北朝鮮に正論を言われる平昌五輪南北共催問題

いやはや。

五輪南北合同チーム IOC北朝鮮委員 “容易でない”

7月2日 4時53分
IOC=国際オリンピック委員会の北朝鮮の委員は1日夜、NHKの取材に対し、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が来年のピョンチャン(平昌)オリンピックで南北合同チームの結成を目指す意向を示していることについて「たやすいことではなく、時間もない」と述べ、容易ではないという考えを示しました。
何というか、何故、北朝鮮の方が冷静に見えるのか。



北朝鮮もIOCのメンバーに入っているのは、当然と言えば当然だ。だって、五輪には北朝鮮選手団も参加するのだから。
でも、IOCの委員としてしっかり活動しているというのは、ちょっと奇異に映ってしまうな。どんな立場で活動が出来ているのだろうか??
韓国で行われたテコンドーの大会に出席していた北朝鮮のチャン・ウンIOC委員は1日夜、帰国途中の経由地、中国・北京の空港で、NHKの取材に応じました。
どうやら、北朝鮮のIOC委員はチャン・ウン氏という名前らしい。

話は逸れるが、テコンドーの大会って、北朝鮮でもテコンドーやってるんだねぇ。そもそもテコンドーは空手から派生した蹴りを主体とした格闘技なのだが、歴史の表舞台に出てきたのは1950年代から。
「テコンドー」という名前も、1955年に崔泓熙なる人物が、日本留学中に学んだ空手を元に正式に命名したもので、その源流は1940年代の韓国併合中の朝鮮半島で広まった空手にあるという。一説にはテッキョンと呼ばれる韓国の伝統舞踊にその源流を求めることが出来るとも言われているらしいが、ほぼ根拠は無い。テッキョンの一部の動きを空手に取り入れた、というのが実際のトコロだろう。

で、1940年代からの普及という話であれば、1950年に勃発した朝鮮戦争によって南北が分かたれた後も、北朝鮮側で普及したのはおかしい話では無い。

北朝鮮テコンドー演武団が10年ぶり来韓 4回公演へ

記事入力 : 2017/06/23 18:25

【ソウル聯合ニュース】韓国中部の茂朱で24日に開幕する世界テコンドー連盟(WTF)主催の世界テコンドー選手権大会に参加するため、北朝鮮のテコンドー演武団が23日、金浦空港から韓国入りした。北朝鮮が主導する国際テコンドー連盟(ITF)所属のテコンドー演武団の訪韓は10年ぶり。
北朝鮮と韓国とはこうしたテコンドーを通じての交流を行ってはいるようだね。



で、この韓国に訪れた張雄(チャン・ウン)氏、国際オリンピック委員会委員であると同時に、国際テコンドー連盟(ITF)の名誉総裁でもあるのだそうな。
なお、テコンドーにはもう一つWTFという団体があるのだが、こちらは韓国主導で、武道と言うよりは既に見せるためのスポーツに特化した団体のようだ。韓国の都合でルールがコロコロ変わったりもする、不思議な団体だという噂も聞くが、詳しい事は知らない。

ともあれ、話を戻すと、この張雄氏がNHKのインタビューを受けたのだそうな。
この中で、チャン委員は韓国のムン・ジェイン大統領が来年のピョンチャンオリンピックで韓国と北朝鮮の合同チームの結成を目指す意向を示していることについて、「IOCと南北双方のオリンピック委員会、政府も関わり、たやすいことではない。時間もない」と述べました。
そのうえで、1991年に日本で行われた世界卓球選手権で南北合同チームが結成されたことに言及し、「当時、どれほど多くの協議を重ねたことか」と述べ、調整に時間がかかるとして合同チームの結成は容易ではないという考えを示しました。
まあ、北朝鮮の場合は将軍様のご意向1つで色々と話が変遷するものだから、安易な回答は出来ないのだろう。
その上で、「合同チームの結成は無理」と言っているのだ。
実際問題、朝鮮半島とは全く関係無い2つの国が合同チームを作るにしても、多くの話し合いと、どの選手をどんな形で出すのか。どうしたら両国のメンツが保てるのか?その上で勝てるのか?といった話し合いは必要となるだろう。
むしろ、そうした調整は民主主義の国を標榜する韓国の方がハードルが高いと思うのだが、北朝鮮側から指摘される辺りがなかなか面白い。



