千の傷を持つヘリ?スリオン、機体にまた亀裂

ご愁傷様。

韓国軍が誇る国産ヘリ「スリオン」、機体にまた亀裂見つかる=韓国ネット「乗るだけで命懸け」「スリオンの名の通り…」

配信日時:2017年6月30日(金) 15時0分

2017年6月30日、韓国陸軍が運用している国産ヘリコプター「スリオン」(KUH−1)の一部機体に亀裂が見つかり、20日余り運航が一時停止された。現在は運用を再開しているというが、スリオンの運航停止措置は今回で4度目になる。韓国・ソウル新聞が伝えた。

待ってました-!スリオンニュース。


機体に亀裂が入っていたニュースは、以前にもあった。

恒例行事になりつつあるな。

スリオン

こんな形のスリオンだが、一体何故亀裂が入るのやら。

韓国防衛事業庁は29日、「5月24日、スリオンヘリ左上フレーム(骨組み)に亀裂が発見された」とし、「運用中の60機の全スリオンヘリについて目視・非破壊検査を実施した結果、8機が同部位に1.2〜1.5センチの亀裂が発生していたことを確認した」と明らかにした。これを受け、陸軍は今月8日にスリオンヘリ全機の運航中止決定を下し調査に入り、27日から亀裂が発生した8機を除いた残りの機体の運航を再開した。

で、6月8日に運行停止、27日に再開という話を事後報告である。


ヘリコプターの筐体に亀裂が入るなんて話は他では聞かないのだが、しかし、金属部品に繰り返し応力がかかれば亀裂くらい入る。

ただ、そうした金属疲労の問題があるからこそ、各部品の寿命が設定されていて、寿命が来る前に交換されるのが一般的な話。

 

実際に戦闘機では亀裂が発生する話はわりと聞く。F-35でも、亀裂が入って大騒ぎになった時期があった。

たしか、F-2も翼に亀裂が入るとか何とか言う話があったような。

 

何れにしてもだ、今回の亀裂騒ぎはそれほどたいした話では無いのだが、しかし、去年からずっとあっちこっちに亀裂が入った話が出ていることを考えると、あまり良い話とは言えない。

一回、本格的に設計見直したらどうだろう?



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年7月1日 7:08

    自分が心配することではないのですが...

    先日の記事にあった、LCH/LAH←H155(EC155)のライセンス生産も、同じような状況に陥るのではないでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. あれも、このシリーズの延長線上にある話ですから、たぶんそうなるのかと。

      削除
  2. 2012年(韓国語wikiでは2013年)から量産機の生産開始なので、まだ4,5年しかたっていないのに金属疲労で亀裂するとは・・・・。

    使用部材の強度不足、設計想定外の振動、組み立て工程の不具合による残留応力(溶接時の熱膨張や、組立時に無理やり合わせるなどして力がかかっているなど)何らかの問題がないとこんなに早く起きることはないのですが。

    以前あつた亀裂問題のときに全面的にしっかりと調査すれば今回の問題の予兆とか見つかったと思いますが、いつもの問題があると自分の責任問題だからなにかあっても見ない、聞かない、逃げ回る(最後は火病で逆ギレ)を発揮してなかったことにでもしてたのかな?

    で技術力がこんな有様なのに新型ヘリに手を出すは、3000t級潜水艦は実証艦も作らず一番艦の完成もしていないのに三番艦まで建造開始とこれらは今後どうなるのでしょう。(飛行するものの亀裂も重大ですが潜水艦だと潜航中の亀裂は致命的ですからね)

    返信削除
    返信
    1. なんかこう、予定以上に揺れているとか、いろいろあるのかもしれません。
      疲労破壊の進行は、非破壊検査である程度わかるのですが、適切に検査されなければそれも意味のない話。

      今回は、分かっただけでも僥倖かと。

      削除
  3. 基礎技術が無く設計出来ないのならエアバスヘリコプターズに設計を丸投げすればいいのに、3000t級潜水艦はホヴァルツヴァルケ ドイツ造船やDCNCなど欧州勢は完成品の購入しか認めなさそう。

    返信削除
    返信
    1. 自国で設計・竣工しちゃた。それも一番艦で試験せず2番艦、3番艦まで韓国人の根拠の無い自信って何処から来るの頭おかしいの?

      削除
    2. 潜水艦は別の記事でも触れていますが、まあ、続報に期待しましょう。

      削除
  4. 山田の案山子2017年7月1日 11:36

    潜れない潜水艦、飛べないヘリ、命中しないミサイル、夢だけのロケット、財源の無い公約・・・南の楽園。

    返信削除
    返信
    1. 不安な単語がいっぱい並んでいますね!!

      削除
  5. スリオン自体は定評のある既成の機体のコピーである事は周知の事実ですが、そこに想定外の荷重がかかるような装備を無理矢理付けたか、荷重状態で運用したか。
    構造材をポッケナイナイで劣悪なのを使った……というのは航空機では考えたくないですが……やりかねない国ですからね。
    フレームは南鮮製でしたっけ、欧州からの輸入でしたっけ。輸入ノックダウンならフレームは(許容荷重の範囲内で使う限り)補償付きですが、南鮮製だと……?

    返信削除
    返信
    1. 韓国の場合、同じ設計でも、予定通りの素材が使われるとは限りませんから。

      工事用の鋼管を使う会社が、「中韓の素材を使ったやつはダメだ!」と激怒していたのを聞いたことがありますが、日本の品質が過剰なのか、あちらの品質が劣悪なのか。
      どうしても差が出ちゃうみたいですねぇ。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。