パヨク大好き「言論弾圧」に百田氏怒り

パヨク達が大好きな「言論弾圧」を実現したニュースが有った。見事なダブルスタンダードである。

一橋大で予定された百田尚樹さんの講演会が中止に 百田さん怒りのツイート 「サヨク連中から凄まじい脅迫と圧力受けたらしい」

2017.6.4 00:05
 一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会は3日までに10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん(61)の講演会を中止すると発表した。
多分、産経新聞くらいじゃないかな?こういったニュースを喜んで取り上げちゃうのは。





さて、事実がどのように推移したのかは、ハッキリしないのだが、分かっていることは百田氏の講演会が中止になった事実である。
実行委員会は中止理由を「KODAIRA祭の理念に沿うものでなくなってしまったこと」としているが、百田さんは3日、自身のツイッターで「聞くところによると、講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続けていたらしい。ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい」として、左派系団体から嫌がらせがあったと主張。
この辺りの話も伝聞調ではあるので、ハッキリしたことは分からない。
 実行委も「本講演会を安全に実施するため、これまで幾重にも審議を重ね、厳重な警備体制を用意していました。しかし、それがあまりにも大きくなりすぎた」などと発表しており、外部からの脅迫などを示唆している。
しかし、講演会を外部からの圧力によって潰されたというのは概ね、推測される内容だ。

東京新聞だらしねぇな。


さて、これに反応した有名人が何人か。
まあ、長谷川氏に関して言うことはあまりない。
ケント・ギルバート氏はこの手のお話は大好物でしょう。百田氏とも仲が良いしね。
石平氏もまあ、この手の問題には頻繁に登場する方である。産経新聞とも親和性が高いようで、この辺りの話まで記事で取り上げられている。


この話、ここで終わればそれほ盛り上がる話でも無かった。
ところが意外な人が登場。民進党原口氏である。この方、良くも悪くも素直な方なので、率直な意見を言っちゃったらしいのだが……。
これに早々と噛みついた人が。
さっそく原口氏は逃げをうつが、有田氏はそれでは許せない模様。

エキサイトしまくりである。
「あなたの書き込みに連なるコメントの多くは有田芳生だとあります」と、原口氏のツイートに反応したツイートにまで原口氏を追求する始末。

朝まで待てずに何度もツイートしたようだな。

もちろんこんな面白いネタが放置されるわけも無く。

民進で“内ゲバ” 原口一博衆院議員が「特定の議員が介入」とツイートに有田芳生参院議員が「私が介入したというのか」

2017.6.5 00:22
 一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会が10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん(61)の講演会を中止すると発表した問題で、民進党所属の国会議員がツイッター上で「場外乱闘」を繰り広げている。
さっそく燃料投下とばかりに産経新聞は大喜びで取り上げた。

ところが、実際に有田氏、こんなツイートをしていた。僕はこのツイートを確認することはできなかったが、取り巻きの発言を考慮すると、実際この様な発言をし、何らかの行動も起こしていた模様。関連団体の活動もあったようだし。
ネットの世界は怖い。
議員なのに、何故かこんな活動家紛いなことをして税金を貰っているのが有田氏である。そんな彼が原口氏の何にそんなに過激に反応する気になったのかはよく分からないが、執拗に説明を求めているのだから、原口氏もしっかり根拠を示して反論すれば良いのに。
まるでストーカーの如くツイートを繰り返す有田氏は、ついにニュースにまで取り上げられて大喜びであろう。


ともあれ、有田氏が関与したにせよしなかったにせよ、一つの講演はパヨク連中の強烈な抗議に屈して潰されてしまった。

別に、百田氏がどんな講演をしようとパヨクには関係無いはずなのだが、これを潰してしまったことは、パヨクにとって大きな失敗だったと思う。
何やら百田氏に噛みついていた人もいたようだが、在校生であったら言論を封殺しても良いのか?百田氏の怒りはともかく、こうした行動が正しいかどうかについては非常に疑問を感じる。

チケットも配布され、百田氏の講演を聴きたかった人もいたはずなのだ。それを「差別的だ」といって、講演が始まる前に潰されてしまう。聴きたくなかった人は聴かない自由があったハズなんだ。

講演が行われ、中の発言が問題だったと叩かれたのであれば、百田氏の問題ではあるが、今回のケースはそれ以前の問題である。




こうした流れに颯爽と飛び乗ったのがパヨクとの関係性の深い有田氏であり、関係性を原口氏に示唆されてしまって激怒と、そういう感じで、現在事態は進行している。

有田氏の言論についてはいちいち納得できないことが多い。しかし、それとは別に今回の事は、むしろ議員としては否定する方向に動くべきだったと思う。

だって、普段言論の自由を振りかざす人々が、「共謀罪だ」といって「テロ等準備罪」を潰したがる人々が、講演の開催される前に潰してしまったのである。
それは自分たちが忌避するパヨクの理屈の想像する共謀罪の実施(テロ等準備罪の適用ではない)と同じでは無いのか。

ダブスタも酷いが、彼らにとっての言論の自由というのは、彼らにとって都合の良い理屈、内容しか許容しないことなのだろう。その事を如実に示してしまったのでは無いか。
追記
ある意味驚きの結末が。
さ、流石、政界の風見鶏と呼ばれる原口センセ。手のひら返しは一流ですな!
ある意味予想通りではあるが……。




ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 今回は、記事内容へのコメントではありません。

    トップページの見出し記事の下にあった『続きを読む』のリンクが
    無くなっています。
    ホームページの使用の変更でしょうか?

