希望の党、いよいよ希望が無くなる

朝から碌な記事では無いが、紹介するのはこの記事。結局、民進党が3つに分かれただけだったという残念なニュース。

小池知事 希望の党代表辞任の意向 周辺に伝える

11月14日 15時16分
東京都の小池知事は、14日の希望の党の両院議員総会で、玉木共同代表のもとで、新しい執行部が発足する見通しであることを受けて、党の態勢の構築に一定のめどが立ったなどとして、代表を辞任したいという意向を周辺に伝えました。
何がやりたかったんだよBBA!

えー、口汚く罵ってしまったが、しかし、小池氏が口にした「希望」は「希望の党」の何処にも残ってはいない。
東京都の小池知事は、先週、玉木雄一郎衆議院議員が、希望の党の国会議員の共同代表に選出されたことを受けて、13日、玉木氏と会談し、党運営の要となる幹事長など、新しい執行部の体制について、対応を一任する考えを伝えました。
民進党出身の玉木氏が「共同代表」に選出されたが、気がついたら「単独」代表になって、名実ともに民進党である。

logo

希望の党のサイト、今のところは小池氏がトップになっているが、代表挨拶とか、綱領とか、党規約とか、ぜーんぶ変わるんじゃ無いかな。

さて、希望の党は小池新党などと言われていたが、都民ファーストの会も同じ流れであったことは記憶に新しい。

小池氏、都民ファースト代表辞任 「知事に専念」

2017/7/3 11:29
小池百合子知事は3日午前、都内で記者会見し、「知事に専念する。代表は(当初、代表だった)野田数幹事長に戻したい」と述べ、6月1日から務めていた「都民ファーストの会」の代表の座から3日付で降りることを明らかにした。今後、都民フの別の役職に就くかは検討するという。
都民ファーストの会の代表はこんな感じの変遷を辿っている。
  1. 野田数 2017年1月23日 - 2017年6月1日
  2. 小池百合子 2017年6月1日 - 2017年7月3日
  3. 野田数 2017年7月3日 - 2017年9月10日
  4. 荒木千陽 2017年9月11日 - 現在
で、東京都議会選挙はいつだったか?2017年7月2日に行われた。凄い話だが、東京都議会選のためだけに、小池氏が代表になったのである。

全く同じ事が行われたと言って良いだろう。寧ろ、国政選挙で負けた分、代表を降りるのに時間がかかった位の話。

希望・小池代表、玉木氏の人事案を了承 新執行部発足へ

2017年11月13日11時43分
 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)と国会議員団トップの玉木雄一郎共同代表が13日午前、都内のホテルで会談し、党幹事長など主要人事について協議した。玉木氏が示した人事案を小池氏が了承したという。14日の両院議員総会で人事案を示し、承認されれば新執行部が発足する。
 会談では、玉木氏が幹事長、政調会長などの主要な人事案を示し、小池氏は「細かいところを含めて後は任せる」と応じ、玉木氏に一任した。
もはや、小池氏は人事に口を出す事も無く、さっさと投げ出したと。

追い出される前にさっさと辞めた、そんな話なのだ。



で、これがどうなるかというと、玉木氏が政党を率いる実力が無い、民進党の代表である大塚氏も「誰それ」という感じで、やはり政党を率いる実力は無い。だとすると、早い段階で希望の党も民進党も解党してしまって、立憲民主党あたりに集約していくのでは無いか

これ、有権者からしてみたら、非常に馬鹿にした話である。国会議員のモラルというのは、一体何なのかという話。

議論は「是々非々」とは言うが、自らの信念をコロコロ変えるヤツの、一体何処に希望を見出したら良いのだろうか。

残念ながら、自民党にもそんな奴らは結構いる。石破茂氏などはその代表格だろうか。党内で議論するのは良いが、後ろから撃つのはどうなのか。
希望が無くなったのは、案外、希望の党からだけでは無く、日本国民にとっての話で、希望の党の一幕はそれをただ象徴しているだけだと。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32017年11月15日 6:44

    なんか、選挙の公示前に予想した方向に進んでいる感じです。
    希望の党を「第二自民党」とか言っていた連中は、何処行ったんでしょうね...

