【驚きの白さ】籠池氏、何故か100万円を返しに昭恵氏の店へ【白万円】

ああ、ニュースになっちゃった。

「100万円返す」籠池前理事長が訪問

毎日新聞2017年6月21日 21時44分(最終更新 6月21日 23時07分)
 学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典前理事長が21日、安倍晋三首相の妻昭恵氏が経営する東京都千代田区の居酒屋を訪れた。「昭恵氏から寄付された100万円を返すため」というが、店側から受け取りを断られた。
この話で興味深いのは、100万円が括弧書きで括られて報道されている点だ。流石にちょっと証拠が不十分だと思われたのだろう。
ちょっと猪瀬知事のバッグの事を思い出して笑ってしまった。



で、何故、ブログで記事として取り上げたかと言うことなのだが、「よくもまあ、報道機関はこんなの記事にしたな」と感心したからだ。
籠池氏
このオモシロおじさん、流石のパフォーマーで。映像を見ると報道陣がワンサカつめかけている。
当然ながら、「100万円」を封筒から出すトコロも見せた。
驚きの白さ
白い封筒から、札束を出して見せて……。あれ?上と下の2万円だけで間は白い紙じゃないっすか?
やっぱり白い
光線の加減、という人もいるようだが、ちょっと無理がある様な……。
光?
折角なので画像を拡大してみた。
やっぱり白紙に見えるし、そのそも紙の質が違うので、捌けていない様子が(苦笑



そもそもこの籠池劇場は、賞味期限切れなのである。
今年の初頭から騒ぎ始めた森友学園問題は、3月頃には収束してしまった。その次は加計学園問題なのだが、これも随分と筋が悪い。
今現在も、新たな証拠が出てきただの騒いでいるが、「官僚のメモが出てきた」と騒いだところで所詮はメモである。これが仮に公文書にあたるとしても、内容は「処理を急げ」という話。
総理のご意向がどうの、という話になっているが、それがあったにせよ、話の焦点は「不正な選定基準で加計学園に獣医学部の開設許可が下りた」という証拠が無ければ話にならない。
選定基準の不透明さが問題とは言われているが、それは文科省の内部の問題であって、内閣府の問題では無い。

むしろ、何十年も獣医学部の増設が行われなかったことそのものが問題視されなければならない話で、そこは、民主党政権時代に「やっぱり必要だ」という話が出て軌道に乗り始めたという事では無いか。

話は逸れてしまったが、森友学園の方はもっとお粗末な話で、近畿財務局の仕事っぷりが杜撰だったと、それだけのお話。

あの「籠池劇場」に続き…近畿財務局に新たな国有地問題浮上、特養整備計画が頓挫の危機

2017.6.20 11:00
 学校法人「森友学園」(大阪市)に対する国有地の売却問題で揺れに揺れた財務省近畿財務局(近財)が、新たに別の国有地をめぐる問題に直面している。閉鎖された官舎が建つ大阪市内の広大な土地について、近財が賃貸借の公募を行い、応募して選定された事業者が貸し付け条件にのっとって介護施設の建設を計画し、市も計画を認定した。ところが、法規制により施設を建てられないことが発覚したのだ。

森友、発注実態ない業者名記載

Domestic | 2017年 06月 21日 19:24 JST
 大阪地検特捜部に補助金適正化法違反などの疑いで家宅捜索された学校法人「森友学園」が2015年、開校予定の小学校で校舎の木質化を進めるため国に補助金申請した書類に、発注していない業者の名前が記されていたことが21日、関係者への取材で分かった。

森友学園事務所など家宅捜索 大阪地検特捜部

2017年6月19日21時11分
国有地を取得して小学校の開校を目指していた学校法人森友学園による国と大阪府の補助金不正受給疑惑をめぐり、大阪地検特捜部は19日、大阪府内の籠池泰典前理事長(64)の自宅や学園事務所などへ家宅捜索に入った。
大騒ぎしているが、こんな話は関西ローカルニュースレベルのお話。



で、冒頭の100万円の話なのだが……。
iö1_thumb
Image
概ね詐欺の手口であろうと噂されるこの振込用紙の示すところによれば、100万円は振り込まれようとした実態があった。が、実際には振り込まれなかった。郵便局が「ダメだ」と言ったからである。
いや、この後に振り込まれたかも知れないけれど。
ただ、この一連の話に関して、籠池氏は国会でおかしな証言をしている。
返金?
こちらの画像だ。
あ、別のニュースのリンクも貼っておこう。

