民進党、長島氏離島の笑劇

民主党政権時代、防衛副大臣を歴任していた長島氏が、民進党から離党する模様。

民進党・長島昭久議員、離党届を提出

2017年4月10日 12:38
防衛副大臣などをつとめた民進党の長島昭久衆議院議員は、党執行部の野党共闘路線に反発して離党届を提出した。
まさに「やってられん!」と言うことらしいな。


取り上げるつもりも無かった記事だが、少し長島氏という人物に興味が湧いたので言及してみることに。
 長島衆議院議員「共産党との選挙共闘という党方針は、私にとり受け入れ難いものです。最近では民進党の基本政策にまで共産党が影響を及ぼすかのような場面が目立つようになりました」
民主党内でも民進党内でも右派に属する議員だったようで、いや寧ろ極右に位置する様に見えたのだろう。民進党内では冷や飯を喰らわされていた模様。

しかし、そうまでして民進党に拘り続けた理由がよく分からないな。
  • 2009年9月18日~ 鳩山内閣の防衛大臣政務官
  • 2010年6月8日~9月17日 菅内閣の防衛大臣政務官
  • 2011年9月2日~ 野田内閣の内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)
  • 2012年10月1日~12月26日 野田第3次改造内閣の防衛副大臣
完全に防衛担当専任という感じだ。
まあ、民主党の防衛大臣で比較的まともだったのは、森本氏のみ。次点で辛うじて北澤氏の名前が挙がってくるが、まあ、その他は酷いものである。

それ故、その手腕がまともだったかどうかと言うことについては、この実績からは判断し難い。
ただ、本人が保守派を標榜するように、右寄りの思想の持ち主である事は間違いなさそうである。



故に離党理由も、「共産党と相容れない」という所が大きい様だ。

「『アベ政治を許さない!』と叫ぶことを求められた。熟議も提案もない」と痛烈批判

2017.4.10 14:56
 長島昭久衆院議員が10日、国会内で記者会見を開き、民進党からの離党を表明した。会見の冒頭、「独立宣言-真の保守をめざして」と題した声明文を読み上げた。会見の詳報は次の通り。
長島氏は色々な民進党の内情を暴露している訳だが、その酷さについて今さら言及するつもりは無い。
しかし、格好を付けたところで、民進党としてはコレを受け入れるわけにはいかない模様。除名処分になる様である。

都議選前に「離党ドミノ」 長島氏を除名へ

会員限定有料記事 毎日新聞2017年4月11日 東京朝刊
 民進党の長島昭久衆院議員(比例東京ブロック)が10日、国会内で野田佳彦幹事長に離党届を提出した。東京都議選(6月23日告示、7月2日投開票)が間近に迫る中、公認候補予定者に続き、陣頭指揮を執ってきた党都連幹事長の離党届提出で、「離党ドミノ」に歯止めがかからなくなっている。
そうでもしなければ、東京都の都議選の陣頭指揮を執ってきた長島氏の影響力によって、民進党が瓦解しかねないからである。
 
随分と痛烈な批判をしているので、これに呼応して辞める民進党議員も出かねない勢いだ。
 長島氏は、都議選の責任者でもある党都連幹事長だったが、当初36人の公認予定者のうち、自身の元秘書を含む7人が離党届を提出。責任を取り都連幹事長の辞表を出すばかりか、「離党ドミノ」に加わった。7人中4人は、小池百合子都知事が事実上率いる「都民ファーストの会」から都議選に出馬。長島氏も、小池氏との連携を模索しているとみられる。当面は無所属となるが、「あらゆる可能性を探りたい」と述べ、「これまでの都議会を一掃しようとしている姿勢は、意義深い」と小池氏を評価した。
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1805870.html
自身は、支持率の高い小池氏の政党に加わろうとしている辺り、ちゃっかりしている。



所詮は民進党に長く留まっていた議員である。
主義主張が、民進党内で通らないことくらいは、今のタイミングで無くても分かっていた話。
寧ろ、2009年の夏の選挙の時点で既に、民主党のその腐り具合には辟易する程分かっていたはずだ。2003年に民主党公認で衆議院選挙に出馬して当選してから、一体、何を見て政治をやってきたというのだろうか。
え?仲良しの前原誠司だ?まあ、それはあるかも知れない。

そして、かつては民主党が容認していた消費税、TPP、ACSA(物品役務相互提供協定)、秘密保護法制、安保法制、憲法改正、共謀罪等々、今や、全て反対どころか徹底抗戦、一歩も譲らないという状況になっていることを嘆いているわけだが、そんなのとっくに分かっていたことじゃないか。

客寄せパンダの村田蓮舫氏が党首になった辺りで、せめて気づくべきだったと思うのだが、そうした知恵も無いんだろうか。


……もちろん、気がつかない振りをしていたのだろうね。
そして、このタイミングでの離党は、民進党が共産党と選挙協力を本格的にやり、反原発路線で連合と拗れていくことを考えると、保守派を標榜する自分が選挙で不利になる可能性が高いと判断したから、だろうね。

元々、民進党にせよ民主党にせよ、理念など持たない政党で、民主党時代には綱領すら掲げられなかった。選挙互助会、それが民進党の正体である。故に、保守を標榜する長島氏であろうと、選挙で勝てれば民進党から抜ける必要は無いのだ。だって、右にいようが左にいようが関係無いから。

だが、極左勢力と手を結ぶとなると、右寄りの人間にとっては立場が無くなるのは事実だろう。

多分だが、それだけの事なのである。

だって、民進党員だぜ?



