2017年6月27日火曜日

盛り上がらない都議選が始まる

これ、僕の中で盛り上がっていないだけなのかも知れないが、非常に論点が分かりにくいし、一体、何を訴えて都議選を戦っているのだろう?

小池氏支持、都民フ投票と連動

毎日新聞2017年6月26日 08時00分(最終更新 6月26日 08時00分)
 東京都議選(7月2日投開票)を控え、毎日新聞が24、25両日に実施した都内の有権者が対象の電話世論調査では、市場移転問題で小池百合子知事が示した基本方針を「評価する」とした人の40%が「都民ファーストの会」に投票すると答え、小池都政への評価が投票先につながる傾向が明らかになった。
小池知事が旗頭となる都民ファーストの会だが、一体、どの辺りがファーストなのかよく分からない。選挙ファーストだろうか?


この引用した毎日新聞の記事には面白いことが書いてある。
 築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池氏が20日に発表した「築地を豊洲に移転させ、築地は5年後をめどに再開発する」とした基本方針を「評価する」との回答が55%と「評価しない」の31%を上回った。
この、「豊洲への移転」という話、小池知事就任前から決まっていた話だった。決まったのは2001年だぞ?それをさも小池氏の功績の様に書かれているが、小池氏がやったのは、知事就任から1年間グダグダと調査をし挙げ句にゼロ回答だった。
安全性が多額の費用を使って再確認されただけである、一体何を評価するというのか。
ここまでグダグダしておいて、このタイミングで「移転します」と発表したのが先日のこと。

豊洲市場へ移転決定、築地も5年後めどに再開発-小池知事が表明

2017年6月20日 17:26 JST
東京都の小池百合子知事は20日、中央卸売市場を築地から豊洲に移転させた上で、築地も5年後をめどに再開発する方針を表明した。具体的な移転日程については、市場関係者と調整する必要があるとして明示しなかった。
ところが、この発表がまたとんでもなかった。



一見、「築地は5年後をめどに再開発」は、築地の市場が豊洲に移転したら、その空き地を再開発するのは当たり前の話の様に思えるが、しかしそれはおかしいのだ。

何やら「食のテーマパークを作る」とか意味不明な事を言っていたが、つい先日、「豊洲に移転したら年間100億円の赤字が出る」と馬鹿な事を言ってしまったばかりだ。

この年間100億円の話には、豊洲に建てた建物の減価償却費が含まれていたというから、憤飯ものだ。キャッシュフローの世界ではそれは御法度なのである。
それでも土地を取得して建物を建てた。むろん、借金になる。が、その上で更に余計な手間をかけて調査をやって、95億円もの経費をかけているのだ。

小池氏に迫られる決断、豊洲延期で95億円ドブに 維持管理費、補償費用…さらに膨れ上がる可能性も

2017.04.20
 東京都が、築地市場から豊洲新市場への移転を5カ月延期したことで、すでに約95億円もの巨額の費用負担が発生していることが分かった。
これで、築地跡地を売却しなかったら、どこからその損失を補填するんですかね?



だいたい、築地の再開発などと言っているが、築地の建物を取り壊した上で、土壌検査などをやったら、いろいろ出てきちゃうのは明白なのだ。
既に、その手のニュースが出てきている。

豊洲で散々地下水にベンゼンが混じっているとか騒いでおいて、築地の土壌は汚染されたままでもOKとは流石に言えないだろうから、またぞろ巨額の対策費がかかるに決まっている。

もともと、この築地の跡地は環状2号線の工事の為に転売する話が決まっていたわけで、それをやらずに5年後を目処にって、アンタその頃には知事辞めてるだろう?まさか、再選できるつもりがあるの??