籠池氏:首相夫人から「100万円寄付」-国会証言、首相側は否定

2017年3月23日 12:43 JST更新日時 2017年3月23日 19:07 JST
大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長は23日、参院予算委員会での証人喚問で、安倍昭恵首相夫人から100万円の寄付を受け取ったと発言した。菅義偉官房長官は記者会見で「寄付は行っていない」と認識していると述べた。
~~略~~
  籠池氏は昭恵夫人に講演料10万円を渡したことも証言した。安倍首相は2月27日の衆院予算委員会で、昭恵夫人は森友学園から報酬も講演料も全く受け取っていないと聞いている、と語っている。
100万円寄付されて、そこから10万円を「感謝」という名目で返金したと。これは「講演料」と言う事になっているそうで。
とすると、だ、返金すべきは90万円ですよね?籠池さん。



こんな筋の悪い話を、未だに大騒ぎで追いかけている理由がよく分からないのだが……。
テレビ、報道するネタに困っているのだろうか?

籠池氏にとっては、100万円を用意して受け取って貰えないことは、既に織り込み済みだったと思われる。でなければ、こんな風にコントのネタでもイマドキ使わない手口を披露するハズも無い。
100万円を返せても、返せなくても、籠池氏にとっては安倍氏にスポットを移し、いまいちど疑惑の表舞台に立てるオイシイ作戦である。
ただ、現金の用意が出来なかったために、ツメが甘かったみたいだけど。
あれだ、朝日新聞辺りに「仕込みをやるから、金を用意して」と持ちかければ良かったのに。「安倍氏の葬式はうちが出す」と豪語していたくらいだから、100万円くらいは用意してくれただろうに。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 山田の案山子2017年6月22日 14:49

    籠池は引かれ者の・・・だが豊田真由子も酷い、明らかなパワハラ。「これ以上私のの評判を下げるなぁぁぁ~」ほんに怖いのは女と新潮。

    返信削除
    返信
    1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年6月22日 20:18

      確かに、豊田真由子も酷いですね...
      でも、安倍おろしにつながらないせいか、野党4党が騒いでいる様子はないですね。

      削除
    2. 豊田真由子事件、その内容の酷さもさることながら、自民党のダメコンの早さも異常でしたな。

      ……あれ、分かっているならさっさと切っておくべき人材だと思うのだけれど、そういうワケにもなかなか行かないんですかね。

      削除
  2. さすがの朝日も、切り捨てたかも・・・

    返信削除
    返信
    1. AERA(朝日機関紙)では軽く100万と自称する紙束に言及していましたよ(笑)昼の段階でね

      削除
    2. 流石の朝日も、アレではねぇ。
      「事前に相談しろよ!」とか思っていたかも知れません。

      ただまあ、ダブルスタンバイの映像を何処かが流していましたので、面白ネタとして引っ張る可能性は(苦笑

      削除
  3. どう観ても二枚だけですね万札は。これ冗談なんですかね? 100万くらい用意できるでしょ、銀行がダメでもノンバンクから。
    一般ピーポーの勤め人でも、まともに稼ぎがあって税金を払えてる人なら、貯金なり借りるなりで、用意できる金額ですよ。店がすんなり受けてるはずはないのだから。還らない金でない。
    何でそんなに詰めの甘い事をするのでしょう?

    返信削除
    返信
    1. 失礼します。上の投降は、けるびむ です。
      ハンドル入力で間違えました。

      しかし不思議です。
      笑いを取りたいのでなければ、あの白紙の札束は笑いものですよね。
      100万円は庶民には大金ですが、受け取らないのが解っているのですから。
      見せ金でしすよね?
      レンガ(一千万円)数個ならともかく、その場だけなら調達できない金額とは思えません。不思議ではあります。ヤケ糞なんですかね?

      削除
    2. 籠池氏の行動にはいろいろとアラが目立つので、思いつきで行動する人物なのかも知れませんね。
      見せ金としては翌日には用意出来ていたよう(ダブルスタンバイの映像)なので、きっと思いついたのが遅い時間だったのでしょう。

      削除
  4. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年6月23日 4:27

    けるびむ様

    渡そうとしているので「見せ金」ではないと思います。
    なので、刑法の「通貨偽造及び行使等の罪」の未遂にあたるのでは無いかと思います。
    (見せるだけなら問題ないようです...)
    あまりにも杜撰なので、不起訴処分で終わると思いますが。

    返信削除
    返信
    1. あれを事件として扱うほど警察も検察も暇では無いでしょう。

      ワイドショーのネタくらいにしかなりません。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。