2017年2月7日火曜日

ゆれるKTX、乗客が不安を感じるレベルに

凄いなぁ。

期待集めた水西高速鉄道、ひどい揺れに乗客の不満相次ぐ

記事入力 : 2017/02/05 22:39
 「韓国高速鉄道(KTX)より安くて時間も短縮されるというので大いに期待していたが、実際に乗ってみたらあまりに揺れがひどくてがっかりした」
 先月の旧正月連休に水西高速鉄道(SRT、水西発の高速鉄道)で釜山まで往復したキムさん(40)はこのように話し、「高速走行中ずっと左右にひどく揺れたので不安を感じた」と付け加えた。

鉄道関係の仕事の一端に触れる機会があったが、日本でこんな話が出てきたら、もう大騒ぎに……。え?北海道では普通だ?

【言論の自由】東京新聞副主幹の長谷川氏が吠える

おお、なかなか良い事を言う。

長谷川幸洋氏「政権と戦うのがマスコミの使命とは思わない」

2015.10.02 07:00
 東京新聞・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏による『週刊ポスト』連載、「長谷川幸洋の反主流派宣言」が最終回を迎えた。その最後のコラムから、本当の反主流派を貫く長谷川氏が、マスコミの姿勢について解説する部分を紹介する。
個人的には、東京新聞・中日新聞は、ネタの宝庫くらいにしか思っていなかったので、この長谷川氏が「ニュース女子」に出ていたのを知ったときは同一人物とは信じられなかった。こんな人が残っているのであれば、未だあの新聞も捨てたもんじゃ無いな。

地獄の釜の蓋を開けるドッド・フランク法の改正

やるなー。

トランプ氏、ドッド・フランク法見直しの大統領令に署名

2017 年 2 月 4 日 05:40 JST
 【ワシントン】ドナルド・トランプ米大統領は3日、金融規制改革法(ドッド・フランク法)の見直しを指示する大統領令に署名した。金融危機以降に制定された規制の多くを撤廃しようとする大胆な計画の一環だ。
WSJの記事では好意的な取り扱いではあるが、何が起きているのかは分かりにくい話だな。

さよなら、韓進海運

まあ、予定通りと言うべきだろう。

韓進海運、清算へ=再生手続き中止

(2017/02/03-09:01)
 【ソウル時事】韓国のソウル中央地裁は3日までに、経営破綻した海運大手、韓進海運の法的管理(会社更生法に相当)適用による再生手続きを中止することを決めた。韓国メディアが伝えた。これにより、同社が清算される可能性が高まった。
ただ、韓国のことだから、どんな斜め上の判断がなされるかは、分からないんだけど。


ともあれ、これで去年の9月頃から混乱していた話に終止符が打たれることになる。
 地裁は再生手続き打ち切りの理由に関し「調査の結果、韓進の主要事業譲渡に伴い、清算価値が企業を存続させた場合の価値よりも高いと認定された」と説明した。
地裁の判断など、多くの人が既に分かっていた話だ。
一番最後のリンク辺りに詳しい話を書いたが、この韓進海運の消滅は、韓国海運業界の消滅を招き、その結果、これまで散々やってきたダンピング商法を支える柱の1つを失う結果になる。また、韓国が海運業を失うと言うことは、即ち、造船業を支えられなくなることを意味する。

そして、韓進海運が大韓航空の親会社である韓進グループ傘下であるという事を考えても、この破産によって3000人以上の労働者が職を失ったという意味でも、韓国経済の混乱は必至。


韓進海運がこうなることは随分前から分かっていたことを考えると、クネクネの無策っぷりが泣けてくるな。
この韓進海運の破産が決定することで、また、韓国海運業2位の現代商船が、起死回生の一手を打ち出そうにも、既に出口の見えない泥沼にどっぷり浸かっていることを考えても、韓国海運業はもう破滅したといって過言ではないだろう。

現代商船、韓進海運から最大220人再雇用表明

2017年1月11日 (水)

ロジスティクス韓国の現代商船は11日、経営破綻した韓進海運から最大220人の従業員を再雇用すると発表した。

何やら、現代商船は韓進海運の従業員を雇用する考えでいるようだが、これはあまり良い手では無い。

現代商船など韓国3船社が新コンソーシアム「HMM+K2」

2017年1月4日 (水)
韓国の現代商船(HMM)は3日、同国の近海コンテナ船社である興亜海運、長錦商船と3社による海運コンソーシアムを結成すると発表した。
2Mアライアンス(A.P.モラー・マークス+MSCの海運業界1位、2位が組んだ国際カルテル)に加盟したかった現代商船だが、残念ながら提携のみ(事実上の加盟拒否)に終わり、国内でコンソーシアムを結成した。が、全社赤字の寄り合い所帯での殴り合いが発生するだけで、これだけではどうしようも無い。
 
既に、去年の3月には現代商戦が銀行の管理下に入っていることを考えれば、これから先細りするしか無い状況だと言えよう。



この先、貿易において不利な状況が更に積み重なる可能性が高いにもかかわらず、韓国政府はまともな政策を打ち出せずにいる。
つまり、貿易に過度に依存する韓国経済にとっては、巨大なダメージを与える出来事と言える。

……ある意味、サムスンがアメリカに工場を建設するという流れも、「アリ」かもしれないな。

もちろん、その前提がサムスンが魅力ある物作りが出来る優秀な企業である点が前提とはなるが……。

しかし、それは更なるダメージを韓国経済に与えるに過ぎない結果となるのは、誰もが理解するところだろう。
サムスンは生き残っても韓国は生き残れない。

何とも皮肉な話である。

追記

あーあー、やってしまったねぇ。

韓経:韓国輸出入銀行、1兆ウォンの損失…40年目で初の赤字

2017年01月31日09時37分

  韓国輸出入銀行が創立40年目の昨年、初めて純損失を出した。貸出と保証を合わせた与信総額が9兆ウォン(約9000億円)に達する大宇造船海洋が最も大きな原因に挙げられる。昨年、産業銀行も同じ理由で2年連続の赤字となった。

凄い事書いてあるぜ。

1兆ウォンの損失は輸出入銀行が過去40年間積み立ててきた利益余剰金(約2兆ウォン)の半分に相当する。

随分膨れあがったものだな。

  STX造船海洋の法定管理(企業回生手続き)による引当金負担も大きかった。銀行は法定管理企業に対する与信は「推定損失」に分類し、与信額の100%を引当金として積み立てなければならない。STX造船に対する輸出入銀行の与信は約1兆3500億ウォン規模だった。

そりゃそうだろう、こんな赤字垂れ流しの造船業界の法定管理に荷担しているのである。

  国策銀行の大規模な損失は国民の負担となる。健全性確保のために政府の財政が投入されるからだ。国策銀行の信用度が下がれば、国策銀行はもちろん都市銀行が海外で資金を調達する際に負担が追加される。国策銀行の関係者は「都市銀行が造船・海運など景気敏感業種に対する貸し出しを避け、国策銀行の損失が増えた側面もある」と述べた。

そして自転車操業の開始が宣言され、国富が銀行に投入される。

しかし、韓国経済は外資に依存している関係上、これは外資に対して投資をするも同然の結果となる。韓国には何一つとして利益にならない。

いや、銀行が総崩れになるよりはマシかも知れないが、それは延命措置をする結果に過ぎないのである。

結局のところ、産業構造がクソなのでこの有り様だ。財閥優遇政策を切り離して、銀行を整理し、造船業を整理し、海運業界も一本に絞り、スタンスを明確にしないと、この先が無いだろうに。