支那からTHAADを視察させろと迫られる韓国

凄いな。

[単独]中、韓国政府に「THAAD基地視察にしてくれ」

入力:2017.06.14 03:03
中国政府が慶北城主に配置された在韓米軍THAAD(高高度ミサイル防衛システム)の基地を現場視察にくれ、最近、韓国政府に要求することが13日、分かった。その間、中国は「サド朝鮮半島配置は、中国の監視用」と圧迫してきた。中国側は、朴槿恵政府も、このような要求をしていたことが分かった。
この要求が通ると思っている支那もスゴイが、こんな要求をされてもはね除けられない韓国はもっとスゴイ。


そして、この情報をリークしちゃった神経がよく分からない。
青瓦台の関係者は、「中国側がTHAADレーダーが、中国本土まで検出するかどうかを直接確認したいとした」とし「(中国が)韓国政府だけでなく、様々な外交・民間チャンネルなどを通じて、このような要求をしていることを知っている」とした。
THAADが配備されたのは、韓国南部の慶尚北道・星州の敷地である。この場所はかつて韓国ロッテ商事が保有するゴルフ場であったが、交渉の末、ロッテ商事には別の軍用地が提供されて「交換」という形で提供された用地である。

軍 - ロッテ、THAAD配置城主ゴルフ場と南楊州軍の用地交換合意

入力2016-11-16 10:31
国防部はTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)が配置される慶尚北道星州郡のロッテスカイヒルゴルフ場(城主ゴルフ場)と京畿道南楊州市にある軍(軍)所有の敷地を交換することで、ロッテ側と合意して鑑定評価を実施することにしたと16日、明らかにした。
~~略~~
国防部は、城主のゴルフ場全体の敷地148万㎡を丸ごと買い取って、南楊州軍用地のゴルフ場鑑定価格だけの敷地を提供する計画だ。
~~略~~
軍当局と在韓米軍側は城主ゴルフ場の敷地確保の後、駐韓米軍地位協定(SOFA)による敷地供与や設備工事などを協議している。
この記事を読むと、どうやらTHAADが配備されたのは韓国軍の軍用地となった元ゴルフ場、と言う事になるようだ。
 
理屈的には、韓国の国有地であるため、支那に対して視察を許可することは可能なのだろうが……、そこのTHAADが存在する場合は、アメリカの国防機密に関わる話になってくるだろうと思われる。
だとするとアメリカと韓国とで合意している軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の登場するシーンなのだろうか?



なかなか無理筋だな。
大統領府は困惑な雰囲気だ。ある関係者は、「中国の要求が無理なことは事実だが、THAAD配置に対する中国側の反発が大きくなる状況で、彼らのニーズを一蹴し難いのが実情だ」とした。これについて青瓦台アンボシルは最近の会議で、韓国政府が米国を説得する代わりに、中国政府が満州一帯で韓半島全域と日本などを検出しているレーダーを韓国政府が視察させて欲しいという、逆提案をする案などを議論したことが分かった。
そして、更にユニークなことが書かれている。
 
「そんなのは、絶対に不可能だ」と一蹴できないのが、既にレッドチームに片足を突っ込んでいる証拠である。いやむしろ、頭の先までどっぷりの可能性が……。
中国は、2011年から韓半島を含めて沖縄、フィリピン、グアムまで検出が可能なレーダー(探知距離が5500㎞)を運用していることが知られている。
ほう、初耳だな。
支那がこれ程までにTHAAD配備に強硬に反対する理由は、この支那の保有するレーダーで色々な事が判明するから、という事なのだろうか?
だとすれば、日本も黙っているわけには行かないだろう。
 
……ん?2011年?民主党政権じゃ無いか!誰か抗議していたか??


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 山田の案山子2017年6月14日 14:26

    「どこまで見える」かを見せてやるのも面白いんですけどネ。

    返信削除
    返信
    1. 見えるのかどうかも機密情報なので、現実的に開示は難しいんでしょうけどね。

      削除
    2. 山田の案山子2017年6月15日 6:26

      根底には敵の飽和攻撃に有効性に疑問を持っており、遠くまで見るには出力も強めねばなりません。 相手は「受信可能範囲」が見える範囲となるでしょう。

      削除
  2. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年6月14日 17:34

    >理屈的には、韓国の国有地であるため、支那に対して視察を許可する
    >ことは可能なのだろうが……

    地位協定で「不可侵」が規定されていると思われるので、韓国が許可を出すことは出来ないはずです。
    (「はずです」というのは、在韓米軍地位協定の原文まで確認してないためです)

    日米地位協定では、第3条で規定されてます。
    >第三条
    >1 合衆国は、施設及び区域内において、それらの設定、運営、警護及び
    >管理のため必要なすべての措置を執ることができる。
    (以下略)

    あと、在韓米軍地位協定が日米地位協定とほぼ同じ内容であれば、米軍基地の調達(用意)は、韓国側の分担になります。

    日米地位協定 第二十四条
    >1 日本国に合衆国軍隊を維持することに伴うすべての経費は、2に規定
    >するところにより日本国が負担すべきものを除くほか、この協定の存続
    >期間中日本国に負担をかけないで合衆国が負担することが合意される。
    >2 日本国は、第二条及び第三条に定める すべての施設及び区域並びに
    >路線権(飛行場及び港における施設及び区域のように共同に使用される
    >施設及び区域を含む。)をこの協定の存続期間中合衆国に負担をかけない
    >で提供し 、かつ、相当の場合には、施設及び区域並びに路線権の所有者
    >及び提供者に補償を行なうことが合意される
    (以下略)

    ということで、基地敷地の調達は、日本側が負担します。
    なお「思いやり予算」は、1項の合衆国負担費用を、日本側で負担する予算です。

    なので、在韓米軍の基地敷地も韓国側が準備しているものと考えます。

    返信削除
    返信
    1. そうでした、地位協定がありました。
      すると、なおさら視察なんぞ出来ようはずも無いわけですが……。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。