    見出しをクリックすれば、全文が読めるのですが、あったものがなくなると
    戸惑ってしまいました。

    気付いたこと、程度のご報告です

    返信削除
    返信
    1. わざわざ報告ありがとうございました。

      僕の方で仕様を変更したことはありませんので、多分運営側の仕様変更じゃ無いのかな?と思っています。
      が、見にくいというか、ちょっと使いにくい感じがしますので、解決できないかどうか探ってみることにします。

      ご指摘ありがとうございました。

      削除
  2. いかなる主張であれ、表明し、社会にその是非を問う権利を保証する。
    また、いかなる思想であれ、それを知り、評価を与える自由を保証する。
    それが、言論の自由であり、民主主義の根幹であると信じています。
    これは極論すると、「言論の自由」「民主主義」を否定する思想であっても、主張し表明する事を妨げない、ということでもあります。

    返信削除
    返信
    1. 百田氏の発言が正しいかどうかと言う話二関しては、色々議論の余地があるのでしょうねぇ。
      ただ、今回はその点を問題にしているのでは無く、議論の機会すら圧殺したパヨクのやり方が腹立たしい。

      削除
  3. 百田さんか…漢文は志那への憧れを作るから授業科目から廃止しろ!言われた時に極端な人だなぁ…思いました。
    支那を仮装敵国とせざるを得ないからこそ、逆に古代も近代も支那を研究するべきで、その窓口を塞いだならば、多方面に渡る敵国研究が閉ざされてしまいます。「菊と刀」は日本に勝つために米国が研究予算を出したからこその本ですよね?
    結果として米軍は日本に勝つために勝ち、戦後の統治も成功しました。反対に鬼畜米英と言って米英研究を怠った日本は負けました!
    坊主憎けりゃ袈裟までも…みたいな事を作家が言うのに、何だかなぁ!と思ったので、悪いけれどもあまり頭の良い方とは思いません。
    それでも!
    メチャクチャですね。パヨクは!
    少なくとも百田氏は著書などで正攻法で闘っています! 脅迫や恫喝や暴力は用いていない!
    何で捜査して逮捕しないんだ公安は!日本を護る為に予算を貰ってるんではないですか?

    返信削除
    返信
    1. 追記)
      百田さんファンの方がいて気分悪くしたらお詫びします。だけど、彼の漢文廃止は極端な意見ですよ!
      私の祖父は支那育ちのシナ通の特務(満洲国警務総局保安局)でした。ツー(詞)と言われる漢詩を作り、書画をよくして漢方医療に詳しく、シナ人に溶け込んだ。
      でも彼は日本人としての矜持を持ち続け、
      シナを愛しながらも憎む人でした。
      その晩年の親友に小日向白郎氏がいます。
      日本人でありながら、徒手空拳でシナ人の馬賊王に登り詰めた人です。
      幼少時に交流があるので断言しますが、愛国者でした!
      シナ文化に接するからシナに下るというのは暴論です!!
      中公新書「中国の論理」を著した岡本隆司氏は「中国は嫌いだ!」と中国研究者なのに言い切ってます!
      でも中国は嫌いでも面白い。だから研究してるのだと!
      彼はだからこそ、「シナ人の理屈のこね方」を歴史的に研究した。こういう視点って、現実に支那の横暴に対処してゆくのに必要ではないですか?
      百田氏は言論人として正当なやり方で闘っています。それをパヨクが弾圧するのは許せません!!
      でも、彼の主張は愛国のようでいて、実はシナを利するだけだと思います。シナ人に背景となる歴史や主張を熟知して、対抗する外交官や、著述家を有する日本と、最初から勉強しない人材を抱えるのと、どっちか日本の未来に闘えるのです?
      これが百田氏が頭が悪いと評価した理由であります。パヨクは許せないが、この作家は愛国心を無駄にしている!
      支那文化に接したら、シナに頭を下げるという発想じたいが、日本の文化をバカにしている!
      そんなに我が国は軽いのか?
      ふざけんなよ自称愛国者!
      支那の国術院(カンフー専門学校)の出身者と日本の剣道を会わせた事がある!
      カンフーは武器術は多彩だけど、型演舞ばかりで撃ち合う劇剣術がない!
      日本の剣道は実戦的で、実に勉強になると言われました。
      支那文化に接するから支那に順化するという考え方じだいが日本の武道や文化を逆にバカにしていると思う。
      ラーメンだって、同業者の支那人は、日本よラーメンは道を極めていて、支那より美味いと言ってます!
      百田氏は愛国者を名乗りながら、日本をバカにしていると思う。だから頭が悪いのです!!
      日本文化は支那に隷属する程に軽くない!
      ふざけんなよと思う。

