当な理由なくして「厳しい局面」に立たされるような、そのような政治と外交は認められません!

    返信削除
  3. 実は自衛官としては実戦の経験は有りませんが、一度だけ戦闘を経験しました。私的に。
    私は除隊後に大学の探検部に所属していましたが、
    バキスタンのトライバル・エリア(北部辺境自治区)に汗血馬の子孫を探しに行きました。
    国道を一歩でも外に出ると国法が通用せず、部族のアガ(族長)が支配するエリアでした。
    そこで遭難しかけた時に救ってくれたのがパキスタン国軍の部隊でした。でも彼らは殺人犯の部族長で軍閥の長の甥を連行する最中でした。
    アガは甥の奪回に向けて拾ってくれた部隊を包囲しました(ひぇぇ…)
    その時に部隊を率いる隊長が、「人手が足りなくて…」と申し訳なさそうに言うのです。
    私が元自衛官で選抜射手であった事がガイド兼通訳から聞いたそうで。
    「一緒に護ってくれないか?」
    ひえー! 俺は汗血馬を探しに来たので、他国の扮装に介入するつもりはありません。
    でも…中央政府の役人を殺して奪回する訳です。
    どうせ口封じに俺達も殺される。
    だから綺麗事は言いません。生き残る為に参加をしました。まぁ以後の戦闘は映画のようなドラマチックなものではありませんですけど。
    それでもヘモグロビンの金属臭を嗅ぎました。
    正直、仔細は御容赦下さい。今でもトラウマで。
    でも、その時に従ったのは、しぬかも知れないのに、淡々と防御の為に動く兵士と、指揮官を観ているうちに、「こいつらならば信用できる!」と思ったからです。
    味方を信用できるかは命に関わります!
    後ろから討ちかねない連中とは一緒に戦えないし、そのような立場に後輩たちを送り込むのは真っ平です!!

    返信削除
    返信
    1. あのう…武勇伝として聞かないで下さいね。
      私なんかウンコ漏らして(しかも下痢)、
      ドバドバしながら動いていただけですから。

      削除
    2. 付録)
      本当にどうでも良いことですが。
      ウンコとか小便を戦闘中に漏らすて映画やマンガに出てきますよね?
      あれ嘘ですよ!
      助かった!そう感じた瞬間にお漏らしする。
      解剖学的に観て、尿道括約筋も肛門括約筋も
      自律神経のうちの福交感神経の優位です。
      キリキリと死ぬか生きるかな場面では交感神経が優位なので漏らしません(笑)
      本当にどうでも良い話です(笑)

      削除
  4. あるけむ(R.K.M)@fwbc19652017年4月6日 4:42

    自分も、けるびむ様や木霊様の仰ることに同意です。
    (自分には経験ない素人なので大口はたたけませんが)

    システム開発での「デスマーチ」の火消しチームに入ったことがあります。最悪、過労で倒れるという危険な任務です。これには、味方の後方支援がないと、どうにもなりません。その味方が信用できない無能であったら...たまらない感覚は少しはわかります。

    それはさておき、ちょっとおかしな情報が出てきました。
    「作戦計画5027」ではなく(英語の)「OPLAN 5027」でググったところ、こんな記事が出てきました。

    ソース)ハンギョレ新聞(英語版)「S. Korean and US militaries draw up a new operation plan」2015/08/28
    ※Googleで翻訳
    >8月27日、陸軍のある情報筋は、崔尹熙(チェ・ヨンヒ)韓国代表合同
    >参謀本部長とカーティス・スカパラロッティ総連合司令官が、6月に計
    >画された新計画「OPLAN5015」に署名したと述べた。
    (中略)
    >前回の運用計画(OPLAN 5027)は、北朝鮮が南北に侵攻し、そのシナリ
    >オに対応した6つの段階で構成された全面戦争を概ね想定していた。

    「作戦計画5027」が「作戦計画5015」に完全に置き換わったとは考えにくいので、流出は問題なのはわかりますが、「作戦計画5015」が流出していないのかを調査しているのか心配です。

    返信削除
    返信
    1. あるけむ様へ
      返信にしたのに別なコメントになってしまいました。貴兄に後の貴兄に向けたコメントを読んでいただければ幸いであります。

