ユニセフの方から来ました!北朝鮮の子供が飢えてます!

ほう、それで?

北朝鮮 子ども6万人が深刻な栄養失調のおそれ ユニセフ

1月31日 9時42分北朝鮮情勢
ユニセフ=国連児童基金は、ことし1年間に北朝鮮で5歳未満の子ども6万人が深刻な栄養失調に陥るおそれがあると明らかにし、国連安保理の制裁で支援物資を運ぶための燃料費が高騰するなどの影響が出る中、滞りなく支援を実施できるかどうかが課題だとしています。
北朝鮮の子供達が飢えに苦しんでいる、というのは事実だろう。
参考までに、日本ユニセフ協会の、ユニセフの方の組織のサイトも紹介しておきたい。
実は、今に始まったことじゃなくて、ここのところ毎年、このような事を言っている。

ついでに本家の方も。
  • logo_forEveryChild_CyanHorizontal_CMYK_raw_ENG
個人的には、ユニセフだろうが日本ユニセフ協会だろうが、区別するつもりはない。どちらにも募金する気も無い。そして、志の高い方が募金される事に対して否定する気も無い。どんどんやって頂ければ良いと思う。

ただ、北朝鮮関連の事業に関してはひとこと言いたい。
その支援は、ミサイルへの支援にならず、本当に必要としている人に届くんですか?
北朝鮮の人民が苦しんでいるのであれば、それは国家を名乗る北朝鮮の政府が責任を持って対応するのが筋である。
ユニセフはことし1年間に世界で行うべき人道支援活動の概要をまとめ、30日、スイスのジュネーブにある国連ヨーロッパ本部で記者会見して発表しました。
このうち北朝鮮について、およそ1800万人が食料の供給が不安定な状況にあると見られ、5歳未満の子ども6万人が深刻な栄養失調に陥るおそれがあると明らかにしました。
子供だけで無く大人も飢えてますよ、北朝鮮。
でも、悲惨なのは支那も同じだ。そして、その事を追求しないのがユニセフという団体なのである。

飢えを恐れ、家を嫌う子供たち=中国児童労働問題

2014年01月14日 15時36分
【大紀元日本1月14日】経済発展や軍事力増強ばかりがメディアに取り上げられる昨今の中国だが、暗部にはまだまだスポットが当てられていない。児童労働問題はその一つだ。昨年12月、深セン市宝安の電子機器生産工場で10代前半の児童を含む139人が働いていることが明らかになった。児童は毎日12時間労働、月給2000元(約3万4400円)で雇用されていたという。
~~略~~
 報道の後、児童労働の疑いで当局が調査を行い、139人の児童のうち41人の12~13歳の児童が四川省へ帰郷した。一見、児童たちは「救出」されたかように見えたが、真の問題点が子どもの口から話された。自宅に戻ったある女児はほかのメディア関係者に対し、「私は家に帰りたくなかった。工場ならお米と肉を食べられたのに、家にはジャガイモとトウモロコシしかない」と話した。
 自宅で栄養不足と飢餓に苦しむ児童たちにとって、食事が賄われる工場から離れたことは果たして「救出」だったのか、疑問符が打たれる。


これは大紀元が報じたニュースではあるが、特にチベットやウイグルなどの侵略された他国や少数民族達は今もなお似たような現状にあるようだ。
尤も、インドや他のアジア諸国でも似たようなケースはあるだろう。



なお、このニュースの下にも気になる部分はあった。ちょっと脱線するが……。
 昨年は有名メーカーの製造工場でも児童労働が指摘されている。韓国メーカー「サムスン」は自社中国工場で14歳の女児を雇用していたことが疑われた。また「アイフォーン(iPhone)」や「iPad」の生産を委託するフォックスコン(富士康)も14歳の女児が働いていたことを認めた。
ユニセフ的にはこれはOKなのかね?