更に問題なのは、「食のテーマパークを作る」という意味不明な決定である。

この「食のテーマパーク」なるものがいかなるものか、というのは具体的に説明されていないが、東京都が場所を提供し、民間企業がそこにブースを出したりというスタイルが想定される。

しかし、「東京都は遅い」のだ。

東京都に限らず、地方公共団体は様々な制約があって小回りが効かない。
だから、「食のテーマパーク」などと看板をぶち上げておいて、いざ蓋を開けてみたら、国内のまともな民間企業は怖がって手を出さない。挙げ句に、国費の投入されている支那や韓国の店舗がワンサカ出店してきて、気がついたら支那人街、韓国人街が出来上がっちゃった。その地域の外国化が完了、なんて馬鹿な話にもなりかねない。
まあ、この話はあくまでも机上の空論に過ぎないが、そもそも「食のテーマパーク」なる企画がどんなものなのか、議会ですら話し合われていない私案である点でお察しである。

築地を売り払った先が外国の団体だったという結果になるかの失せももちろんあるので、何が良いかという議論は難しいのだが、何も決まっていないのに、評価されるのは理解ができない。

いや、決まっていたこと、といえば、道路にするって話だったんじゃ無いのか???


とまあ、東京都民のおかしな「評価」が新聞紙面で報道される中、都民ファーストの会は高い支持率を誇っているのは事実。

「自民、厳しい戦い」=安倍首相が都議選情勢で

(2017/06/27-12:29)
安倍晋三首相は27日午前の自民党役員会で、7月2日投開票の東京都議選の情勢について「わが党にとっては大変厳しい戦いになっている」との認識を示した。その上で「一丸となって1人でも多くの候補者の当選を目指して戦い抜かなければならない」と語り、全力を挙げるよう指示した。
最大派閥である自民党も、今回はかなり苦戦するだろうと予想されている。

では、今回の都議選では一体何がポイントになるのだろうか?

これが実に分かりにくい。
こんな解説をしているサイトがあったが、最大の争点は以下の三つらしい。
  1. 築地市場の豊洲移転問題
  2. 都議会改革
  3. 待機児童問題を中心とした子育て対策
しかし、この3つのうち、小池氏が一体この1年で何に手を付けたのかは疑問だ。豊洲への移転は決まっていた話で、調査をしたらいろいろ見つかっちゃった、は分かる。が、少なくとも1月には安全性は確認されていたはずなのに6月まで移転を決断しなかった。
意味が分からない。

2つ目の都議改革だが、言ってみれば「都議会最大会派の自民党」を追い落とせば改革になる!とか言っているという中身の無いもの。これは2009年の悪夢を思い起こしてみれば分かるように、その受け皿になるのが「都民ファーストの会」では絶望的だ。ハト再びである。
何しろ、大量の一年生議員にタレント議員、女性議員を擁立していて、民進党離脱組も多くいるのだ。その辺を曖昧にしている人もいるようだが、経歴をハッキリ書かないような候補に投票する必要は無いだろう。

3つ目の子育て対策は、金こそ投入したものの、そもそも少子化対策と胸を張って言えるようなことがあったのか、と。
「都民ファーストの会」は小池都知事が2016年度に定員ベースで約2万人分の保育施設の整備を行った事や対策費用を大幅に増やしている事等の実績を強調する。また、新たに待機児童解消条例を作り、対策を加速させる構えを見せる。
待機児童数は、減ったのかな?
去年の報道資料は7月に出ているので、今回の選挙には間に合わない。まあ、1年やそこらで成果が出るような話でも無いとは思うのだけれど、1年間築地問題ばっかりやっていたような気がするので、成果は期待しない方が良いだろう。選挙やるなら、その成果こそ声を大にして言えよ。



しかし結局のところ、小池陣営に有利な点は揺るがないと思う。

築地問題をダシにして選挙をやろうという魂胆はさもしいが、それなりの評価を得ていると報道されている。そして、「古い体質をぶち壊す」という意味では自民党候補者を追い落とすというのは分かり易い形だ。

