平昌五輪で作る「干し鱈」

おやおや。

平昌五輪:杞憂ではなかった寒さ「下手すれば観客は干しダラに」

記事入力 : 2018/02/05 10:04
平昌冬季五輪開会式まであと4日となった。開会式には文在寅(ムン・ジェイン)大統領と外国の首脳級ををはじめとする国内外の有力人物、トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長など国際スポーツ界関係者が出席する。最も深い印象を残すべき開会式が寒さやセキュリティ問題で台無しになってはならない。開会式を見に来る一般の人々に対しても組織委員会は万全の対策をしなければならない。
随分寒いようだねぇ。

난민촌이 아닙니다!

名物は「キムチ」じゃなくて「干しダラ」になりそうだな。
普段なら何も言わず我慢することの多い観客たちから強い不満・抗議が飛び出し、一部が開会式の途中で帰るなどして空席が出たのも、結局は寒さのせいだった。
で、各自で防寒対策をしろと。
 リハーサルを見たボランティアは「ある程度の寒さに耐えられる私たち(ボランティア)の服装に加え、防寒靴の中に靴下を重ねばきしても、凍傷になるのではと心配になるほどだ。組織委員会から支給された防寒セット頼みではなく、各自が防寒対策をしっかり立てなければならない」と語った。
これを韓国の報道で伝えたところで、参加者全員に伝わるわけでもなし。
それに、携帯電話もヤバイらしいな。
厳しい寒さの中では携帯電話のバッテリーが放電しやすいため、補助バッテリーを持ち歩くのも必須だ。まかり間違えば、都市部から遠く離れた場所で家族と連絡できなくなる恐れがある。専門家は「補助バッテリーにもカイロを付けて温度を保たなければ正常に作動しない」と言う。
……そう言えば、韓国のスマホは爆発する仕様だったけれど、こうした場所に使う為の進化だったのかも知れないな。
暖まるよー。

冗談はさておき、リハーサル当日は約2万人の観客が訪れ、氷点下15度の極寒の世界で実施されたらしい。

しかし、今さらこんな事言っているが、他にも問題が出ていたようで。

[単独]平昌五輪集団「食中毒」発症。組織委「前の選手団防疫措置IOCと協議」(総合)

入力2018.02.04。21:48 修正2018.02.04。22:00
2018平昌冬季オリンピックを進める民間セキュリティ会社の従業員宿舎と村などで大規模な食中毒が疑われる患者が発生して関係当局に赤信号が灯った。
平昌五輪組織委員会とセキュリティ用役業者A社によると、4日現在江原道の大規模な宿泊施設に滞在24人腹痛や嘔吐などの症状を訴えて病院に運ばれた。
江原道保健環境研究院は、検査の結果、一部の従業員がノロウイルスに感染したと推定されるという意見を出した。

平昌五輪ノロウイルスが発症した宿泊施設 組織委員会から不適合だと判定された宿だった 更に280人が追加で強制宿泊予定

2018-02-05 12:05
2018平昌冬季オリンピック民間セキュリティ会社の従業員36人の集団ノロウイルス感染の判定が出てきた中で感染が発生したその宿は、当初平昌組織委員会宿泊施設選定審査で脱落した施設で明らかになった。しかし、組織委員会は、その宿泊施設に対して「正常な組織収容が難しい」は、内部決定をしても、セキュリティ会社に該当宿泊施設を再紹介してくれたことが確認され、全体的な管理不良の批判を避けることは難しく思われる。
なんと、ノロウイルスを出す宿泊施設がでちゃった。そして、そこが不合格判定がでた宿泊施設だったのだそうで。

確か、この会場にはトイレが10個しかないと報道されていたが、流石に増やしたらしい。調べてみると簡易のも含めて85個になったとか何とか。でも、会場のトイレって水が凍って出ないんでは??ちゃんと暖めているのかな……。「お湯がでた」と記事にはあるので、対策されているような気はするけれど。

そして、3万5000席のうち2万席くらいが埋まる前提で考えると、ちょっと怖い計算が。
開会式に4時間かかるとして(20時開始、22時終了だが、2万人を収容するのに前後1時間必要と見込んでいる)、2万人がトイレを1回だけ使ったと計算した場合に、一人あたり使える時間は1分程度(240/(20000/85))。
ノロ患者がいれば、完全にこの計算は破綻する。

ちなみに、チェックゲートが凍って機械が使えなくなり、現金で対応したとか何とか。

事故が起こらないと良いな。もはや、祈るしか無いけれど。


追記 (2018/2/6)