まあ、その辺りの話はIOCの会長も重々承知しているのだろう。
 バッハ氏は韓国入りした際、文大統領の提案について「印象的」であり、「平和を追求する五輪の精神に合致する」と述べ、歓迎する姿勢を示した。
 ただ、同30日に茂朱で行われた記者会見では、文大統領の提案について、「積極的に協力するが、IOCでまだ合同チームに関する正式な決定は何もない」として慎重な姿勢を見せた。
そもそも、オリンピック憲章に照らすと、2カ国合同のチームを参加させるのは特例中の特例である。
まあ、やって、エキシビションマッチを企画する程度の話なのだと思う。IOCの会長のバッハ氏もそうした事を踏まえ、建前論を言ったに過ぎないのだろう。
 インタビューでバッハ氏は、南北合同チーム結成の可能性については言及を避け、「北朝鮮の平昌五輪参加のためにそのほかの多くの国と緊密に協力し、北朝鮮の選手たちが五輪出場資格を得られるようサポートする」との原則論に終始した。
実際に、バッハ氏は原則論に終始し、「出来る」とは言わなかった。
何しろ、努力するべきは北朝鮮と韓国で、北朝鮮側は事実上、「無理」と言っているのだから。



さて、この話と平昌五輪がどう絡むのかという話なのだが、そもそも、この話を韓国の大統領が言及した背景には、平昌五輪の盛り上がりに大いに欠けているという状況がある。

チケットは売れないし、現地の準備も満足に出来ていない。もちろん、今年の12月頃迄に全ての準備が整う「はず」だが、現状では未完成の会場も少なくないのだ。
韓国のド田舎で開催される、韓国国内ではマイナーなウィンタースポーツの祭典である。盛り上がるはずも無いのだが、何を勘違いしちゃったのか、立候補しちゃった。
会場に選ばれた以上は、開催出来るように努力が必要になる、と考えるのが普通の国だし、韓国も努力はしているのだろう。ただ、大金を注入しても回収出来る見込みが無ければスポンサーも大激怒である。
そんな中で、目玉を作りたい、という思惑があったに違いない。IOCもダメとは言えないだろうしね。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ




コメント

  1. まぁ大半の読者の方にはどうでも良い切口ですが。お付き合いいただければ。
    北のITFはライトコンタクトでの顔面パンチ有りのルール。ポイント制。
    WTFはフルコンタクトだがポイント制で、パンチは体幹部のみ。ローキック禁止。
    手数の何割か以上は上段へのキック攻撃でなければならない。つまり極真ルールとアメリカのマーシャルアーツを合わせたようなルール。

    そもそもルールの異なる競技を一緒にチームなんか出来るのですかね?
    ライトコンタクトというと軽いと思われる方もいましょうが、顔面があると事故があって、ディフェンス技術は「顔面あり」に進化せざる得ない。
    それで打撃格闘技では、顔面パンチの有無で、
    「間合い」が異なります。打撃戦で彼我の間合いが異なると言うことは、「全く別な格闘技」て事と同じなのです。
    サッカーとラグビーくらいには異なる!
    これ、やったことのある人なら解る話です。

    証拠に私は極真の分派である大道塾経験者で日本拳法出身ですけど、大道塾では上級クラスまでは顔面無しの極真ルール。
    黒帯が視野に入ってから、帯研で顔面ありに変わります。で、顔面なしと顔面ありだと、もう別な格闘技になっちまう事は経験から言えるし、似たようなシステムの正道会館の出身者も同じ事を言ってました。