小池氏がぶち上げた、豊洲も築地も活かすぜ!という意味不明の方針は、豊洲移転派にも築地残留派にも受け入れられたようだし、どちらにもいい顔ができたという意味では、選挙対策的には良好な判断だったと思う。
そもそも、都知事就任時に、古い自民党体質を打ち壊すために築地問題を蒸し返したのも、選挙的には良い手だった。

だがそれだけである。
だから争点のぼやけた盛り上がらない選挙となる。

だが、それは都民にとってはマイナスだ。どちらにしても移転が確定的であるとしたら、早期に移転できた方が被害は軽微に押さえられたはずである。地下水の問題は、そもそも地下水を利用しないことを考えれば時間稼ぎに過ぎない。むしろ、地下に水溜まりができていたことの方が問題のような気がするが……、そのあたりは誰も指摘しないな。あれ、問題無いのだろうか?仮に問題があったとしても、くみ出せば済む問題なのかも知れないが。

いずれにしても、自民党は苦戦を強いられ、結果的には大負けする可能性が否定できない状況にある。小池氏の支持率は下げつつあるので、未だ分からないが、自民党大敗の状況が生まれた場合に、議会の改革が進むのか?というと、相変わらず決められない政治が続くのでは無いだろうかと、そう思っている。
もちろん、自民党主導の都政がまともだったとは言えないので、改革を期待したい。が、それは望み薄だろう。2009年の悪夢は今なお日本人の記憶に新しい。

せめて、今回の選挙では、政治の素人を選ばないようにして欲しいと思う。そして、東京都が誘致したオリンピックを忘れないであげて欲しい。選挙の争点としてはそちらの整備の方がより大きな問題だと思うのだが。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

9 件のコメント :

  1. 野党時代の自民党を支えた谷垣総裁を裏切った伸晃と東京都連、麻生総理を裏切った舛添を担いだ東京都連

    都議選と、豊田”事件”のタイミング、都民ファーストと自民支持者、そしてメディアの動き。
    https://samurai20.jp/2017/06/toyoda-2/

    >理由の最大のものは、「野党自民」を率いた谷垣総裁に強い尊敬を抱いていたこと。
    ゆえに、都連会長であった「石原伸晃」が許せない!というものだ。
    同じく内田都議らの所業に怒りを感じた者も多いのだと思う。

    その結果は、如実に都知事選の結果に反映されている。
    少なくともあの時点では「これが主流派」であるし、現時点においても「少数派とは言えない」点を考慮すべきだろう。
    この層は、「都民ファースト」を支持しないが、それ以上に「旧態依然の自民の腐敗」に拒否反応を示している、【自民党支持者】である点を忘れてはならない。

    返信削除
    返信
    1. 自民党都議がまともだったかというと、ご指摘の通りでありまして。
      「よりまともなのを選ぼう」という話にはなるのですが、しかし、都民ファーストがマシかというと、小池氏からしてあの有り様です。

      よって、「政治の素人は避けて欲しい」と、その様な結論に着地したワケですな。

      もっとまともな政党が出てきて、強力なコンテンツとなれば盛り上がるとは思いますが、現時点ではそれも無理。
      何とも……。

      削除
  2. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年6月28日 5:49

    都民ではない野次馬ですが...酷い選択肢ばかりだと思ってます。

    ざっくりと言って、選択肢は以下の4つでしょうか。
    ・自民党(東京都連)
    ・都民ファースト
    ・共産党、民進党、生活者ネットワーク
    ・東京維新の会(日本維新の会)
    どれも選べないですね...
    東京維新の会は情報が少ない問題もありますが。

    まあ、地方議員なんて、ろくでも無い連中が多数いるのは、どこでも同じだと考えてます。

    返信削除
    返信
    1. 個人的には、日本維新の会がまだマシかなぁと。

      地方議員がろくでもない事は承知の上ですが、それでも「東京」ですからねぇ。流石にまともな議員を増やしていかないと。

      削除
  3. 西多摩在住2017年6月28日 8:53

    『東京都知事選挙』に続く小池百合子主演第二弾『東京都議会選挙』絶賛上映中!