さて、とは言うものの、個人的には民進党に何の期待もしていないし、何の感想も持たないことにしている。
だから今回の離党騒ぎにしたってどうでも良い話。

だが、これが日本の野党第一党かと思うと、何とも哀しくなる。だって、長島氏がまともかそうで無いかはさておき、「かつては民主党が容認」していた政策である、「消費税増税、TPP、ACSA、秘密保護法制、安保法制、憲法改正、共謀罪」って、全部、経済と防衛関連じゃ無いか!

つまり、民進党は経済や防衛の関連の方針を、民主党時代から大きく転換したことになる。したことになるにも関わらず、対案が皆無なのだ。

一体、何の目的で政治をやってるんだよ!売国か?売国なのか?

タイトルに笑劇と書いたが、しかし、全く笑えない。政治家とは一体何なのか……。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
<

コメント

  1. 山田の案山子2017年4月11日 18:42

    渡辺周氏の方が先に離党されるのでは? と思ってたのですが選挙区事情が許さなかったのでしょうか? 惜しい方です。

    返信削除
    返信
    1. 渡辺周氏といえば、真面目に国会答弁をされていた印象がありますね。
      信頼のおける防衛副大臣といった感じで、一川氏が答弁するくらいならば、渡辺氏にやって貰いたいと、そう思っていました。

      何で民進党にいるんですかね?

      削除
  2. あるけむ(R.K.M)@fwbc19652017年4月11日 18:55

    >故に離党理由も、「共産党と相容れない」という所が大きい様だ。
    これは、分からないでもないです。

    >責任を取り都連幹事長の辞表を出すばかりか、「離党ドミノ」に加わった。
    >7人中4人は、小池百合子都知事が事実上率いる「都民ファーストの会」
    >から都議選に出馬。長島氏も、小池氏との連携を模索しているとみられ
    >る。
    これは、理解不能です。
    「都民ファーストの会」幹事長の音喜多議員については、共産党系のNPO・支援組織(築地女将さんの会など)との連携情報があり、「都民ファーストの会」自体が共産党と連携している可能性が示唆されてます。
    (裏は取れていないSNSレベルの情報です)
    そこに接近するかなあ~?という感じです。接近するなら、単なる選挙対策ですね。

    返信削除
    返信
    1. そうですね、どちらにせよ共産党に近づいてしまうのですから、おかしな話です。
      「選挙対策」と割り切って離党するのであれば、わさわざ離党理由に共産党との共闘を持ち出して否定しなくても良いわけです。

      どうするのかは見物ですね。

      削除
    2. あるけむ(R.K.M)@fwbc19652017年4月12日 5:51

      >長島氏も、小池氏との連携を模索しているとみられる。
      この件について、他のニュース記事を調べて見ました。
      連携模索=TBS、NHK、毎日新聞、朝日新聞
      連携否定=ハフィントンポスト
      断言無し=産経新聞
      という感じです。
      長島昭久議員と都民ファーストの会の連携は、サヨクメディアの忖度(というか願望)のような感じです。

      産経新聞「民進・蓮舫体制が大混乱 離党届の長島昭久氏「まともな党内論議もないまま共産党主導」 細野豪志氏は独自の改憲私案発表」
      >「都民ファーストの会」との連携は、「思いを共鳴してくださる
      >方と行動をともにしたい」と述べるにとどめた。
      ハフィントンポスト「長島昭久議員民進党離党の衝撃」
      >「都民ファーストの会」との連携を問われ、きっぱりと
      >「それはない。」と断言した長島氏。
      TBS「民進・長島議員が離党届、「都民ファースト」と連携も?」
      >今後の政治活動については、「あらゆる可能性を追求していき
      >たい」と述べるにとどまりましたが、東京が地元の長島議員
      >は、都民ファーストの会との連携も模索するものとみられます。
      NHK「民進 長島昭久衆議院議員が離党へ」
      >長島氏は当面、無所属で活動しながら、東京都の小池知事が率
      >いる地域政党、「都民ファーストの会」との連携も検討したい
      >考えです。
      毎日新聞「長島昭久氏離党へ 都知事の会との連携模索」
      >今後は、小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」との
      >連携を模索するとみられる。
      朝日新聞「民進・長島昭久議員、離党届提出へ 共産と共闘に不満」
      >地域政党「都民ファーストの会」との連携も模索している。

      削除
    3. 色々情報をありがとうございます。

      なるほど連携を否定する発言もあるのですね。
      まあ、発言の一貫性という意味で考えると「都民ファーストの会」に合流することはおかしな話なのですが……、実際にやりかねないなと思わせるところが何とも。

      削除
  3. 遅まきながらコメントを。オイラはね、この人ちょっとヤバイなって思うんですよ。多分エセ捕手なんだと思う。木霊さんも指摘されてますが、何故今なのか?民主、民進のダメっぷりはとっくに明らかなのに。答えは簡単ですよ。小池党に入れば安泰そうだから。共産党がどうとかは口実に過ぎませんよ。アルケム様がおっしゃってますが、共産党の影がチラついていて、政治思想も明らかで無い党に飛びつくのは無節操な小判鮫議員だからじゃないですかね。

    返信削除
    返信
    1. そうなんですよね。
      明らかにヤバイ臭いがします。

      ただまあ、独立して一匹狼でできることはしれていますし資金的にかなり厳しいでしょうから、どこかの政党に取り入る可能性は高いですね。
      でも、小物なので、まあ、大勢に影響はないように思いますよ。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。