2017年6月8日木曜日

文在寅氏、THAAD問題で時間稼ぎ

何言っているんだこの人。

韓国、THAADの追加配備を一時中断 環境影響評価の終了まで

2017年06月07日 18:23 発信地:ソウル/韓国
【6月7日 AFP】韓国大統領府は7日、同国に配備された米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」について、文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)大統領が命じた環境影響評価が終了するまで、追加の配備を一時中断すると発表した。
東京都知事の小池氏と同じ空気を感じるな!



「環境影響評価」の意味が分からないのは僕だけかな?ミサイルを配備するのに、どんな環境に影響するのかって話。THAAD
THAAD配備に関しては、散々、支那に脅されている韓国だが、ついにムン君こと文在寅氏が動いた。

THAADでこじれた関係改善へ、韓国と中国が官民経済協力を模索―韓国メディア

レコードチャイナ 2017年6月6日 23時00分 (2017年6月8日 10時40分 更新)
2017年6月6日、韓国・聯合ニュースによると、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題でこじれていた中国との関係が、文在寅(ムン・ジェイン)政権の発足で徐々に改善に向かう雰囲気をみせている。新政権発足後初となる韓国政府と中国地方政府による経済協力フォーラムが5日、中国陝西省の西安市で開催された。
何としても現状を打破しないと、あっという間に支持率が下がってしまうムン君にとって、このTHAAD問題解決は急務。
そして、支那と韓国とが経済協力フォーラムを開いたのが5日。ここには、韓国元首相の李海チャン氏が特使として派遣された。



結局、ここでTHAADの話が出ないわけが無く、裏取引がなされた上で支那に対して出した回答がこのムン君の「環境影響評価」という話だ。
なんか、沖縄の話にそっくりだな。

ともあれ、ムン君はこれで時間稼ぎが出来ると踏んだ訳だ。
 THAADをめぐっては、すでに2基の発射台が同国南部・慶尚北(North Gyeongsang)道の星州(Seongju)郡に配備されている。付近では、このシステムで使用される発射台が環境被害を及ぼす可能性があるとして、地元の住民数百人が激しい抗議活動を行ってきた。
しかし、「発射台が環境被害を及ぼす」というのは言っている意味が分からない。ミサイルランチャーが何かするのか。

Xバンドレーダーの発する電波がどうこう、という話なら未だ分かるが、こちらも距離の2乗に比例して減衰するので、せいぜい半径数キロというレベルの影響でしか無いと言われている。ああ、あと電磁波がどうこうという話は良く騒がれるな。

高圧電線影響か、電磁波が高数値に 京都・米軍施設の電源

2017年02月27日 08時20分
 Xバンドレーダーが配備されている米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市丹後町)に向けて市内で設置が進んでいる高圧電線工事に伴い、同志社大の研究者と地元住民が26日までに基地の周辺で電磁波計測調査を実施した。高圧電線を設置したとみられる場所で、従来の低圧電線のみが設置されている場所よりも高い数値が検出され、市民団体は「今後も継続した調査が必要だ」としている。
電磁波が人体に与える影響というのは、実際のところハッキリ分かっていない。
WHOでもこの手の影響評価は行われているが、現状で因果関係は薄いという結論が出されている。
とはいえ、スイスなどは10mGを越える電磁波又は4μW/cm2を越える電磁波は、防護すべきだという基準を採用しているようだ。
従来の6600ボルトの電線部分の電磁波測定値はほとんどが0・0~0・9ミリガウス程度だった。だが、新たに3万3千ボルトの電線が加わったとみられる部分ではいずれも高い値が計測され、2・0ミリガウス以上の場所は10カ所に上った。2階の窓からすぐ近くに高圧電線が見える民家では3・1ミリガウスもあった。特に三宅橋西詰付近では120ミリガウスと異常に高い数値が出ている。
ちなみに掃除機や電子レンジの発生する電磁波は200mG程度だと言われている。よって、こうした住民の調査というのが果たして信頼に足るデータであるかどうかは注意深く検討が必要である。
そして、これらの数値を鵜呑みにする場合でも、三宅橋西詰付近以外の数値は問題無いという話になる。なお、スイスの基準より日本の基準の方が緩いので、日本では120mG程度では問題にならない。