    政治の話は別としても、ムン酋長の言うことが、選手目線でも傍迷惑な「思いつき」なのが解る。いつも上司は思いつきで物を言う……
    サラリーマン時代を思い出して笑いましたね、このニュースは。(笑)

    返信削除
    返信
    1. ちょっと記事の書き方が悪かったので、アイスホッケーの合同チームという話に結びつかなかったのでは?という危惧はあります。

      ともあれ、ご指摘の様に選手にとってみればあり得ない話でして。

      削除
  2. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年7月4日 19:05

    先日、カチンときたニュースがあります。もちろん、平昌五輪に関係があります。

    ソース)産経新聞「韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…大島理森衆院議長らと会談で」
    >「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を
    >日本企業で引き受けてほしい」と要求した。
    (中略)
    >「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。もし
    >少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放った
    (中略)
    >外務省関係者によると、日本側に事前に国際常識から外れた要求をして
    >きたという。

    なんですか、この「上から目線」!!!
    冗談じゃないですよ。こんな態度の連中を支援するなんて論外です。

    調べて見ると来日外国人のうち、消費金額がもっとも少ないのが韓国人。
    平均の半分以下、韓国人に次いで少ない台湾人の三分の二しか消費してない。
    ソース)観光庁「「訪日外国人消費動向調査」「平成28年の年間値の推計(暦年)」※確報値」

    日本で消費せず、日本国内で悪さをするような韓国人なんて、日本に来なくていいです。逆に渡航ビザ免除を停止して、その他のビザについても発給基準を厳しくして欲しいです。

    参考)官公庁「訪日外国人消費動向調査」から抽出した消費金額(一部)
    回答数 消費単価(円/人)
    全体(平均)33,575 129,367.06
    韓国 13,685 61,568.98
    中国 5,352 190,405.72
    台湾 3,845 92,899.58
    米国 2,286 152,690.27

    返信削除
    返信
    1. 僕も読みましたが、これはヒドイ。
      まぁでも、東京五輪がある前にhttp://img.kaikai.ch/img/4922/52になってそうな気がするので大丈夫ではないかと。

      削除
    2. 読みましたか…俺は、あるけむ様の言われる事に反論は全く無し!
      で、上から目線ですが。
      奴等は上から目線するしかないの!
      民族史的にも、抗日でも、劣等感の塊だから。
      大統領が、逃げ道と時間稼ぎに、国民が逃げてゆく橋を爆破命令した国だもの!
      支那には隷属の歴史しかない。
      ぶっちゃけ、支那も我が国も、「世界史」に記録されるだけの事を、良くも悪くも刻んでいまさ。奴等には無いものね!
      ずうっと、「アジア統一格闘選手権」の「リング」になっただけで、闘士としてリングに上がった歴史がない!
      だからウリナラ半万年とか、支那とも歴史問題する訳です。
      世の中には色んな奴がいる。でも、どんな職場でもエンガチョ切られるのは、「劣等感の塊」な奴です。そういう奴は世界を歪めてでも、自分の卑称なプライドにしがみつくので、最後は敵からも味方からも嫌われる。
      そういう連中なのですから、「上から目線」は当たり前です。それしか表現力がないから!
      で、上から目線が当然と日本に対して思ってます。捏造歴史で!
      問題なのは奴等ではなく、我国における反日自虐で、同胞を貶めて、自分だけ良い子になろうとするリベラリストです!
      こいつらは元赤色分子ですが、ソ連崩壊後に、世界革命が無理と知り、
      兎に角、為政者に反発して、逆らい、
      ホモだのゲイだの、少数派を「正義」として、
      多数の庶民を踏みにじるのが当然と考える売国奴です。奴等は自分だけ良い子でいる為には、平気で同胞を売る!!
      こういう売国奴こそが、真の敵ではないでしょうか?

      削除
    3. あー、その記事ですか。

      よくもまあ吠えたものでして、感心しました。
      しかし、寧ろ韓国人に日本に来て貰わず、韓国選手団も来て貰わない方が、色々と日本にとってはメリットが大きいのです。御勝手にどうぞという話です。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。