更に悪いニュースである。

平昌警備員ノロ騒動で1200人業務外れる、軍が代替人員投入

記事入力 : 2018/02/05 21:48

平昌冬季五輪の警備員の間でノロウイルスに感染したとみられる患者が相次いで発生し、保健当局が調査に乗り出した。

~~略~~

 組織委は警備員1200人を当分の間、現場業務から外し、代わりに韓国軍から約900人を投入すると発表した。また、感染拡大防止のため宿舎や輸送バスなど大会施設を消毒すると共に、疾病管理本部の監督下で大会運営スタッフ全員に手の消毒剤を配布する予定だ。

韓国軍も災難だな。

陸軍からの派遣だろうから、防寒具がしっかりしていれば良いのだけれど、多分、そういう部隊は派遣されないだろう。被害拡大待ったなしだな。

 組織委と食品医薬品安全処は、五輪の運営スタッフらが利用する宿舎の点検を強化するとともに、感染拡大防止のために、患者が発生した宿舎の給食を停止した。また、地下水や食材のノロウイルス検査も実施し、汚染が確認されれば地下水は閉鎖し、食材は流通をストップさせる予定だ。併せて五輪運営スタッフの宿舎のうち地下水を使用している18か所については、地下水の殺菌消毒装置が正常に作動しているか確認する。

しかし、飲料水が汚染されているとなると、阿鼻叫喚の地獄絵図になりそうだ。地下水がダメって話はよく分からないが、口蹄疫の時に牛や豚を適当に埋め立てていた話はあったから、この地域でそういったことがあったとすれば悲惨だな。

あと、ダム作っていたような気がしたけれど、そこが既に汚染されていたとしたら……。

 疾病管理本部の関係者は「夏に発生する細菌性の食中毒と異なり、ノロウイルスによる食中毒は冬に集中する。流水で30秒以上手を洗い、食べ物は十分に加熱してから食べてほしい」と話した。

食事に凍り付いたパンがでるくらいだからな、望み薄だろう。

追記2 (2018/2/6)

不安しかねーな。

平昌開会式リハで観客2万人の保安検査大混乱、本番大丈夫?

記事入力 : 2018/02/04 22:55

 3日夜、江原道の平昌オリンピックプラザで平昌冬季五輪開会式のリハーサルが行われた。世界が注目する2月9日の開会式を前に、運営の細部を点検するためだ。ところが、リハーサル開始(午後8時)の1時間前になっても入場の列は600-700メートルほど続いていた。ある来場者は「寒い中で1時間以上も並んでいるが、やっと100メートル進んだかどうか」と怒りをぶちまけた。列がきちんと統制されていないため、めちゃくちゃになって入場者同士が言い争いになる場面も見られた。開始30分前の7時半になっても会場に入れた人はわずか数百人しかいなかった。組織委は結局、リハーサル開始30分前にセキュリティーチェックを取りやめ、入場券チェックも省略して観客を入場させた。

別の記事で、機械が凍結して動かなかったというようなニュースがあったが、それも影響しているんだろうね。

 仮に同じことが9日午後8時の実際の開会式で起きたら…? どさくさに紛れて怪しい人物が入場したとしたら、どうなるだろうか。想像するだけでも恐ろしい光景だ。

いいたか無いが、北朝鮮の応援団を招いているんだよね?

化粧品やスナック類は一部が認められているが、タンブラーなど保温容器は中身を空にして持ち込まなければならない。この日は多数の観客が寒さに備えて熱い飲み物をタンブラーに入れて携帯していたが、入り口で制止された。

……これ、アカンフラグじゃないかな?

外国人観光客が多数来ることを考えると、セキュリティチェックは更に混乱するだろう。ついでに言うと、防寒6点セットはリハでは配っていない。しかしこれも混乱のもとになる可能性が高い。


まあ、リハーサルで駄目な部分がわかった事は僥倖だが、これが本番で対策できるか?というと、難しいだろう。更にボランティアを増やして並んでいる人に声かけをすることと、チェック場所を増やす必要があるだろう。

でも、警備が1200人現場から外れ、韓国陸軍が900人投入されてただでさえ目減りしている。混乱は必至だな。

追記3 (2018/2/6)

まさか、3つめの追記を付ける事になるとは。

[ニュース9]信じられない特級ホテル衛生実態... 業界の反応は?

登録2018.02.05 21:52

[アンカー]
はい、この問題を告発した消費者の遠征チームのアンソクホ部長がスタジオに出ました。私も実際に見て信じられなかったどのようにしてこの問題を取材していますか?