なお、この手の話は既に米軍も折り込み済みである。

韓国がTHAADの配備を星州に決定、住民が猛反発

2016年7月21日(木)
~~略~~
 韓国空軍で電波管理を担当する少佐(韓国では少領)が同行し、グアム基地のTHAADレーダーが稼働し始めて6分後から1.6km離れた場所で電磁波を測定した。最大値は0.0007W/平方メートル、韓国放送通信委員会が定めた人体保護基準値は10W/平方メートルなので、その0.007%程度だったことになる。レーダーのビームは5度の角度で上を向くため、100mも離れれば健康被害は発生しない数値であることがわかった。
この数字を信用しろ、というのを韓国側は認めたくは無いようだが、韓国独自の環境影響評価をやって、「有害でした、配備は止めろ」という結論を出せるとはとても思えない。
 韓国大統領府の高官は報道陣に対し、すでに配備されている2基の発射台については「撤去の必要はない」としたが、「追加の配備は環境影響評価の終了後に実施されるべき」と述べた。
結局のところ、ムン君は時間稼ぎをしたいだけなのである。

では、いつまで時間を稼ぐのか?という話だが、支那と韓国との間に結ばれたスワップ協定が2017年10月に満期を迎えるので、ひとまずそのあたりまでは引き延ばす気なのでは無いか?という気がしている。
環境評価には概ね1年程度の時間がかかるため、スワップ対策としては有効かも知れない。

しかし、こうした環境影響評価は、システムがフルセット揃って稼働した段階で行わねば意味が無い話。まさに今回の決定は引き延ばし目的以外の何ものでも無いと言えよう。
そのうちTHAAD配備は無かった事になるのだろうが……、そうなったら更に厄介な事態が持ち上がるだろう。ヤクザのような支那に対して一旦譲歩すれば、譲歩し続けなければ生きてはいけない。

何というか、北朝鮮がバンバンミサイル撃っている状況で、何言っているんだコイツ、という感想しか出てこないんだが……。


追記 (2017/6/8)
ちょっと気になったニュースが有ったので追記しておこう。

【ギムスハンのリーサルウェポン】「油ないTHAAD、機能停止」軍の巧みなメディア戦略?

入力2017.06.08。09:06 修正2017.06.08。09:07
軍当局から「去る5月21日、北朝鮮が北極星2型弾道ミサイルを発射したとき油の供給が絶たれTHAADのレーダー機能が中断された」という機密情報が、8日流れた。
国内のあるメディアは8日、軍消息筋を引用して、このようなニュースを伝えた。このニュースには、城主のゴルフ場に配置されて、5月1日に稼動を開始した在韓米軍THAADシステムは、電気が不足して一ヶ月以上非常用発電機として一時的に運用されているというニュースも添えられた。
……辺野古の工事と同じ様な状況だな。基地前に活動家が集まって邪魔をする。この結果、基地内に油の供給がままならない状態だというのである。
 
追記2 (2017/6/8)
コメントを頂いて気になったので、調べてみた。

韓国、THAAD本格運用を環境評価完了まで延期

World | 2017年 06月 8日 10:16 JST
[ソウル 7日 ロイター] - 韓国大統領府は7日、米軍の新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)の配備について、環境影響評価が完了するまで本格運用を先延ばしする方針を明らかにした。
~~略~~
同4基はまだ運用可能な状態となっていない。
政府当局者は7日記者団に「すでに配備された2基を撤去する理由はないが、追加の設置については環境影響評価が完了してから決定する」と述べた。
米国防総省の報道官は「THAAD配備は同盟国同士の決定で、撤回されることはないという(韓国政府)の公式見解を信用している」と強調した。

どうにも曖昧な表現の記事が多かったのだが、「配備を延期」という事の意味は、運用するゴルフ場跡地に搬入はされたが、運用可能な状態にするのを先延ばしにする、と言うことらしい。

ロイター以外だと、如何にも搬入されていなかったみたいな表現になっているのだが、確かに搬入されたという報道は先になされていたわけで。ロイターの記事が正しいのだと思う。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年6月8日 17:06

    5月末に、THAADの発射機4機が韓国に追加搬入されたという情報がありましたが、星州の陣地には未搬入(どこかで足止めを喰っている)ということでしょうか?
    なんか、気になります。

    返信削除
    返信
    1. 指摘、ありがとうございました。

      確かにそれ、何処行っちゃったの?って話ですよね。

      ロイターの記事が正しければ、既に搬入はされていると見るべきで、運用が停止されたって話みたいですねぇ。
      でも、それだと支那には意味が無い訳で。その辺りが理由で、報道がぼやけているのかもしれません。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。