2017年3月8日水曜日

マネーロンダリングと対策

日本では、資金洗浄:マネーロンダリングへの対策は遅れている。

疑わしい取引、届け出40万件 資金洗浄対策で金融機関

朝日新聞デジタル 3/2(木) 18:06配信
 犯罪による収益の疑いがあるとして金融機関などが国に届け出た「疑わしい取引」は昨年、40万1091件と初めて40万件を超えた。前年より0・4%増え、3年連続の増加。警察庁が2日発表した。
年間40万件に上る疑わしい取引 があると報告されているが、これの取締りがどこまで有効にできるかは疑問である。

アジアの危機と韓国の経済危機

北朝鮮を巡る動きが活発化してきているが、これに巻き込まれているのが韓国である。

日本に続いて中国も?韓国の金融市場に「通貨スワップ」危機=韓国ネット「日本より先に韓国が滅びる?」「国民のプライドを守って」

レコードチャイナ 2017年3月7日 17時30分 (2017年3月8日 09時07分 更新
2017年3月7日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、韓国の金融市場が“安全弁”を失いつつある。国内外の不確実性はいつにも増して高まっている状況だが、日本に続いて中国とも対立が深まり、通貨スワップ協定の締結が不透明になったためだという。
いや、巻き込まれているというのは正しくないな、正しく当事者なのだから。

【驚愕】釜山の日本総領事館前に更に像を増やす計画

いや、意味が分からん。

釜山の日本総領事館前に強制徴用労働者像 韓国団体が設置検討

記事入力 : 2017/03/07 13:41
【釜山聯合ニュース】韓国の労働組合組織が南部・釜山の日本総領事館前に、日本による植民地時代に強制徴用された労働者を象徴する像を設置することを検討している。
像を造るのは勝手だが……、場所は弁えろよ。