民進党玉木氏、獣医師連盟から献金を受けていたことが発覚

本日は、体調が悪いので簡単な記事を1つ。

追及側の民進党、玉木雄一郎氏、獣医師連盟から100万円献金 「規制改革の邪魔しているだけじゃ」 民進議員が「獣医学部新設」を国会で陳情の過去も

2017.5.21 09:00
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画に関する記録文書を巡り、民進党が「総理のご意向」を問題視している。だが、この問題を熱心に国会で追及している民進党の玉木雄一郎幹事長代理(48)が平成24年に「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受けていたことが分かり、ネットでは「規制改革の邪魔をしているだけでは」という批判が起きている。
まあ、業界団体と繋がりがある事そのものは悪いことじゃない。ただ、金を貰ってその団体に有利になるように運動するのは色々と問題があるよね?それをまさに批判しているんだから、民進党は。

調査チームとやらが編成されてどうなったか、という状況の加計学園問題だが、足下が揺らいでるようだな。
この問題の急先鋒に立つのが民進党の玉木氏だが、どうにも旗色が悪い。
 日本獣医師会はホームページ(HP)に1月30日、会長短信「春夏秋冬(42) 獣医学部新設の検証なき矛盾だらけの決定に怒り」と題する挨拶文を載せている。
 蔵内勇夫会長名での「会長短信」は、国家戦略特区諮問会議で、獣医学部の新設・定員増を認めないとする従来の大学設置認可基準を緩和するとした政府方針に激しく反発。
 獣医学部の新設をやめるか、これが不可能な場合でもせめて1校にするよう政治家に働きかけたとしている。

日本獣医師学会の意向はこんな感じ。
日本の獣医が増えて貰っては困るようなのだ、獣医師学会は
で、玉木氏が問題視しているのは、まさにこの記事にある国家戦略特区諮問会議の方針らしい。


テレビで、その点について説明をしていたが、まさに問題だらけの回答であった。


別所氏「民進党は何を論点にされようとしているんでしょうか?」
玉木氏「閣議決定違反です!」
別所氏「どこに違法性があるのでしょうか」
玉木氏「違法性ではありません!」

市川沙耶氏「どういうシナリオを想定されていますか?加計学園側が便宜を図ってもらってまで獣医学部を作りたいのが理解出来ないです」
玉木氏「理由は分かりません!定員がたくさんだからメリットあるんじゃ無いかな?」
市川沙耶氏「民進党としては、何が行われたと思っているんですか?」
玉木氏「閣議決定の4条件を満たしていないのに、手続を進めたのがおかしい!それをしっかり確認したい!」
やる気あるのかよ!!



調査チームは、結局何もできなかったようだし。

民進党、お決まりの空騒ぎ 「加計問題」追及も現地視察門前払い、法務委では大騒ぎ

2017.05.21
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が、国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐり、民進党が国会で追及していた「文書」について、松野博一文科相は19日、「存在が確認できない」と発表した。現地視察では地元自治体関係者にも会えず、お決まりの「空騒ぎ」となりつつある。
~~略~~
 また、視察に先立ち、愛媛県庁と今治市役所を訪問。説明を求めたが、それぞれ「担当者らが不在で対応できない」と告げられたという。


前回と同じパターンかよ、せめて、アポくらいとれよ!
玉木氏「担当者にお話を伺うことくらいは出来ると思っていったんですが……」
アポとれ

そもそも閣議決定というのが法的拘束力を有しない、行政のトップにおける合意事項である。よって、違法性がどうのこうの、と言う話は出てこないのは当然である。
寧ろ、民進党は野党なのであるから、閣議決定が履行されないという点は寧ろ喜ぶべきで、さっさと議員立法でも何でもして法整備を目指せば良いのである。