と、まあ、それはそれとして、だ。
ユニセフによりますと、人道支援の活動は国連安保理の制裁の対象から除外されていますが、支援物資を北朝鮮国内まで運ぶための燃料費が高騰するなど影響が出ているということです。
また金融機関の審査も厳しくなり、北朝鮮国内への資金と物資の運搬により時間がかかるようになっていて、滞りなく支援を実施できるかどうかが課題だとしています。
そのうえで、北朝鮮の子どもたちへの支援にはことし1年間で1650万ドル、日本円でおよそ18億円が必要だとし、国際社会に支援を呼びかけています。
これって、ユニセフの職員が北朝鮮に入国して、支援物資を直接届けるって話なの?本当にそんなことが可能なんだろうか。

ちなみに検証された話では無いが、北朝鮮のミサイルはどれくらいのお値段か?ということなのだが。
  • スカッドミサイル : 約2~5億円
  • ノドン : 約4億円
  • ムスダン : 約13億円~17億万円
  • テポドン : 約800億円
あくまでこの値段は噂なので、目安程度にしかならないが、去年16発程度のミサイルを発射しており、火星14号や火星15号など80億円~100億円程度すると思われるようなミサイルも発射している。また、その為の開発をも行っているので、少なく見積もっても去年1年間でも1000億円くらいはミサイルに使っているんじゃ無いかと思われる。

ユニセフは、むしろ北朝鮮に「子供達が飢えているから支援を」と言うべきじゃないの?

いや、国家の運営ができない様な状態になっていて、外国から支援を入れなければどうしようも無いというのであれば、分かる。
でもね、一方でミサイルをバカスカ撃ち、一方で人民が飢えているって、もうそれはその国家を滅ぼした方が良いんじゃ無いかな。

ユニセフは、「金正恩政権を打倒せよ!」と言えば良いんだ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1.  少し前にあった、5歳の女児が、10円玉を握りしめてコンビニに訪れ「おなかがすいた」 と言ったことから発覚した虐待事件では、母親らが逮捕されました。
     ユニセフの場合、逮捕なんてせず、むしろこの母親にお金を上げようということなのでしょう。

    返信削除
    返信
    1. そんなニュースがありましたね。
      アレは酷いニュースでした。

      そして、母親は逮捕されたわけですが、ユニセフ理論だとそうなるんでしょう……。

      削除
  2. 洪水の時は迅速にWFPが支援を決定してましたね。
    どうにも国際社会とやらには北朝鮮を支援したくて堪らない勢力がそれなりに居る様ですね。

    返信削除
    返信
    1. 「人道的支援」という名の下の支援というのは、理解を得やすいですから。
      でも、その国の現状とか色々加味すると、「支援に意味があるのか」と思う事例も多々あります。何というか、「支援」に前のめりになるのは、良い結果に繋がらないことが多い気がしますよ。

      削除
  3. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年2月2日 4:42

    「金に色はない」ですからね...
    過去にも、支援物資の横流しが指摘されてますし、支援すべきではないと考えます。
    ユニセフ自体、怪しげなNPO・NGOにつながっているようですから...
    寄付を要求するのは、パヨクやヤバイ宗教のやり方と同じように感じます。
    (寄付するかどうか、どこに寄付するかは、あくまでも寄付する側が決めること)

    返信削除
    返信
    1. 国連決議のこともありますし、安易に支援は考えものなのですよね。
      見捨てる事になるという事は心苦しい部分もありますが、そんなことであれば早めに金正恩体制を崩壊させた方が救える命は増えるのかと。

      削除
  4. 北朝鮮は社会保障を犠牲にして軍事費に充てているんでしょう。それでもミサイルをちょびっと打ち上げるのがやっとのレベル。
    もし日本が社会保障費を全部軍事費に充てたら、空母30隻、イージス艦30隻、駆逐艦200隻、航空機3000機、潜水艦100隻を擁する世界最強の軍隊になるかとww

    返信削除
    返信
    1. 現実問題として、民主主義国家で社会保障費を蔑ろにするのは難しいですから、独裁国家で無いとなかなか。
      ……あ、支那や韓国はそうでも無いのかも知れません。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。