2017年5月9日火曜日

無人水上艇を進水させるぜ!

あ、そう。

韓国、北朝鮮潜入遮断する無人水上艇を来月進水

2017年03月17日10時57分

  韓国政府が、西海(ソヘ、黄海)で北朝鮮軍の潜入を遮断し、違法操業の中国漁船に対する監視任務を遂行する無人水上艇「海剣」を来月、進水させることが分かった。

無人水上艇って、ラジコンか何かかな?


こんなのらしい。

海剣

なんじゃこれ?

海洋水産部は2015年に防衛事業庁と提携して複合任務を行う無人水上艇の技術を開発すると明らかにした。2019年までに投入される予算は300億ウォン(約31億円)だ。

2015年から色々と開発していた様だが、これで予算が31億円相当なのだそうで。

 

……31億円?開発費が?

軍では、無人水上艇が西海の北方限界線(NLL)など北朝鮮に面する海域で24時間監視偵察と水中探索任務を遂行する予定だ。民間では、排他的経済水域(EEZ)内での中国漁船による違法操業の監視にも活用することができると期待している。

24時間監視偵察任務って、経常を見る限りステルス性などは考慮されている気がするけれど、ステルス性が気にされているのは船の形だけで、上にくっついているモノはどう考えてもレーダーを反射する様に思える。アンテナなんだろうけれど、もうちょっと何とかならなかったのか。

 

船体だけステルス性を高めても意味が無いと思うんだけど、小さいから大丈夫ってことなのかなぁ?ただ、小さいなら小さいで運用に問題が出る。高波なんか被ったら一発で沈みそうな気がする。


空を飛ばすよりは技術的に容易なんだろうけれど、しかし、どうやって使うシロモノなのやら。

興味深い。

 

続報を期待しているぜ!!



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

9 件のコメント :

  1. タイで目覚めた日本人2017年5月9日 14:42

    続報を期待・・・うんうん。
    今回は何処が笑いどころなんでしょうねぇ?
    目的と性能がはっきりせんといまいちわかりませんねぇ。。。

    返信削除
    返信
    1. 目的は「無人化」と「偵察任務」を両立させることでしょうから、まあ、理解出来るものです。韓国海軍は人手不足に悩んでおり、徴兵制度で兵員を増員できる陸軍とは事情が異なります。
      故に、無人化できればそれは良い事なのでしょう、と、そういう話にはなるのですが……、問題はどの程度のモノが開発出来たか?ですよね。

      今回の記事はあくまで記録に留める程度のお話。続報に期待したいところです。

      削除
  2. ウケを取るのが目的では?
    過去記事を読むと 、さようにしか理解しかねるものがあります。

    返信削除
    返信
    1. 色々やってみたいのでしょうね。

      しかし、着眼点自体は悪くないと思うのですよ。
      問題は実現可能性の方でして。

      削除
  3. 韓国には「魚ロボット」と言う前科が有りますからね・・・
    続報に期待!     無いかも知れませんか。

    返信削除
    返信
    1. 四大河川事業の魚ロボットですよね。
      寧ろ、僕たちの酒の肴になった気がしますが、あれ、確か、開発者が逮捕されたとか何とか。

      「かにロボット」の方も忘れないであげてください!!

      削除
  4. なしょじ夫2017年5月9日 20:12

    ただのパクりでしょ
    https://nge.jp/2014/10/10/post-85927

    返信削除
    返信
    1. この手の研究は各国でやっていますから、パクリ、という程の話では無いのかも知れません。
      まあ、何れにしても、どういった形で実現されるのか続報を待ちたいところ。

      削除
  5. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年5月12日 4:19

    あんまり、相手を利するようなネタを書くべきではないのかもしれませんが、こんな製品があるようです。

    ソース)コデン(株)「調査用無人リモコンボート」
    製品の特徴
    ・取得CSVデータ:X,Y,水深,緯度,経度,GPS日時等
    ・自動回帰
    ・自律測線走行
    ・目的地走行

    韓国の無人水上艇は「全長は8メートル、最大速力は30ノット(時速55キロ)」ということなので、この製品に比べてかなり大きいですが。
    ソース)聯合ニュース「海上境界線監視する無人水上艇」
    ※この記事の画像の出所の模様

    返信削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。