米軍に防護服のノウハウを貰えないと嘆く韓国軍

ん?それは仕方ないんじゃないかな。
何でも「クレクレ」では話にならないと思うぞ。

「在韓米軍炎保護戦闘服」私たちの軍、知らなかった

入力:2018.02.02 18:47 修正:2018.02.02 23:23
在韓米軍司令部が今年、在韓米軍2万8500人全員の戦闘服を火に燃えない難燃(難燃・Flame Resistant)戦闘服に交換する計画を韓国軍は知らなかったことが確認された。難戦闘服が持つ意味と象徴性を考慮すると、韓米軍当局間の協力に問題があるではないかという懸念が出ている。
どうやら、在韓米軍が戦闘服を交換する計画があるようなのだが、それを難燃性にするという事実を知らなかったという事らしい。
在韓米軍の難戦闘服の交換の事実が知られた後、在韓米軍の今回の決定は、有事の際、韓半島で武力衝突の可能性を念頭に置いて、事前準備に乗り出したことではないかという観測が分かれている。在韓米軍はこの日立場資料を出して 「在韓米軍は、定期的な戦闘服の改善の一環として、追加の難燃戦闘服の交換を検討中」と確認した。戦闘服の交換の背景には、「特定の訓練、態勢、あるいは計画とは無関係だ」と説明した。
だが、在韓米軍が回答している通り、この戦闘服の更新は、「定期的な戦闘服の改善の一環」というだけの話。
だから、韓国軍がどうこうというレベルでは無い話なのである。が、じゃあ、何故この記事を取りあげたかというとこちら。
米軍とは異なり、国軍の難戦闘服導入は、初心者レベルである。韓国軍は、昨年7月に発生したK-9自走砲の爆発事故で将兵2人が死亡、5人が負傷した後、今年のK-9自走砲の乗組員に限って制限的に難戦闘服に交換を進めている。残りの軌道車両乗員の普及は2019年を目標としている。陸軍関係者は「一般将兵の難戦闘服の交換は研究用役のうち」と語った。
軍関係者はこれについて、「もしK-9の爆発事故がなかったら、まだ炎による将兵被害は関心の外であろう」と指摘した。
ハッキリ言うと、「一般将兵は使い捨てだから戦闘服もテキトー」だと、そう言うような話をしている辺りが潔いね(機械翻訳に頼っているので、「難戦闘服」などという意味の分からない単語になっているが、多分、難燃性の戦闘服という意味だろう)。

戦闘服

で、この辺りの話はこちらの記事でも言及している。
サウナスーツを戦闘服としているレベルなので、もしかしたら「難燃性」というレベルまでは行かないのかもしれないね。



話は逸れるが、この話は日本の自衛隊も笑えないらしい。

自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない。その3防御力編 前編

投稿日:2016/11/9
自衛隊部隊の防御力も問題だ。諸外国と比べて極めて劣悪である。
~~略~~
被服にも問題がある。自衛隊の迷彩戦闘服は難燃性のビニロンを使用しているが、世界で筆者の知る限りビニロンを戦闘服に使用している国はない。実は難燃性もそれほど高くない。ビニロンは国内で開発された繊維であり、この使用を前提とするのは非関税障壁の一種ではないか。自衛隊は他国の難燃繊維と比較したのか極めて疑わしい。もし難燃性のビニロンが戦闘服用として極めてすぐれているのであれば、何故外国で採用されていないのだろうか。
先に言及しておくが、この記事を書いているのは「あの」清谷氏である。だから、話半分で読むべき内容で、特にこの「難燃性ビニロン」に関する難癖は酷い。
こちらに、難燃性ビニロンの性能に関する記事を紹介しておく。
更に、記事の中で指摘されている公正取引員会の指摘についてもリンクを張っておこう。

世界的に有名な難燃素材と言えば、多分、デュポンのnomexなのだろう。nomexで検索すると色々出てくる程度には、長年の実績もあるようだ。が、アメリカ軍が採用しているのは、テンカテ社のアラミド難燃レーヨン複合素材「ディフェンダーM」であるとのこと。
因みに米軍はテンカート社の開発した難燃繊維、ディフェンダーMを採用しているが、帝人はディフェンダーM原料の一つであるアラミド繊維を供給している。また同社は同様な耐火繊維、コーネックスを開発、販売している。だが、防衛省が真摯にこれらの耐火繊維を使用した戦闘服の開発を行ってきたようには思えない。防弾チョッキでも世界のアラミド繊維2位で、より軽量な高分子ポリエチレン系の繊維も販売している帝人は防衛省から締め出され、東洋紡と東レが市場を寡占している。これも常識的にみれば極めて奇異であろう。
清谷氏はアメリカ軍の装備に並々ならぬ憧れがある様だが、この素材に関しては業界でも評価は高いようで。
 難燃・防炎テキスタイルは、米軍が特殊戦闘服に採用するテンカテ社のアラミド・難燃レーヨン複合素材「ディフェンダーM」などを頂点に、軍事や警察・消防など特殊用途でハイスペック素材が普及しているが、最近ではワーキングウエアなどユニフォーム、アウトドアウエアなど一般用途でもニーズが高まる。こういった一般衣料用途では難燃・防炎性能に加えて吸放湿性や肌触りなど着心地も重視されるため紡績の難燃繊維・綿混紡品や綿100%後加工品が求められる。
http://www.sen-i-news.co.jp/seninews/viewArticle.do?data.articleId=265360&data.newskey=819e2dd6e05945caf4c2a1937957321d&data.offset=80
まあ、国内で開発した素材を使用すべきだという主張はあるだろうから、防衛省のセレクトに対して僕は文句を付けるつもりは無い。実際に、自衛隊に供給される戦闘服2型などは、それなりの難燃性を保有していると説明されている。
が、下着や防寒着といった需要に関しては清谷氏の指摘に一理はあるのだろう。難燃性の高い性能の良い下着やセーターなどの防寒着を供給できないほど自衛隊が貧乏なのだとすれば、それは国防費の積み増しの話も含めて見直すべきなのだ。
この辺りは、経験者から語って貰える話かも知れないが、国防を担う人材の直接肌に触れ、身を守ることにも繋がる衣服なのだから、もう少し潤沢に供給できるような体制は整えて欲しい。