      削除
    2. 結局、百田氏の漢文廃止に賛成する人達は日本人と名乗りながら、日本を信用していないのだろう!
      私は武芸の分野で合気や古流剣術で凄い師範を目にした事がある!
      でも、そういう方々って、テコンドーでもクンフーでも良いものは認めてましたよ!
      私の鍼灸の師は支那に留学した中医師免許を持つ(支那で開業できる!)でしたが、日本鍼灸の良さを修行して、医者に見放された難病の方々を何人も救いました。
      私は医業者だから言うが、人体には支那も日本もアメリカもないのですね!
      武芸も医療も、国や民族を構わぬ!という点は同じです!闘うにせよ治療するにせよ、「人体」は換わりませんので!
      だから、支那文化に接すると、日本人が支那に屈するという発言は「頭が悪い」てす!
      百田氏は愛国心で逆に祖国に不利益を与えるおバカさんです!
      そして愛国心を名乗りながら、祖国の文化をバカにしている!
      こいつは愛国者だが「バカ」だ!!!

      削除
    3. 結局、百田さんはパヨクと同類だと思う。
      私は自然科学(西洋医学)でも、支那由来の東洋医学でも免許(業務独占権)を持つ者てすので、
      気に入らないからロジックを踏み飛ばすのは、
      結局は「感情」に過ぎず、費科学的てす!!
      パヨクも百田氏も「現実的でない!」という点では私には似たもの夫婦です!
      科学とか医療とか武芸というのは、もっと客観的なものです!
      パヨクは「正当」な道を踏んでいないので、その辺は百田氏が正しい!!
      でも頭が悪いのは同じです。

      削除
    4. 文句があるならばケンカは買います。

      削除
    5. 敵を研究する事の基本を否定して、どうやって敵に勝てるんだよバカ百田!
      こういう感情論で、時流に棹する文化人が、日本を滅ぼすんだよ!
      支那と対峙するならば、我国が奴等と対等に渡り合える軍事力や諜報やエネルギーを手にするまで、鎬を削って行くしかあるまい!
      そんな時に高校生の支那研究の芽生えになる漢文を廃止してどうなる?
      私は支那産まれ支那の育ちの祖父に子供の頃から四書五経を素読させられ、現代中文はダメだけど、史記や論語は原文で読めます。
      それは支那の留学生にリスペクトされたし、香港でもシンガポールでも、それなりの社会的地位の人に認められました。ヤクザのフロント企業のチンピラでも!
      支那系の奴等は、勝手に上下を決めて、下と観るととことん嘗める。そういう時に、奴等の基本文化を知ってるってのは、そこそこリスペクトされた経験が有ります。
      チャイナタウンを観てよ、南米からアフリカにまであるのですぜ!
      教養がそんなに役立つ想わないけど、ビジネスでも他でも、奴等は自国のロジックを優先します。その時に奴等の教養があると、意外と役に立つのです。これはヤクザのフロント企業で、支那やアジアで華橋と接したら経験側から言える。どの民族でも、自分達に詳しい奴には甘くなるもので、隙を突くチャンスが産まれます!
      百田は所詮は作家で放送作家で、「現場」を知らないから支那の漢文を捨てろと言う!
      でも、俺は台湾でも盗難アジアでも、商売で支那の歴史や文化に接している事が、有利に働いた事が解ったある。ビジネス獸道でしたから、
      ヤバい経験はあるけれども、何度か商売で利した事がある。
      百田も支那や盗難アジアで支那人と商売してみれや!
      そう思う。所詮は日本から出た事のない書斎人でないか!

      削除
    6. なるほど、貴重な意見をありがとうございます。

      ただ……、けるびむさんが歴史の事業に「近代韓国史」を重点的に取り入れろ、ハングルを学ぶ機会を国語の授業に組み込まなければならないと言う意見があったらどう考えますか?

      或いは、ロシア帝国史を勉強し、ロシア語を習得しなければならないという意見はどうでしょう。

      僕は漢文の中にある思想が教えられる内容は意味のあることだと考えていますが、敢えて授業の時間に組み込むべきか?と言う点について議論する事は必要では無いかと考えています。中学高校で教えずとも、大学で研究テーマの1つとして扱う程度で良いのでは?と。

      いずれにせよ、取捨選択をする中で、敢えて残すのか?と言う点を議論することは悪いことでは無いと思いますよ。

      支那への憧憬を生むから、漢文勉強を廃止しろという百田氏の発言が極論だという意見には賛同しますけど。ちょっと乱暴ですよね。

      まあ、とはいえ、古文にせよ漢文にせよ日本の文化の基礎になったものですから、無碍に扱うことは無いでしょう。そんな訳で、良くも悪くも百田氏は、議論の起点を提示してくれた程度の認識でいました。

      おっと、本文の内容とはかけ離れた議論になってきたので、この辺りで止めておきますね。

      削除
    7. なるほど…朝鮮語と朝鮮史ですか。
      それは嫌です!!

      削除
    8. 僕自身は漢文、好きですけどね!
      理系だったはずなのにorz

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。