    先日、犬の散歩中に都民ファ候補の演説に行き当たりましたが、終始「小池百合子知事が~小池百合子知事と~」の連呼で呆れました。
    本屋に行けば、平積みで小池百合子写真集、百合子流着こなし指南書、小池百合子伝、小池百合子名言集・・・・いや~凄いです。
    さすがに言論誌は批判記事を載せているようですが。
    思えば知事就任以降、メディア(ワイドショ-)での小池さんの取り上げ方は異様でした。
    確かに小池さんは魅力的な方なのでしょうが、こんな調子でメディアと政治家が結託して世論を操作できるなら、メディア主導による政治体制が作られかねない。
    実際、今回の都議選で都民ファが大勝することにより(予想ではその可能性が高い)、益々メディア(ワイドショー)は成功体験として政治的扇動を強めていくのではないでしょうか。
    また、森友、加計、豊洲市場といった問題での、メディア(ワイドショ-)による時系列、議事録、科学的根拠を意図的に無視した報道。”特定”の専門家だけによる解説。全く勉強していない司会者、コメンテーターによる無責任な発言、が肯定されてしまうのではないでしょうか。

    非常に危機感を感じています。

    民主党が大勝した2009年の都議選では、その後の民主党政権誕生と相まって、地元駅で進められていた駅前広場の大規模整備計画が止まってしまい、3年以上駅前が資材置き場と化しました。自民が議席を取り返し、今年やっと駅前広場が完成しました。
    また親戚が住む地域では、駅前整備に尽力してきたベテラン議員を落として民主党新人女性議員を選んだものの、4年間ほとんど仕事をせず(出来ず)、さっさと住所を移し選挙区を去っていきました。

    また同じようなことが繰り返されるのか・・・。

    ブログ主様の仰るように、今回の都議選の如何によって、オリンピックの成功も左右されかねないのですが・・・。
    しかし、各種世論調査を見るとこうした危機感は実際の都民の感覚の中ではあまり高くない様子。
    築地移転とオリンピック開催との関係性も理解されていないようです。

    まあ、実際失敗しても責任はすべて森会長と自民党のせいにされるのでしょうから、小池知事とメディアは気が楽なのかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. 2009年の悪夢で目が覚めてないなら都民はもう一度マスコミの扇動に乗って悪夢を見ればいいと思うよ?
      評価は次の都知事選がどうなるかでハッキリするでしょ

      削除
    2. 2009年の悪夢再来だけでは済まない問題が山積みなんですよね、東京は。

      削除
  4. 駅前で都民ファーストが選挙演説してましたが。
    ぶっ壊れたレコードごとく「小池が小池が」を繰り返し、お前の選挙かぁ? と道に唾を吐きました。
    しかし他の政党の候補を見掛けてもパッとしない選挙ですね。私も多摩地域に隣接する郊外の住民ですが、まぁ各政党とも元気がない。うるさくなくて良いですけどね。
    いくらローカル選挙であっても、東京都はオランダの総人口の4倍の人口で動かす金は巨額。千葉、埼玉、神奈川と合わせた首都圏なら、3000万人で、英国の半分すよ。もう少し気合いが入りそうなものだが?
    ただ軒並み低調な演説を観ていて、ファは年寄中心にそこそこ人気あるかに見える事ですね。
    民主党の幻滅再びか……そういう嫌な予感がするのは確かですね。くわばら

    返信削除
    返信
    1. そうですか。
      良くも悪くも「小池、小池」ですか。

      アレ一人で何か出来るのかというと……。
      長期政権を敷いていた石原慎太郎氏も、結構やばい事をやっていましたが、実績も残しています。

      小池さんは、1年、何やっていたんでしょうかね。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。