      削除
  5. 追記)
    今後PKFだかPKOだか知りませんが、自衛官が派遣されて、日本にはまるで関わりのない民族扮装や部族扮装に巻き込まれる事が出てくると思います。スーダンみたく。政治の事は解らないけど、
    俺はクリスチャンだけど。

    そこで後輩たちが殉職した時に、靖国に祀るのを妨害したならば、絶対にサヨクは許さない!
    拒否するならば神社も与党も許さない!
    それだけは決めてます。

    返信削除
  6. あるけむ様は倒れるまで戦ったのでしょう? 立派な兵士であると思います。
    補給と後方支援がなければ戦えないのは同じであります。
    立場と経験は違えども、共に真実を語り合える戦友のように想いました。
    でも…あるけむ様は御自分の為に生きているはずです。会社は国家ではありません。
    別に倒産しても構いません!
    企業戦士として生きるのならば、傭兵のようなドライな感覚をお持ちになる事をおすすめいたします。
    あるけむ様と御家族の為に人生はあります。会社は国家ではありません。

    返信削除
    返信
    1. あるけむ(R.K.M)@fwbc19652017年4月7日 6:46

      けるびむ様

      ありがとうございます。
      当時は、派遣社員や契約社員でSEをやっておりましたので、「金のため」で割り切ってました。
      ただ、派遣社員や契約社員を正社員並みに扱う企業から、ゴミくず程度にしか扱わない企業まで存在するのは事実ですね。
      その点、自分は幸運な方だったと思います。

      現在は、SE業からは足を洗いました。企業人でもありません。

      削除
  7. >けるびむ様
    >あるけむ様

    貴重な体験談をありがとうございます。
    旧日本軍も「取り扱いに注意」と、していたくらいですから、昔から変わらないのでしょうね。

    あと、追記で紹介しましたが、どうやら作戦そのものは別のものと置き換えられたという情報がある様です。
    あるけむ様がご指摘の作戦に該当するかは判断しかねるところですが、それを確認するのはかなり困難を伴うようですよ。
    何しろ、ハードディスクをフォーマットして証拠隠滅しちゃいましたから。

    なんとまあ、信頼できない話でしょうか。

    返信削除
  8. 朝鮮戦争時代には韓国軍は米軍を置いて逃げ出すことはよくあったそうですね。この記事と皆さんの話を聞いていて思ったのは、これいざ戦いになった時に友軍のはずの韓国軍が寝返って(表返って?)米軍を包囲したりしないですかね?もしそうなったら米軍総崩れにもなり兼ねないですよね。

    返信削除
    返信
    1. 多分、包囲はしなくて、職務放棄で逃亡するのが様式美のように思います。

      ……まあ何れにしても信用できませんよね。

      削除
  9. あるけむ(R.K.M)@fwbc19652017年4月6日 15:37

    >何しろ、ハードディスクをフォーマットして証拠隠滅しちゃいましたから。

    「format C:」でもかけたのですかね?よくわかりませんが。
    でも、「フォーマット」処理はデータを消去することではなく、OSからディスクを扱えるように設定する処理なので、内部の磁気データは、ほとんどそのままですよ。

    最後の派遣先企業では、専用のCDディスクからPCを起動し、ハードディスクをすべて同じ文字で埋め尽くした上で返却するルールがありました。

    「ファイルの削除」も同じですよ。基本的には領域の状態を「使用中」から「未使用」に変更するだけですから。

    返信削除
    返信
    1. そうですね。
      本気でやろうと思えば、データのサルベージくらいは出来るのだと思います。

      この話で深刻だなと思うのは、軍のトップがいきなりフォーマットを指示したことです。つまり、調査する気が無いと言ったも同然なんですよね。

      削除
  10. 無能な働き者の味方が敵よりも恐ろしい、の見本ですね。

    返信削除
    返信
    1. 恐ろしいですねぇ。
      頼りに出来ないのが「味方」と呼ばねばならないというのは。

      ただまあ、日本と韓国は同盟国ではありません。幸いなことに。無視するとアメリカ様に叱られますけどね。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。