2017年5月29日月曜日

「国連の方から」詐欺、国連事務総長に否定される

「総意ではない」という言い回しが気になるところではあるが。

国連事務総長が慰安婦の日韓合意に「賛意」「歓迎」 テロ等準備罪法案批判「国連の総意ではない」 安倍晋三首相との会談で

2017.5.27 22:10
 【タオルミナ(イタリア南部シチリア島)=杉本康士】安倍晋三首相は27日午前(日本時間27日夜)、タオルミナ市内で国連のグテレス事務総長と会談し、慰安婦問題に関する日韓合意について日韓双方が履行することの重要性を強調した。グテレス氏は合意に「賛意」と「歓迎」を表明した。首相がグテレス氏と会談するのは今年1月の事務総長就任後、初めて。
安倍氏、G7に何をしにいっていたんだっけ?と思っていたら、なかなかの成果を上げた模様。



さて、関連するのは先日のこのニュースである。
国連の特別報告者が何やら騒いだ上に、日韓合意に関しても変な勧告を出していたという話。
とはいえ、この勧告文書はもともと韓国政府向けの話であった。よって、韓国政府が「日韓合意の見直し」と言い出す根拠になる可能性はあったが、日本に何か直接言われたという話では無かった。

ともあれ、韓国への勧告が「事実に基づかない」と、日本政府が反論文書を提出した上で、安倍氏が国連事務総長と会談して、発言を引っ張り出したのがこの冒頭のニュースである。

ついでに、テロ等準備罪についても説明して来たのだから、用意周到である。
 首相は、日本政府が国際組織犯罪防止条約締結に向け「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の今国会成立を目指していることを説明。グテレス氏は改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏について「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と述べた。
村田蓮舫氏はこれについて文句を言っていたが……。

民進・蓮舫代表、国連特別報告者の批判「提言内容軽視すべきでない」

2017.5.28 18:11
 民進党の蓮舫代表は28日、国連特別報告者のケナタッチ氏が「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を批判したことに関し、「国連の関係者で提言内容は軽視すべきではない」と重ねて強調した。都内で記者団に語った。
国連事務総長の話を聞いた上でこの答弁と言うから、驚くべきなのか、厚顔無恥と言うべきなのか。
蓮舫氏はまた、イタリア・タオルミナの先進7カ国(G7)首脳会議で、国際組織犯罪防止(TOC)条約の締結に向け、改正案の成立を目指す日本政府を各国が支持したことに触れ、「われわれも同条約への参加は賛成だ。ただ、277の犯罪に網をかける共謀罪(同法改正案)は必要はない」と語った。
じゃあ、なんで民主党政権時代にTOC条約の締結を推進しなかったのよ。



ともあれ、この話は韓国でもニュースになっている模様。

安倍首相に会った国連総長「韓日慰安婦合意を支持」

2017年05月29日08時25分
  アントニオ・グテーレス国連事務総長が韓日慰安婦合意を支持するという立場を明らかにしたと、日本メディアが27日(現地時間)一斉に報道した。
  外務省の発表を引用した報道によると、問題の発言はグテーレス総長がイタリア南部タオルミナで開催された先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)で安倍晋三首相に別に会った席で出てきた。共同通信によると、安倍首相は「日韓両国がこの合意を遵守することが重要だ」と述べ、これに対しグテーレス総長は「この合意を支持し、歓迎する(support and welcome)」と答えたという。
  これに関連しNHKは「安倍首相が慰安婦問題をめぐる日韓合意の実施の重要性を指摘したのに対し、グテーレス氏は日韓合意を支持する考えを示した」と伝えた。
まあ、先代の国連事務総長も歓迎してたしな。

国連事務総長、歓迎の声明

毎日新聞2015年12月29日 21時06分(最終更新 12月29日 21時06分)
 【ニューヨーク草野和彦】国連の潘基文(バン・キムン)事務総長の報道官は28日、慰安婦問題での日韓両政府の合意について、「事務総長は両国関係の改善に寄与することを期待している」と歓迎する声明を出した。
後で、発言を撤回するようなシーンもあったけれど、合意を歓迎した事実は消えない訳で。



今後も「国連の方から来ました~」的な話は後を絶たないのだろうけれど、重要案件に迅速に動ける人材を持てるというのは、非常にありがたい話。

国内の経済関連の政策に関しては疑問符をいくつも付けられる安倍氏だが、外交政策に関しては外れが無い様に思う。
この件も、これで終わったわけでは無いトコロが面倒だけれど、相手は韓国である。気長に、遠巻きにして付き合っていくしか無さそうだ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

4 件のコメント :

  1.  中期的に見れば、10月の中韓スワップの更新が、韓国外交のタイムリミットと言えます。
     慰安婦合意履行(=日韓スワップ)か、THAAD撤回(=中韓スワップ)か、の2つの選択肢で考えるのか。
     それとも、慰安婦合意破棄、日韓スワップ締結、THAAD配備、中韓スワップ更新、限韓令解除というパーフェクトな勝利を望むのか。
     それぞれの項目は、排他的にリンクしており共存は不可能ですが、韓国民とメディアは、この不可能な外交勝利を望んでおり、ムン政権の高支持率の源です。
     あと5カ月で、不可能を可能にする外交戦略がとれるかどうか、平昌五輪まであと9カ月とか騒いでいる余裕はないのかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. 韓国の外交的勝利条件って、一体何なんでしょうねぇ。

      現状維持と存続は既に破綻していますので、結論の先延ばしが一番妥当な回答に成り得るでしょう。が、ソレだと未来が無い。

      財閥解体で経済を焼け野原にする手はあるかも知れません。痛みは伴いますが、基礎技術の積み重ねを狙うのであれば避けられない道です。ただ、それをやって幸せな未来がつかみ取れるかというと、そもそも国民性から考えても難しいでしょう。

      何処に向かうのが正解なのかが分からない、それが韓国の現状なのかも知れません。

      案外、目標を定めることが一番やらなければならないことなのかも知れませんね。

      削除
  2. >目標を定める

    現実的な目標設定が出来て、なおかつその目標が実現出来るなら、それは朝鮮人じゃありませんな。

    返信削除
    返信
    1. >朝鮮人じゃ無い

      反日を止めたら朝鮮人じゃ無い、と同じレベルで話をしてしまうと、そこから前に進まないわけで。

      カリアゲ君はそういう意味ではがんばっている気が……。
      日本にとっては迷惑この上ないけれども。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。