    参考)産経新聞「安倍晋三首相以外の自民との連携に含み 小池百合子都知事 「安倍政治でできないことをやる」」2017/10/04
    >希望の党が「第2自民党」だとの指摘があると問われると「第2どころか第1を目指したい。新しい保守
    >政治という観点だ」と語気を強めた。

    参考)エコノミックニュース「「希望の党は第2自民党」福島氏」2017/10/05
    >社会民主党の福島みずほ副党首は4日、希望の党は「第2自民党」だと指摘した。
    (中略)
    >「小池新党は第2自民党だ。大政翼賛会を作らせてはならない。改憲阻止の議席を増やさなければ」と
    >アピールしている。

    返信削除
    返信
    1. 予想通りとはいえ、何とも情けない話です。

      知事選挙に出て知事になった上で、豊洲移転を止めてしまう。
      東京都議選で都民ファーストの会の代表になって、選挙が終わったら代表を投げ出す。
      衆議院選挙で希望の党の代表になって、選挙が終わったら代表を投げ出す。

      ……破壊してばっかりです。なにも作り出していない。

      削除
  2. 山田の案山子2017年11月15日 7:50

    公明にも捨てられた小池ww

    返信削除
    返信
    1. 公明党は早いうちから小池氏を見捨てていましたが、選挙ではあまり機能していなかった様な気もします。
      日本共産党とも手を組んでいましたが、築地おかみの会から睨まれる状況になりつつありますので、先は無さそうですね。

      削除
  3. 都民ファーストの代表を放り出した時から予想できたこと。
    所詮は選挙屋、と言うことなんだなぁ……
    何がしたかったのかと問われれば、「選挙で目立ちたかった」だけじゃないかな。

    分裂はしたが結果的に議席を大幅に伸ばした民進党系。小池がいなければ合従連合は政界の常とか言って野合に向かうでしょ。
    都民ファースト分裂後に自民に戻るとか考えてた時もありましたが……この人、コレで知事辞めた後は政界に逝き場ないだろうにどうするんだろう。
    損したのは小池と共産党のみか。残念。

    返信削除
    返信
    1. 目立ちたいだけの女王様気取り、というのは分かり易い姿ですけど、迷惑ですよね。

      政界に行き場が無いとはいわれますが、あの小沢氏ですら居場所をつくり、あの菅直人ですら生き延びているわけですから、まだまだ影響力を残していく気がします。

      削除
  4. 個人的には都民ファの代表降りた時と今回はちと違う気がします。

    都民ファの時は勝者としての余裕がありました。代表降りて院政を敷く感じで。
    今回は選挙に負け、党内政治に負け、全て失って辞任するんです。
    自分で腹を切るか、首を切り落とされるかの違いでしか無いですよ。

    当選した希望の党所属議員の大半は民進系議員。小池派の議員は数える程しか居ない。さらに頼みの若狭は落選。
    せっかく小池ブームにあやかって旨い汁を吸おうと寄ってきたのに、肝心の小池があれでは話にならんと民進系議員も落胆してるでしょうね。

    うちの地元でもこの間まで民進党のジャンパー着てた連中が希望の党に切り替えてました。
    民進系議員はスタッフもそのままなので慣れたもんです。
    それに引き換え小池系議員は一部の現職を除いて新人です。スタッフも居ないから候補者自らポスターを貼ったなんて噂を聞きました。
    完全に準備不足ですよ。
    この結果はほぼほぼ小池の自業自得だと感じました。

    最後に民進党系の大幅増加という意見があるのは承知してますが、立憲と参院民進党が仲違いしてるようですし、立憲は希望から要請があった森かけでの協調依頼を蹴ったそうです。
    あの辺ってゲバが好きですね!

    返信削除
    返信
    1. 民進党系の議員は選挙を経験している一方で、小池系議員は色々毟られた上に自分でやらねばならず、選挙ノウハウすら蓄積はできなかったでしょう。一番迷惑を被ったのは、小池系議員かもしれませんね。
      小池氏の自滅という構図は層なのでしょうし、そういう視点であれば都議選とは明らかに違った結果になりました。
      希望を失った、と言う点は同じですけどね。

      ともあれ、民進党系議員が纏まれるかというと、民進党時代ですらまとまってはいなかったのですから、袂を分かち、別の党として議員をやっている以上は難しいのでしょう。
      内ゲバ大好きなら、是非、別の所でやって頂きたいところ。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。