~~略~~

[記者]
事実私たちのチームがこれまで取材したホテルは、ソウルと首都圏の低価格、重ホテルを含めて計6〜7程度になるが、今回特級ホテル3社だけ公開しました。残念ながら今回公開していない他のホテルもすべてご覧になったかのように便器を磨いて、そのたわしでカップを磨くシーンを目撃した。取材陣はこれ国内ホテル業界が完全にこのようなことはないか行脚するほどの衝撃を禁じえませんでした。

支那で、「一本のブラシで、トイレとコップを磨く」というニュースが報じられて愕然としたのだが、韓国でも同じニュースが報じられた。


問題はノロだ。

もはや、言及しなくとも分かる話だろう。

追記4 (2018/2/6)

ネタを提供するなぁ。

「水からの悪臭」。オリンピックスタッフ宿泊施設で集団食中毒

入力2018.02.05 21:44

[アンカー]

従業員宿舎で食中毒が回っています。これまで41人がノロウイルス感染の症状を見せて疾病管理本部が急いで疫学調査に入りました。これまで不潔な衛生状態を維持指摘したが、別の他の措置がなかったです。

~~略~~

予想された事態だったという証言も出ました。

「水からの腐ったにおいがする」と何度も報じた何の措置がなかったでしょう。

組織委員会は、この宿泊施設に滞在従業員の業務を中断させ、症状を見せた従業員を隔離措置しました。

既に予兆があったらしいね。

しかし、水から「腐った臭い」といのは、なかなか酷い話。その時点で気がつきそうな気はするのだけれど、「追記1」の記事には「地下水」と特定されている感じだったので、報じられなかっただけで元凶は既に分かっていた可能性が高そうだな。


それにしても地下水か……。

一番ヤバイのは、上下水道の処理が追いついていないという可能性なんだけど、地下水に下水が流れ込んでいたとしたら、それなりの影響は出るよね。

そして、被害は1500人とか書かれていたことを考えると、かなり大きな宿泊施設で問題を起こした可能性が高そうだ。

ただでさえ少ない宿泊施設がこれでは……。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. サムスンはバッテリーコントローラーのバグでリチウムイオン電池だけでなく、中国製でも例の無いリチウムポリマー電池も発火させてました。
    宗主国様を超えるとは!、スゲー!!!。

    返信削除
    返信
    1. あっ、匿名様。
      鋭い提案です。
      凍えたら簡単に、頼まないでも発火するスマホがあるんですね!
      これは安心だ(笑)

      削除
    2. あれは、スマホ型爆弾ですから。

      削除
  2. このいだの大雪の日、私は年甲斐もなく登山してたんです。
    したらGPSとスマホが不良作動して慌てました。懐に入れてたから大丈夫と思ったのですが。
    標高1300㍍でこれすよ!
    だいたい2000㍍越えて森林限界線を超えると、-15~-20℃に
    関東北部でなります。
    ハンターとしての経験則からも言える。それより会場はさむくて吹きさらし!
    ヤバいすよ!
    私の後輩はシナの長城見物で登山装備を持っていきました。
    その時に無防備なシナ人に凍死した人が出ました。
    だいたいですよ、何あの防寒セットは!
    あのねえ、いくら半島が日本より乾いているといえ、冬山や厳寒の地で、透湿性の無い安物の防寒具や雨具を使うと、体から発する湿気で濡れるのです!
    それで風が吹けば、あっと言う間に疲労凍死します!!
    日本なんか夏山の方が凍死者が多いのは、そのせいです。
    ゴアテックスの雨具は3万円はするけど、ダメでもアシックスで15000円くらいでそこそこ良いのは有ります。防風にも使えるから。それとヒートテックみたいな下着には金かけて、それと足元やインナーにはウールを使うことです。冬山でハンターしてアイガー北壁に登頂した俺が言うのだから信じて!
    まぁ木霊様の愛読者で平壌五輪にノコノコ行くような人はいないと思うけれども。

    返信削除
    返信
    1. 僕もスキーに行ったら山頂付近でスマホが真っ暗、なんて体験をしたことがありますが、寒いと機械が動かないなんてことは経験的に分かりますよね。

      ゴアテックスはなかなか高いですが、高いだけの事はありますよね。

      削除
  3. ノロ感染が拡大しているようですね。あと、ノロは加熱してもだめなのが問題、と聞いた気がしますが...。加熱で対応できるんでしょうか?
    それに、30秒以上流水で手洗いしても、流水が汚染されていたらどうなるのやら。
    ホテルの話で思い出したこと。併合時代に「朝鮮人に布巾と雑巾は違うと教えろ」と言われていたと聞いた時は、さすがに100年前の話だろ、と思いましたが、現在進行形の話だったとはすごいです。

    返信削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。