ともあれ、韓国軍の話に戻ろう。

海軍艦艇乗組員、戦闘服・戦闘靴なしで訓練していく

登録2016.10.17 18:06:21
海軍の艦艇乗組員が特別戦闘服・戦闘用ブーツがなく、制服とスニーカーを着用したままトラップ出動を行っている。 加えて民主党ギムビョンギ議員(国会国防委員会/ソウル動作甲)が国防部から提出を受けた国政監査資料によると、海軍が2013年から海上戦闘服・戦闘靴の開発に着手したが、これまでにも試作品どころか素材さえ開発していなかったという事実が明らかになった。
えー?!(棒)

訓練風景

確かに、写真を見る限り、戦闘服では無く、制服を来ている様子。靴も何というか、普通のヤツだよね。上の写真の左から二人目の服に金ボタンが見えるのには哀愁を感じるよ。
これは、海軍の話ではあるが、より人数の多い陸軍でも、似たような状況なのかもしれない。少なからず、「戦闘服」は存在するようだが、そこに「難燃性」があるという記述は見たことが無い。

韓国軍:新型戦闘服、不良品5万着納品に

2012/09/12 13:01
 韓国軍が、縫製不良で不適合判定を受けた約5万3000着の新型デジタル迷彩(ドットで構成された迷彩模様)戦闘服を、改善措置を取らずにそのまま業者から受領して兵士に着用させていたことが、11日までに明らかになった。新型戦闘服は汗の排出や通気性が不十分で「サウナ軍服」という批判を受けていた(7月21日付本紙既報)。
残念ながら、この記事のリンク先は消失しているが、残念な内容であることだけは保証しよう。

戦闘服仕様

でもって、この内容がこちらなのだが……、難燃性があるような記載は無い。レーヨン素材を使っているとあるので、或いは、「ディフェンダーM」を使っているのではと思ったが、1着3,600円相当の服で、それはないだろう。



色々記事を漁っていたら、過去にはこんな内容が報道されたようだ。

陸軍が改善案を発表

2011/8/31
カメレオンのように周辺環境に合わせて自動的に色を変え、生体シグナルや負傷を感知して治療を行うスマート戦闘服。昼夜を問わず前方を監視し、指揮部とリアルタイムで情報を交換する統合一体型ヘルメット。まるで映画に出てくるような最新鋭の戦闘用の個人装具が、2025年ごろまでに韓国陸軍の兵士たちに支給される見通しとなった。
韓国陸軍は30日、兵士用の改良型個人戦闘装具を、2025年までに3段階に分けて支給する「戦闘装具類総合改善計画」を発表した。個人装具の改善が完了する25年までに、附属の小型コンピューターで自動的に温度調節を行い、防水および汗の排出機能を大幅に向上させたスマート戦闘服を支給する計画だ。
スマート戦闘服は、燃えにくく、外部の熱を遮断する機能を備えている。統合ヘルメットは最新のセラミック素材で作られており、軽量で防弾能力に優れている。GPS(衛星利用測位システム)および近距離通信装置を備え、戦場の状況について指揮部とリアルタイムで交信できる。


ああなんだ、あと7年も経てば、近未来的な戦闘服が装備される予定みたいだぞ(棒)

難燃素材くらい幾らでもあるのだから、早急に対応した方が良いぜ。
そして、服の単価が高くなることは、国防費が大幅に増えることを意味するので、徴兵制を止めて兵士の数を減らし、少数精鋭方向に切り替えた方が良いよ。まともな給料が払われるようになれば、士気も上がるんじゃ無いかな。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. お得意の開発すれば良いじゃありませんか?
    また木霊様が記事にしてくれるしさぁ(笑)
    できますって、電子レンジも羅針盤も活字製版も全て自分達の発明で、孔子は朝鮮人で、
    空手も剣道も儒教も発明した優秀な民族ですから!
    難燃製戦闘服などチョロい!!
    行け半島のエリート民族(笑)

    海ゆかば水く屍!
    山ゆかば草むす屍!
    死屍累々に君らは進む!
    ゆけ半島の元皇国の民。
    君らに必要なインフラは我らの父祖が与えた。
    技術は盗ませてあげた。
    宇宙でも何処でも行って視界から消えてくれ!

    返信削除
    返信
    1. このブログでは起源ネタはアホらしくて扱っていませんが、まあ、山ほどありますよね。
      あ、サクラのネタだけはやった気がする。

      ともあれ、優秀な民族ですからきっと色々やってくれると思います。
      手ぐすね引いて待っていますよ、このブログでは。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。