北朝鮮の核廃棄の条件

600億ドルですか?

「北朝鮮、600億ドルの無償援助で核廃棄」

入力2017-05-12 03:00修正2017-05-12 09:05
「北朝鮮が核廃棄を条件に、10年間、毎年600億ドルの無償援助とアメリカとの間の平和協定の締結を要求した。「最近、中国のいくつかのメディアオンラインサイトに上がっている内容である。報道内容は非常に具体的である。中国が昨年8月から北朝鮮との核放棄を前提とした秘密交渉を進めてきた、交渉は現在希望的ということだ。北朝鮮の要求条件は、現在、4種類。今後10年間、米国、中国、日本、ロシア、韓国など5カ国が無償で毎年600億ドルずつ北朝鮮に提供し、米国と北朝鮮は平和協定を締結し、中国とロシアは、北朝鮮との協定を通じて北朝鮮政権の安全性を確保すれば、北朝鮮は3年以内に核凍結をはじめと段階的に核廃棄段階まで至るのである。
ふざけたニュースだが、しかし、ニュースソースが怪しいので、これが本当かどうかはちょっと……。




この韓国のメディアも、支那のメディアが伝える内容だとしている。
当初この内容を報道したのは、香港の有力月刊誌ハルビン正明(爭鳴)5月号だ。中国外務省はまだ公式の反応がない。
支那のメディアはその殆どが支那政府の圧力をまともに受けているが、香港の月刊誌となるとその影響力は何処までか?という気はする。
ただし、ある程度は支那政府の影響下にある事が予想される。
しかし、韓国と中国の外交がで懐疑的な反応が多い。600億ドルは、北朝鮮の年間国内総生産(GDP)280億ドル(CIA推定)の2倍を超える金額である。北朝鮮は、物価を勘案した総生産(PPP)も400億ドルに過ぎない。
とはいえ、ここまで巨額の援助金要求をすると言うことが、果たしてありうるのか?と言う点を含めて、韓国のメディアは疑念を示している。

可能性としては、支那メディアのでっち上げというパターンと、北朝鮮側が無理を承知で吹っ掛けているパターンの2つがある。
どちらも可能性としては十分に考えられる。

尤も、どちらにしても600億ドル(7兆円弱相当)を「毎年くれ!」という話を呑めるわけもない。

ちょっと話は変わるが、支那がこんな発表をしていた。

中国、「一帯一路」に1240億ドル 自由貿易推進へ

2017年5月15日09時07分
 [北京 14日 ロイター] - 中国が進めるシルクロード経済圏構想「一帯一路」の国際会議が14日、2日間の日程で北京で開幕し、習近平国家主席は、平和や自由貿易の推進に向けて同構想に関連し1240億ドルを投じると表明した。
支那の一世一代の経済改革としてぶち上げている「一帯一路」構想に投入するお金が1240億ドル。
 主席はシルクロード基金の1000億元(145億ドル)増額や政策銀行による3800億元の融資、新経済圏周辺の途上国などに対する600億元規模の支援を表明した。
 また、金融機関に対し海外の人民元建て基金ビジネスを3000億元規模に拡大するよう促す考えを示した。
なかなか大盤振る舞いではあるが、これ、毎年投入するという話では無い。
 
支那のような大きな国ですら、巨大プロジェクトにぶち込むお金がこの程度なのである。

中国国防費、初の1兆元超に 17年予算7%増
景気減速映し2年連続1桁の伸び

2017/3/4 13:30
【北京=永井央紀】中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の傅瑩報道官は4日、北京の人民大会堂で記者会見し、2017年予算案の国防費が前年実績比で7%前後増えると明らかにした。16年の国防費予算(中央政府分)を基準に計算すると約1兆200億元(約16兆8千億円)となり、初めて1兆元を超える見通しだ。
ちなみに、支那の2017年度の軍事費は約1兆200億元と、1600億ドル相当もの予算を注ぎ込んでいるので、ここから600億ドル程北朝鮮に分けてやれよ!と思われる方もいるかも知れないが……。



しかし、そもそも北朝鮮への支援は6カ国協議(2003年~2007年)まで行われ、巨額の支援を北朝鮮に行っているが、この支援の条件が朝鮮半島の非核化であった。
もちろん、その条件は反故にされたことは言うまでも無い。

つまり、北朝鮮に対してお金を出したところで意味は無いのである。え?そんなことは分かっている?ご尤も。

北、バングラの銀行にサイバー攻撃し外貨獲得か

2017年05月11日 13時13分
 【ワシントン=大木聖馬】米上院国土安全保障・政府問題委員会は10日、サイバー攻撃に関する公聴会を開き、出席した米大手情報セキュリティー会社「シマンテック」の幹部、ジェフ・グリーン氏は、北朝鮮がバングラデシュの銀行にサイバー攻撃を仕掛けて、8100万ドル(約92億円)を盗んだとの分析を明らかにした。
こんな記事もあったが、北朝鮮は外貨を何らかの方法で獲得し続けているようだ。支那からの裏からの支援という話も囁かれており、困っているのは北朝鮮の人民だけなのだろう。


そう、誰しも分かっているハズなのに、北朝鮮がこんな事を言い出した理由は一体何なのか?と言うところが問題なのである。

北朝鮮「新型ミサイル発射に成功」 金正恩氏が視察

2017/5/15 7:51
【ソウル=山田健一】北朝鮮の国営メディア、朝鮮中央通信は15日朝、新型の中距離弾道ミサイルの発射実験に成功したと発表した。前日の14日朝に日本海に向けて発射した弾道ミサイルを指しているとみられる。
何処にお金があるのか、北朝鮮は再び新開発と思われるミサイルを発射した。今回はロフテッド軌道での発射という事もあって、これが自由に選択できるとしたら、より迎撃が難しくなったと言える。

北朝鮮にとって、支援要請はブラフに過ぎず、時間稼ぎをしているのでは無いか?という懸念はある。

結局のところ、アメリカに核弾頭を突きつけられる状態にしてからの交渉でないと、北朝鮮にとっては意味が無い。
だとすると、「核放棄の条件」などという話は、検討する価値が無いことになる。

アメリカに核弾頭を打ち込める「槍」を手にしたとき、北朝鮮が何を要求するのかは気になるが……、少なくとも「槍」を手放す条件をアレコレ考えるのは時間の無駄なのだ。


 

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 山田の案山子2017年5月15日 13:06

    北を灰にするのに60兆円も懸かる?
    どっちが安上がりか?

    返信削除
    返信
    1. 迷わず北を灰にしたいところです。

      ただ、その前に被害者を救出に行かねば。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。