玉木氏への政治献金が明るみに出たところで、政治家である玉木氏に獣医師連盟が献金をし、その見返りとして今回の騒ぎが起こされたとすれば、贈収賄の嫌疑がかかる。
 獣医学部はここ50年新たな新設はなく、日本獣医師会は「獣医は足りている。獣医学部の新設は必要ない」と主張しているが、高井氏は「中四国併せても2大学しかない。獣医が足りない」とし、後ろ向きな文科省の答弁に対し、石破茂地方創生担当相(当時)に助け船を求め、愛媛県今治市の加計学園と具体名を出して新設を要望していた。
そもそも地方の獣医師が足りないのは今に始まったことでは無いのだろうが、特区構想を使っての獣医学部の新設がそんなに問題なのだろうか?閣議決定に反する事がそれ程問題なのか?
 で、今、文科省からお答えを申しましたように、平成27年6月30日に閣議決定がございます。日本再興戦略改訂201号というものでございます。そこは今、文科省が申し上げたとおりの内容ということになっておりまして、これをきちんと満たしたかどうかということは、きちんと検証されてしかるべきであるという風に思っております。
 閣議決定でございますので、この趣旨はきわめて重いものでありますから、実際にそれでも必要だということになれば、それを拒むものではありません。この閣議決定の意味をよく理解しながら進めて参りたいと思います。
さて、これが記事に紹介されている2016年の石破氏の答弁なのだが、当時、地方創生担当大臣の職にあって、「必要とあらば、閣議決定の内容に沿わない可能性もありうる」との答弁であった。
 
つまり、「それでも必要だ」という事になったのだろう。
今回、民進党の狙いはそのプロセスを明らかにする事になる訳だが、そこに違法性は存在しない。
じゃあ、プロセスが明らかになったときに何を問題にするのだろうか?プロセスの内容を問題視する?
 
相変わらず、何がやりたいかよく分からないな。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年5月22日 18:57

    >本日は、体調が悪いので簡単な記事を1つ。
    お大事にしてください。

    さて、玉木雄一郎の言っていることは無茶苦茶ですね。

    閣議決定の意味から見てみます。
    >憲法や法律で内閣の職務権限とされる事項や国政に関する重要事項で、
    >内閣の意思決定が必要なものについて、全閣僚が合意して政府の方針を
    >決定する手続き。
    これを見る限り、法律等に反しない限り、過去の判断(閣議決定)に縛られない(新しい閣議決定=方針決定を行えばよい)と考えます。

    当然「閣議決定の4条件(玉木雄一郎のブログでは「石破4条件」となっている)」から方向転換しても問題ないと考えます。

    過去の閣議決定に縛られるとしたら、民主党政権は麻生政権の閣議決定に縛られることになりますけど、そんなことは無いですよね。

    閣僚が替わった段階で、過去の閣議決定を否定し、新しい閣議決定を出すことは、なんら問題ないと考えます(というか、それが当然)

    返信削除
    返信
    1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年5月23日 6:26

      引用部分のソ-スを書き忘れました。

      ソース)デジタル大辞泉-コトバンク「閣議決定とは」
      >憲法や法律で内閣の職務権限とされる事項や国政に関する重要事項で、
      >内閣の意思決定が必要なものについて、全閣僚が合意して政府の方針を
      >決定する手続き。

      削除
    2. ご心配、ありがとうございます。

      玉木氏がまともな考えの持ち主かどうかはよくわかりませんが、政治家としての実績は残念の一言のようで。

      削除
  2. この議員、獣医師会の総会で特区、獣医学部新設は阻止するって発言しているようですね。
    日本獣医師会 第72回 通常総会 平成27年6月22日
    で検索したら出てくるようです。
    獣医師会の忖度を受けての行動と疑われてもしょうがないことをしてますよ。

    返信削除
    返信
    1. カネを受け取っていますから、忖度では無くて、お金と引き換えに便宜を図っているという構図ですね。

      削除
  3. タイで目覚めた日本人2017年5月23日 8:34

    いったい、どうしたら仕事しないで足を引っ張る政党を根絶出来ますかね?
    ・・・と、いうか、国会議員でも地方議員でも客観的に業務内容を分析して仕事してないやつを駆逐するとかって仕組み作れないもんですかね?
    政党という存在に関しても会計監査はあるにしても、立法業務を怠っていると判断されたら解党させるとか・・・あんまり好きじゃないけどオンブズマン的なもんで客観的な成績をつけさせるとか、なんか出来ないもんだろうか。

    返信削除
    返信
    1. 働かない議員が当選してしまうのが、今の日本の現状です。
      選挙ごとにしっかり見極めるしか無いのでしょうね。

      ただ、せめて、その議員の実績などが政党に評価されるような仕組みが導入されると、もっと評価はしやすいのですけれど。オンブズマン的な組織があって評価をつけるというのは良いことかもしれません。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。